太田光(野球)と爆笑問題の関係!彼女&結婚情報は?中学・高校・大学時代も調査!

太田光選手は1996年10月14日生まれの27歳(2024/04/20時点)で、岡山県倉敷市出身。

広陵高校から大阪商業大学を経て、2018年にドラフト2位で東北楽天ゴールデンイーグルスに入団し、背番号は「2」です。

 

タマ
この記事では、太田光選手と爆笑問題の関係について。そして、彼女&結婚情報のこと。さらに、中学・高校・大学時代についても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

太田光と爆笑問題の関係に迫る!

東北楽天ゴールデンイーグルスの守備の要で、現在は正捕手の太田光選手。

太田光選手の強肩っぷりは圧倒的ですね!

 

 

 

タマ
光ファイバー」と呼ばれる強肩だけあって、ランナーが俊足だろうと関係なく盗塁阻止するニャー!捕ってから投げるまでの速さも以上だニャン!

 

イッヌ
また、ランナーをタッチしやすいとこに投げるコントロールも素晴らしいワン!「甲斐キャノン」こと甲斐拓也選手に負けない存在感だワン!

 

そんな太田光選手ですが、お笑い界の大御所コンビ・爆笑問題の太田光さんと同姓同名ということで話題になっていましたね。
太田光選手を検索すると必ず爆笑問題の太田光さんが出てきますから、それだけ名前のパワーが凄まじいということです。
日本人の半数以上は爆笑問題を知っているでしょうからね。

 

 

タマ
爆笑問題の漫才はとても面白いニャー!どんな時事ネタも面白おかしく漫才するのが爆笑問題だニャン!

 

イッヌ
相方の田中裕二さんとの相性抜群で、もはや名人芸だワン!田中将大選手と太田光選手がバッテリー組んだら「爆笑問題バッテリーて言われるやつや」なんて田中将大選手が言ってたワン!

 

【楽天】田中将大が太田光とバッテリー「爆笑問題バッテリーって言われるやつや」
前日からチームの練習に合流した田中将大は、背番号「18」のユニフォーム姿をお披露目。今年初のブルペンでは太田光と組むことがわかると「これ、爆笑問題バッテリーって言われるやつや」と笑わせる場面も。ブルペンでは捕手の太田を座らせ、変化球も交えて52球を投じた。
引用元:The Sporting News

 

笑わせることで場を和ませた田中将大選手は流石ですね!
超大物投手との初手合わせで、緊張していたであろう太田光選手にとっては非常に嬉しい出来事だったのではないでしょうか。

 

爆問・太田、楽天・太田光捕手と初対面「迷惑じゃなかったですか?」
プロ野球、楽天の太田光(ひかる)捕手(23)が22日、TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」(日曜後1・0)に出演。読みは違うが同じ名前のお笑いコンビ、爆笑問題の太田光(ひかり・54)と初めて顔を合わせた。
引用元:サンスポ

 

 

タマ
太田光選手は一度、TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」に出演し、爆笑問題の太田光さんと共演を果たしたニャー!その時、同姓同名に関して太田光選手は「(同姓同名で)逆にありがたいし、知名度が凄いから話のネタにしてました」と爆笑問題の太田光さんに感謝していたニャン!

 

イッヌ
和気あいあいとした雰囲気の現場だワン!同姓同名だからこその出会いとはいえ、そこはやっぱり太田光選手の人間力の高さも大いに関係していたと思うワン!

 

爆笑問題の太田光さんとは、同姓同名によって生まれた絆が確認できましたね!
今後も、太田光選手と爆笑問題の二人に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

太田光の彼女&結婚情報が気になる!

爆笑問題の太田光さんと同姓同名で、相方・田中裕二さんとも親交がある太田光選手ですが、笑顔が素敵なイケメンということもあり、彼女や結婚情報が気になるファンも少なくないでしょうね。

チーム最高の女房役・太田光選手の彼女&結婚情報に迫ってみましょう!

 

 

 

タマ
爆笑問題の太田光さんは、結婚25周年の時に初挙式を挙げていたニャー!そして、プロ野球の太田光選手というと、現時点では結婚どころか彼女に関する情報すらなかったニャン!

 

イッヌ
もしかしたら情報が出ていないだけで、彼女はいるかもしれないワン!彼女や結婚に関する情報が出た時は、暖かく祝福したいワン!

 

ちなみに好きな女性のタイプは、女優の長澤まさみさんだそうです。
多くの男性がタイプだと思います。
当然私も、直球ど真ん中ストライクです!

 

ということで、今後も太田光選手の彼女&結婚に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

太田光の中学・高校・大学時代も調査!

小学校2年時に西浦少年野球に加入して、小学5年生で捕手(キャッチャー)を始めた太田光選手。

中学生では硬式野球チームの「倉敷ドリームボーイズ」に所属し、中学時代で既に硬式球に触れ慣れていたんですね!

 

 

タマ

父は教員、母も教員経験があり、父も母も太田光選手にスポーツに加え勉強もしっかり教育していたそうだニャー!いわゆる文武両道ということだニャン!

 

イッヌ
小・中学時代から野球と勉学に励んでいた太田光選手は素晴らしいワン!文武両道は簡単には両立できないからこそ恐れ入るワン!

 

中学卒業後、広島県の甲子園常連校・広陵高校に進学した太田光選手は、高校2年の秋から「4番キャッチャー」に定着し、高校3年には夏の甲子園にも出場しました。
甲子園の結果は初戦負けとなりましたが、広陵高校の正捕手で、しかも4番を2年の秋から任されるって相当期待されていたのでしょう。
それにしても、中村奨成選手(現・広島カープ)も広陵高校の正捕手でしたから、広陵高校は捕手の育成が凄いですよね!

 

高校卒業後、大阪商業大学に進学した太田光選手は、大学1年春から正捕手としてレギュラーを獲得。
つまり、大学入学とともに正捕手ということですね!
初めは打率が伸び悩み、打撃は結果がイマイチでしたが、投手陣を盛り立てる捕手としての存在感が圧倒的で、関西六大学野球リーグ優勝に貢献して最優秀選手賞を獲得しました。

 

 

 

タマ
その後も1年秋、3年春秋、4年春と4度ベストナインを受賞し、8季中6回リーグ優勝に貢献したニャー!セカンドスローイングを見ただけでも、大学時代から別格感が漂っていたニャン!

 

 

 

イッヌ
捕手としてだけでなく打撃面も凄く、大学4年の春は打率.522を記録して首位打者となったワン!当時は「関西No. 1捕手」の呼び声が高かったワン!

 

太田光選手の中学・高校・大学時代と調査してみましたが、やはりプロ野球選手になる逸材は、学生時代から規格外の選手だったと改めてわかりましたね!
今後もスカウトマンの目利きに期待し、一野球ファンの私もアマチュア選手に注目していきたいと思います。

最後に

 

 

タマ
東北楽天ゴールデンイーグルスの正捕手として、この先も盗塁阻止をバンバンして欲しいニャー!そして、チームのリーグ優勝・日本一にバッコシ貢献して欲しいニャン!

 

イッヌ
球界No. 1捕手を目指してこれからも大奮闘して欲しいワン!捕手がしっかりしているチームは自ずと毎年優勝争いに食い込んでくるから、太田光選手には大いに期待したいワン!

 

今後も、太田光選手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
『いいね』をお願いします♪
テキストのコピーはできません。