菊池雄星が結婚した嫁と子供の存在!デーブ大久保との関係が悪い!?高校時代と松ヤニ疑惑も調査!

小学3年生の時に『見前タイガース』で一塁手として野球を始め、中学時代は硬式野球チームの『盛岡東シニア』で本格的に投手へ転向した菊池雄星投手。

中学3年春に岩手大会準優勝に輝き、さらに東北選抜の一員に選ばれ、全国大会優勝にも貢献した盛岡市のスーパースターだったんです。

 

タマ
菊池雄星投手の実力と才能は頭抜けて凄かったニャー!

 

中学卒業後、岩手県の強豪校『花巻東高等学校』に進学した菊池雄星投手は、入学してすぐにベンチ入りを果たし、さらに、高校1年生から夏の甲子園での登板も経験することになります。
先を見据えた監督の采配とはいえ、どれだけ当時高校1年生の菊池雄星投手に期待していたか理解できますね。

 

 

高校1年生とは思えないボールを投げていたので、同じ地区の高校はとてつもなくザワついたことでしょうね。

 

 

タマ
体格・体重移動・球質・コントロールどれを取っても超高校級クラスだったニャー!

 

花巻東のエースとして着実に成長を遂げていた菊池雄星投手は、全国制覇を目標にした高校最後の夏の甲子園でのこと、プロ注目左腕として迎えた初戦は、大瀬良大地投手擁する長崎日大高校でした。

 

 

実力が拮抗している高校同士の素晴らしい試合でしたが、この試合をキッカケに、菊池雄星投手は背中・腰回りの痛みを抱えながらその後の激闘に臨むことになります。
高校2年の時に球速をストイックに求めた代償に、腰痛を訴えることも度々あったそうで、投手にとっては非常に致命的な怪我ですね。

 

なんとかその後の激闘を勝ち抜き、準決勝の中京大中京高校との試合を迎えますが、その時の菊池雄星投手の身体は、最早ボロボロで限界だったそうです。
世代ナンバーワン投手』という期待よりも、きっと〝1試合でも長く仲間と野球をしていたい〟という想いで、怪我でボロボロの身体でも奮闘して投げられたのだと思います。

 

それでも、中京大中京高校との準決勝は先発を回避することになったものの、3点ビハインドの4回2死満塁からマウンドに立った菊池雄星投手。

 

 

中京大中京打線に打ち込まれ、わずか11球でマウンドを下りる結果にはなりましたが、万全な状態でなくともエースがマウンドに上がってくれただけでも仲間は凄く力が溢れたことでしょう!
大敗したとはいえ、高校球児だからこそできた感動的な試合でした。

 

試合後のインタビューで菊池雄星投手は「一生野球ができなくなってもいいから、人生最後の試合だと思って投げ切ろうと思った」と、人目もはばからず涙を流しながら言葉を絞り出していましたね。
大半の高校球児は、高校最後の試合が野球人生最後の試合となるわけで、だったら、一生野球ができなくなったとしても〝今この瞬間に全てをかけても悔いはない〟と、持てる力を全て出し切り完全燃焼する高校球児が多いのは理解できますし、高校野球ファンの胸を打つ最も美しい姿だと思います。
高校野球で完全燃焼した方々は、今後の人生で凄く糧になったでしょうし、一生涯の記憶として必ず残ったはずです。

 

しかし、それは将来が期待され、メジャーリーガーになることが夢の菊池雄星投手も同じ想いで野球をしていたことが、あの「一生野球ができなくなってもいいから」という言葉でハッキリとわかりましたね。
今この瞬間を仲間と全力で生きている証だと思います。

 

結果的に、菊池雄星投手は高校卒業後プロ野球界に入り、そして現在メジャーリーガーとして活躍することになったので、あの時花巻東高校の監督が11球でマウンドを下ろした判断は正解だったと言えるでしょう。
今この瞬間を全力で生きる高校球児を、背中を押すのもブレーキをかけてあげるのも、そこはやはり大人が判断してあげなきゃいけない時もあるのだと感じましたね。

 

ということで、菊池雄星投手の高校時代は、日本球界のスカウトだけでなく、メジャーリーグからのスカウトからも注目されるほど超逸材で、岩手県盛岡市からの超絶期待されていたスーパースターだったことがわかりました。

 

 

タマ
そして、自分のことよりも仲間想いな一面も大いにある人格者で、人が嫌がること(トイレ掃除など)も率先してやっていたニャー!それはきっと現在(いま)も変わらず続けていると思うニャン!

 

今後も、菊池雄星投手の出身校・花巻東高校に注目していきましょう!

菊池雄星の松ヤニ疑惑に迫る!

高校卒業後、日本の方全員に認められてから、世界でプレーしたいという強い気持ちで、埼玉西武ライオンズに入団した菊池雄星投手は、入団2年目で開幕1軍入りを果たし、徐々にエースとしての階段を登っていくことに。

2017年の16勝6敗の成績は、ライオンズのエースは菊池雄星投手だと誰もが納得する圧巻の成績でしたね!

 

タマ
このシーズンの菊池雄星投手はベストナイン・ゴールデングラブ賞・月間MVP1回・最優秀バッテリー賞とタイトルを総ナメしていたニャー!

 

 

何回観ても気持ちの良い投げっぷりだと思います。
誰もが納得する成績を残し、ポスティングシステムでシアトル・マリナーズへ移籍。
会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチローさんがいるマリナーズに移籍でき、そして夢だった念願のメジャーリーガーになれて本当に良かったと思います。
周りのスタッフ、ファンの方々の応援、そして、何よりも菊池雄星投手が努力し続け、結果を残してきた功績あってこそでしょう!

 

しかし、メジャー1年目の登板でのこと、菊池雄星投手は禁止されている松ヤニを使用したと疑惑の目が向けられていたんです。
帽子のツバの一部分が茶色く変色していたので、松ヤニ疑惑が浮上したとのこと。
松ヤニとは、松の木から染み出る天然の樹脂のことで、滑り止めの役割をはたします。
野球では滑り止めとしてバットに塗ったり、スプレーで吹き付けるのが一般的で、バッターの利用は認められているそうですが、投手が体やグローブ、ユニフォーム、ボールそのものに松ヤニを塗るのは禁止されているとのこと。(日本球界でもメジャーリーグでも)

 

ですから、投手は滑り止めとして『ロジンバック』という白い袋を、マウンド上に置いて使用しています。
マウンド上でよく見かける光景ですね。

 

実際、菊池雄星投手は松ヤニを使用したかどうかは不明でしたが、ロジンバックにも松ヤニの成分は十分に含まれているので、松ヤニ禁止ルールは正直微妙なんですよね。
あからさまに松ヤニを使用するのはダメだけど、目立たないようにわからないように使用するのは大丈夫的な、いわゆる暗黙の了解みたいなルールが存在しているのだそうです。

 

 

タマ
どの業界、どの環境にも存在する暗黙の了解というシステムは、立場が強い人や権力者などが都合よく利用している印象が強いニャー!そもそも、松ヤニを使用禁止している理由は、ロジンバックよりも松ヤニを使用した方が、滑り止め効果&変化球のキレなどが圧倒的に発揮されるからみたいだニャン!

 

投手にとって滑り止め効果だけでなく、ボールにかかるキレが良くなることで変化球のキレが格段に増し、平等性に欠けるからあからさまの使用は禁止とされているそうですね。
ですから、ほどほどに松ヤニを使用するのは概ねオッケーなのではないかと思います。

 

菊池雄星投手も、松ヤニ使用に関して暗黙の了解ルールは把握していたでしょうし、現在も多少なりとも使用していると考えられますが、ニュースになるまで大事にするのは、一部の人種差別をしてくる輩の仕業だと言われています。
過去に、イチローさん、ダルビッシュ有投手、田中将大投手も経験があり、理不尽な言いがかりで精神的に追い込む汚い手法ですね。

 

 

タマ
理不尽な人種差別してくる可哀想な方々は、大半は自分を正当化するための手段でやっているニャー!様々な理由があるにしろ、人種差別・ネットの誹謗中傷などはとんでもない犯罪だニャン!

 

 

ということで、菊池雄星投手の松ヤニ疑惑の真相は、多少なりとも許容範囲の間で松ヤニを使用しているかもしれませんが、マウンド上にロジンバックの存在も確認できることから、違反になるほど使用はしていないと言い切れると思います。
疑惑にされたのは完全に嫌がらせでしょうね。

 

今後も、滑り止めのロジンバックにも着目して応援したいと思います。

最後に

日本球界とメジャーリーグは、投球間隔や移動距離など全くと言ってもいいほど異なるそうで、当然メジャーリーグでの環境の方が大変とのこと。

マエケンこと前田健太投手は「自分が登板しない日でさえ、チームと一緒に同行しなければいけない」と、過酷な日程でほぼ休みなしの状況に大変だったと話していましたし、それによって疲れが蓄積して結果を残せなかったり、怪我に繋がることが一番心配だと思います。

 

 

タマ
アメリカ大陸は壮大に広いから移動するだけでも本当に大変だニャー!メジャーリーグで活躍する為にはやはり、環境に慣れることができるかが一番の鍵になると思うニャン!

 

それでも、菊池雄星投手ならば家族の支えを糧になんとか乗り越えていくことでしょうし、同じくメジャーリーガーの仲間とも共有していると思います。
ダルビッシュ有投手も、自身のYouTubeチャンネルで菊池雄星投手にエールを送っていましたね。

 

 

このアドバイスと共感は、菊池雄星投手からすると凄く力になるし、ダルビッシュ有投手の優しさと素敵な人間性が垣間見えた動画ですね。
ダルビッシュ有投手の動画は野球界の裏側も知れるし、本当に勉強になることが多いので面白いので是非!

 

 

タマ
日本球界と同様、メジャーリーグでも大活躍して欲しいニャー!そして、一回り大きく成長して日本球界に帰ってきて欲しいニャン!

 

 

今後も、菊池雄星投手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
記事がよければ『いいね』をお願いします♪