大竹耕太郎の彼女は?家族や球種について紹介!涙の真相に迫る!

大竹耕太郎投手は1995年6月29日生まれの25歳(2020/09/24時点)で、熊本県熊本市南区出身。

2017年に育成ドラフト4位で福岡ソフトバンクホークスに入団し、背番号は『10』です。

 

この記事では、大竹耕太郎投手に彼女はいるのか?そして、大竹耕太郎投手の家族や球種について。さらに、大竹耕太郎投手が流した涙の真相にも迫っていきますので、最後までお付き合いください。

大竹耕太郎の彼女は?

2018年のシーズン途中から彗星の如く活躍し、ホークスの貴重なサウスポー(左投手)として今シーズン(2019年)も活躍している大竹耕太郎投手。

 

そんな大竹耕太郎投手に彼女の情報は現状ではありません。

やっとで1軍で活躍できるようになったところなので、彼女どころではないのかもしれませんね。

 

 

もしかすると早稲田大学時代の彼女がいるかもしれませんが、彼女かどうか断定できないので、大竹耕太郎投手の彼女については情報が入り次第、また記事を書いていきたいと思います。

大竹耕太郎の家族について!

大竹耕太郎投手の家族は父、母、姉、祖母の5人家族のようですね。(もしかしたら祖母だけ別に暮らしているのかもしれませんが)

 

大竹耕太郎投手の父は、熊本の小学校の校長先生でもうすぐ定年とのこと。

2018年の優勝旅行で大竹耕太郎投手は、父をハワイに連れてキャッチボールをするなど、最高の親孝行をしたそうです。

 

大竹耕太郎投手が早稲田大学時代、家族が試合を観戦に来た際に、なんと人生初ホームランを打ったそうで、その時の父(左側)と母(右側)の記念写真です。

息子が人生初ホームランを打ったボールとウイニングボールを、母が笑顔で持ってるのが素敵ですね。

 

大竹耕太郎投手の姉は、昨年(2018年)に結婚されていて、その時の大竹耕太郎投手の喜びと感謝のツイートが家族愛を感じます。

 

 

姉からたくさん学び、たくさん助けられたことに非常に感謝しているのが伝わります。

 

大竹耕太郎投手の家族は、絵に描いたような家族愛に溢れた素晴らしい家族だと感じました。

まさに理想の家族ですね。

 

今後も、大竹耕太郎投手の父・母・姉に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

大竹耕太郎の球種が気になる!

2018年の8月1日にメットライフドームで行われた西武戦で先発し、プロ初勝利をあげた大竹耕太郎投手。

 

大竹耕太郎投手の投球センスの良さと、多彩な球種を両コーナーへ安定した投げ分けが出来るコントロール。

さらに球の出どころ見づらい投球フォームで、強力西武打線を沈黙させました。

 

まるで和田毅投手のような存在でしたね。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪