加治屋蓮の結婚した嫁と子供の存在!ハーフや母親について!球種も調査!

加治屋蓮投手は1991年11月25日生まれの28歳(2020/10/23時点)で、宮崎県串間市出身。

2013年にドラフト1位で福岡ソフトバンクホークスに入団し、背番号は『14』です。

 

この記事では、加治屋蓮投手の結婚した嫁や子供の存在。そして、加治屋蓮投手のハーフや母親について。さらに、加治屋蓮投手の球種についても調査しましたので、最後までお付き合いください。

加治屋蓮投手の結婚した嫁と子供の存在が気になる!

2018年のシーズンは、セットアッパー(8回を投げる投手の事)を務めていた岩嵜翔投手の怪我での離脱により、加治屋蓮投手がセットアッパーに抜擢されました。

 

加治屋蓮投手は、2017年に岩嵜翔投手が記録した、レギュラーシーズン最多登板の球団記録に並ぶ72試合に登板し、4勝3敗31ホールド(35HP)、防御率3.38の成績を残し、不動のセットアッパーに定着することに。

 

 

そんな2018年に大活躍した加治屋蓮投手は、2016年の11月30日に福岡市在住の一般女性と結婚していたそうです。

 

結婚相手の女性は一般の方なので画像はありませんが、女優の土屋太鳳さんに似ているとか。

僕だったら、寄り道とか一切せずに一刻も早く帰宅してるでしょうね。

 

 

いやー超絶羨ましい!

 

結婚した時はお互い25歳の時で、結婚まで約1年のお付き合いを経てのゴールインだそうで、早い結婚の決断だったと加治屋蓮投手はコメントしています。

 

二人の子供は2017年の5月に誕生しているそうで、加治屋蓮投手は『父親』になったことで、翌年に不動のセットアッパーとして大活躍したのかもしれません。

 

家族の為に、これからも頑張ってもらいたいですね。

加治屋蓮投手のハーフや母親について!

加治屋蓮投手は高校時代に、アメリカの元大統領だった『オバマ』がニックネームだったことが話題になったそうです。

確かに加治屋蓮投手は、日本人らしからぬハーフ顔ですね。

 

ということで、加治屋蓮投手はハーフなのか調査してみました。

 

調査してみたところ、加治屋蓮投手の父親や母親、そのほかの家族にもまったくそのような血筋はないようです。

 

 

でも確かに少し色黒で、堀が深い顔立ちなのでハーフと誤解されても不思議ではありません。

世間では加治屋蓮投手はハーフのイメージが強いみたいですが、加治屋蓮投手はハーフではなく、生粋の日本人だということがわかりました。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪