加治屋蓮の結婚した嫁と子供の存在!ハーフや母親について!球種も調査!

 

そんな加治屋蓮投手は、高校2年生の時に最愛の母親を亡くしていて、母親が38歳の時で、死因は心筋梗塞だったそうです。

母親が亡くなった時は高校野球の予選大会中で、母親を亡くして加治屋蓮投手の心が折れそうな時、父親に背中を押され、亡くなった翌日も試合のマウンドに立ったというエピソードがありました。

 

この高校時代の貴重な、そして壮絶な経験を経て、『強靭なメンタル』をもつことができたのでしょう。

 

母親への恩返しのためにも加治屋蓮投手には大活躍をしてもらい、天国にいる母親まで届いてほしいですね。

加治屋蓮投手の球種が知りたい!

2018年のシーズンで不動のセットアッパーとして、ホークスを2年連続の日本一に大きく貢献した加治屋蓮投手ですが、加治屋蓮投手の球種は何なのか?調査してみましょう!

 

まずは、ほとんどの投手の生命線とも言える『ストレート』ですが、加治屋蓮投手は最速152キロの『ストレート』を投げ込みます。

このスピードはプロでも中々打てないと思いますね。

 

続いての球種は、加治屋蓮投手の得意球『フォークボール』です。

 

『フォークボール』とは、『ストレート』のスピードより少し遅めですが、打者の手元でストーンと落ちる球です。

なので『フォークボール』は、別名『消える魔球』とも言われるくらい打つことが難しい球種ですね。

 

ただし、『フォークボール』という球種は誰でも投げられる球ではないので、もちろん努力と鍛錬が必要不可欠ではあります。

加治屋蓮投手の『ストレート』と『フォークボール』は、一流の打者でも打つことが難しく、まさに加治屋蓮投手の努力と鍛錬が結果となった球種だと言えるでしょうね!

 

 

その他にも、『カットボール(打者の手元で小さく横に変化する球種)』、『スライダー(打者の手元で横に変化する球種)』、『カーブ(大きくゆっくりと曲がる球種)』、『チェンジアップ(ゆったり落ちるスローボール)』が加治屋蓮投手の投げる球種です。

 

これから、まだまだ進化していく加治屋蓮投手の球種にも注目していきましょう!

最後に

現在(2019年)の加治屋蓮投手は、残念ながら調子を崩して、セットアッパーのポジションではありません。

 

しかし、加治屋蓮投手なら必ず復活して、また1軍のマウンドに帰ってきてくれるでしょう!

不動のセットアッパーとして。

 

 

なので、これからも加治屋蓮投手を全力で応援していきたいと思います!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪