ミランダ(元ソフトバンクホークス)が亡命!球種・球速やグローブは?

ミランダ投手の球種の使用割合は、『ストレート』を主体に『スライダー』『フォーク』『チェンジアップ』で打者を仕留めるスタイルですね。

 

2019年のミランダ投手の球種配分ですが、『カーブ』はほとんど投げてないようです。

もしかしたら、コントロールに自信がないのかもしれません。

 

あと『ツーシーム(シュート気味に沈む球種)』も2018年のシーズンでは投げてましたね。

 

 

『沢村賞』を2度受賞したことのある斉藤和巳氏は、ミランダ投手の球種を高く評価しています。

 

ミランダ投手の球種に今後も注目です!

ミランダ投手の球速が気になる!

 

ミランダ投手の球速ですが、メジャーリーグ時代は平均球速が148㎞と大体140㎞中盤くらいの球速でした。

そして、MAX球速は152㎞と150㎞越え!

 

サウスポー(左投手)で150㎞投げられるのは凄く魅力的ですね。

 

 

ホークスに入団後のミランダ投手の球速は、若干落ちたみたいですが、ボールの球威があるので『ストレート』で三振を奪うことができる投手です。

 

球速は速いに越した事はありませんが、やはり球威がないと球速がどんなに速かろうが打たれてしまう事が多いんです。

なので、『ストレート』で三振が奪えるミランダ投手は、ホークスにとって貴重な戦力だといえるでしょう!

 

先発投手の出来次第で、試合の展開が大きく左右されるので、先発投手は大変なポジションですね。

もちろん中継ぎも抑えも同じか、それ以上に大変でしょうけども。

 

とにかく球速よりも球威、そしてコントロールが大事だということです。

ミランダ投手の球速は平均的だとしても、球威が凄いことがわかりましたね。

ミランダ投手のグローブは?

 

ミランダ投手の使用しているグローブは『ウィルソン』というメーカーのグローブですね。

 

グローブの『ウィルソン』メーカーは、マニアックからも評判が良く、ミランダ投手のグローブはかなり年季も入っていますので、物を大事にしていることもわかります。

野球人として素晴らしいですね!

 

おそらくミランダ投手はグローブだけでなく、他の私物も大事に取り扱っているでしょう。

 

 

そんなグローブを大事に取り扱っているミランダ投手が、新しい赤のグローブを新調していました。

赤のグローブカッコイイですね。

 

今後も、ミランダ投手のグローブに注目していきましょう!

最後に

ミランダ投手は、2020年から台湾プロ野球の中信兄弟というチームで奮闘していることがわかりました。

中信兄弟は台湾プロ野球界でもかなり強いチームだそうで、その強いチームで活躍が期待され入団が決定したのでしょう!

 

 

是非ミランダ投手には、勝利を呼びよせる雄叫びをしてもらいたいですし、これからもミランダ投手を全力で応援していきましょう!

今後も、ミランダ投手の情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪