森唯斗とザコシショウの関連性が気になる!サファテとの絆が素敵すぎる!結婚した最愛の嫁と子供の存在や私服も調査!

森唯斗投手は1992年1月8日生まれの28歳(2020/12/04時点)で、徳島県海部郡(かいふぐん)海陽町(かいようちょう)出身。

2013年にドラフト2位で福岡ソフトバンクホークスに入団し、背番号『38』です。

 

タマ

この記事では、森唯斗投手とお笑い芸人のザコシショウとの関連性について。そして、サファテ投手との絆が素敵すぎること。さらに、嫁と子供についてや私服のことも書いていきますので、最後まで読んで欲しいニャー!

森唯斗とお笑い芸人のザコシショウとの関連性とは!?

2013年にホークスに入団してから、5年連続50登板以上という驚異の活躍ぶりで、ホークスの勝利に貢献している森唯斗投手。

 

瞬く間に億越えプレーヤーに成長した森唯斗投手ですが、お笑い芸人のハリウッドザコシショウと激似だという噂が・・・。

まずは、二人の画像を見比べてみましょう。

上が森唯斗投手で、下がザコシショウですが激似とまではいかないかなーと私は思いますが、皆さんはどうでしょうか?

 

森唯斗投手とザコシショウの顔の系統は似てるのかなと思いますが、あとヒゲが濃ゆそうなとこも。

それから、森唯斗投手の身長・176㎝、体重・94㎏に対してザコシショウの身長・170㎝、体重・78㎏とこちらも激似とまではいきませんでしたね。

 

個人の感想になってしまいますが、森唯斗投手とザコシショウは激似ではなく、似てる感じのレベルかなと思います。

 

ちなみに、ザコシショウの本名は中澤滋紀(しげき)だそうです。

当然のこと初めて知りました。

 

 

ザコシショウのネタ、めちゃくちゃ大好きなんですよねー!

今後も、注目していきたいですね。

森唯斗とサファテの絆が素敵すぎる!

2018年のシーズンは、怪我で戦列を離れたサファテ投手に代わって、森唯斗投手が新守護神として9回のマウンドに上がり、試合を締め続けました。

 

昨年怪我で戦列を離れたサファテ投手は、2014年からホークスの守護神を務め、ホークスで挙げたセーブ数は180にも昇ります。

 

 

まさにサファテ投手は、12球団最強の守護神と言っても過言ではないですね。

絶対的な守護神サファテ投手の不在に、ホークスの投手陣もファンも不安になったのを覚えています。

 

チームが圧倒的な不安の中、新たに守護神として抜擢されたのが森唯斗投手でした。

のちに森唯斗投手は、インタビューで「やりがいはありますけど、すごいタフな場所」とコメントしています。

 

〝すごいタフな場所〟というだけあって、オールスターまでの34試合で、0勝3敗17セーブという成績に表れているのがわかります。

終盤に任されることが多く、百戦錬磨の森唯斗投手でさえ守護神の役割はプレッシャーが重くのしかかったということでしょう。

 

それでもサファテ投手のいない重圧の中、森唯斗投手は指揮官とファンの期待に応えていきました。

 

 

9回のマウンドに上がると、鬼気迫る佇まいとダイナミックな投球で打者を抑えていき、森唯斗投手はなんと37セーブを記録して見事初のセーブ王に輝きました。

 

そして、セーブ王に輝いた森唯斗投手を一番喜んだのがサファテ投手でした。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪