早川隆久の彼女&結婚情報が気になる!木更津総合と早稲田時代がヤバすぎた!グローブは何?

高校時代での実績と実力がエゲツないので、当然といえば当然だったのでしょう!

 

 

ストレートのキレと軌道が美しすぎますね!

 

大学3年春からはエースとなり、秋の日米大学野球選手権大会で投げては最優秀投手賞を受賞するほどになりました。

大学4年では主将としてチームを牽引し、2020年8月10日の明治大学戦では、自己最速の155km/hを記録するなど、プロからの注目を一気に高めましたね!

 

 

大学4年生秋の東京六大学野球リーグ戦では、46イニングを投げて74奪三振、6勝0敗、防御率0.69という好成績を収めてベストナインを獲得し、リーグ優勝に大きく貢献しました。

 

このことから、高校時代から投手として活躍しており、周りの投手と比較してもズバ抜けていた投手だったことがわかりますね。

 

 

タマ
防御率0点台は流石に凄すぎて言葉が出ないニャン…(汗)高校卒業後にプロ入りせず、大学で課題を克服してから満を持してプロ入りした方が結果的に良かったニャー!

 

 

そんな早川隆久投手も、幾度となく挫折を繰り返し、その度に心が折れそうになるもののグッと踏みとどまり、誰よりも努力を積み重ねてきたからこそ現在(いま)があるのでしょう!
歩みを止めることはないであろう、この先の早川隆久投手がどこまで高みに行くのか非常に楽しみですね。

 

ということで、高校・大学時代の早川隆久投手の実績と実力が規格外にヤバすぎたことが理解できました。

早川隆久投手は自分をめちゃくちゃ律することができる、努力の天才だと言えるでしょうね!

早川隆久の愛用グローブ(グラブ)を調査!

実は、早川隆久投手はもの凄くグローブにこだわりがあると話題なんです。

こだわりの一つとして、大学時代から白色のグローブを愛着しているのです。

 

 

タマ
白色のグローブは非常にカッコいいけど、定期的に手入れしないとすぐに汚れが目立ってしまうニャー!道具を大事に扱えない人間が白色のグローブを選んだら、とても大変なことになってしまうニャン!

 

白色グローブを愛用する理由は、大学入学してからリーグ優勝の経験がなかったので、チームを白星に導きたいという意味から白のグローブにしたとのことです。

4年生になるとチームは無敗で優勝できたので、プロに入ってもこのグローブ(白色のグローブ)を使い続けるとのことで、現在(いま)もなお使い続けています。

 

ちなみに、グローブメーカーは「ミズノスポーツ」を愛用しています。

めちゃくちゃお洒落なグローブだと思います。

白色のグローブ、この先愛用する野球人が増えそうですね!

 

 

 

タマ
試合前日のルーティンで、毎回道具の手入れ(グローブやスパイクなど)行っている早川隆久投手だからこそ、白色のグローブが輝いて見えるニャー!道具を大事にすることが何よりも大切だニャン!

 

今後も、早川隆久投手の白色のグローブに注目してみましょう!

最後に

2021年3月28日の日本ハムファイターズ戦で、6回無失点の好投でプロ初勝利を記録した早川隆久投手。

まだまだこの先も勝ち星を伸ばしていくでしょう!

 

 

タマ
最速155km/hのストレートを武器に、カーブやカットボール、盾スライダーにチェンジアップなど多彩な球種に加え、精密機械のような抜群のコントロールで打者を捩じ伏せて欲しいニャン!そして、チームのリーグ優勝・日本一に大きく貢献できるように奮闘してもらいたいニャン!期待大だニャー!

 

 

今後も、早川隆久投手の動向と活躍に注目して、情報が入り次第追記したいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
記事がよければ『いいね』をお願いします♪