チェン・ウェイン(陳偉殷)が結婚した美人と噂の嫁と子供の存在!外国人枠と日本人枠どっち?現在までの経歴を紹介!

チェン・ウェイン投手は1985年7月21日生まれの35歳(2021/06/20時点)で、中華民国(台湾)出身。

国立体育大学(中華民国)から2003年に中日ドラゴンズに入団し、オリオールズ、マーリンズ、マリナーズ、千葉ロッテマリーンズを経て、2021年に阪神タイガースに入団し、背番号は「14」です。

 

タマ
この記事では、チェン・ウェイン投手が結婚した美人と噂の嫁と子供の存在について。そして、外国人枠と日本人枠のどちらか知りたいこと。さらに、現在までの経歴についても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

チェン・ウェインが結婚した嫁と子供の存在が気になる!

日本球界でも3球団に渡って活躍し、伸びのあるストレートが特徴のチェン・ウェイン投手。

右肩が最後まで開かず、球の出所が見えにくい腕の振りから繰り出されるボールは、一流打者といえど簡単には打てないでしょう!

 

 

タマ
精密機械のような制球力に出所が見えにくい投球フォーム、そして何よりストレートの球威とキレが半端なく素晴らしいニャー!一流打者でも振り遅れるほど、球がキテるということだニャン!

 

そんなチェン・ウェイン投手ですが、結婚した嫁が美人との噂が立っていました。

チェン・ウェイン投手が整った顔立ちでカッコいいので、結婚した嫁も美人となると美男美女夫婦で話題になるでしょうね。

調べたところ、チェン・ウェイン投手は中日時代の2009年12月頃に結婚を発表し、2011年1月12日に地元・台湾で結婚式を挙げていました。

とても美人な女性だとわかりますね!

 

お相手の女性は、ツァイ・イー・ウェンさんといい、チェン・ウェイン投手の2歳年上だそうです。

2人は、2003年11月に知り合い、それ以来日本と台湾の遠距離恋愛を続けて、2009年3月からは嫁のツァイ・イー・ウェンさんが来日し、名古屋市内で同居したとのこと。

約6年間の交際を経て結婚し、今もなお結婚生活を続けているので、チェン・ウェイン投手にとって間違いなく最高のパートナーと言えるでしょう!

それにしても、嫁のツァイ・イー・ウェンさんは顔が非常に小さく、小顔美人ですね。

 

また、嫁との子供の存在ですが、調べてみたところ、男の子が一人いるようです。

二人目の子供については情報がありませんでしたので、おそらく子供は一人だけだと思います。

 

家族の為にもより一層野球に集中してもらい、一家の大黒柱としてチェン・ウェイン投手にはまだまだ頑張ってもらいたいですね!

今後も、チェン・ウェイン投手の嫁と子供に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

チェン・ウェインは外国人枠と日本人枠のどっち?

台湾出身ではありますが、長らく日本でも活躍しているチェン・ウェイン投手。

2004年〜2011年まで日本球界、2012年〜2019年までメジャーリーグ、2020年から現在(いま)が日本球界といった感じですね。

 

タマ
野球の最高峰メジャーリーグに8シーズンも居続けたというのがそもそも凄いニャー!並の選手だったらまず不可能だニャン!

 

そんなチェン・ウェイン投手ですが、ファンの方からは「外国人枠なの?それとも日本人枠なの?」と疑問に思う方も意外にいるのではないでしょうか。

外国人枠か日本人枠かで、球団からの待遇や起用方法が変わってきますからね。

調べてみたところ、外国人枠としてプレーされているようです。

 

NPBの規定では、以下の5つに該当することがでいれば、外国人でも日本人扱いとなるようです。

この機会に紹介していきたいと思います。

 

  1. 選手契約締結以前に、日本の中学校・高校・専門学校などに3年以上在学していた者
  2. 選手契約締結以前に、日本の大学に継続して4年以上在学した者
  3. 選手契約締結以前に、日本で5年以上住居した上で、社会人野球チームで3年以上在籍した者
  4. 選手契約締結後、日本プロ野球でフリーエージェント(FA)の資格を得た者
  5. 1及び2の項目で必要年数に達しなかった選手で、プロ野球のドラフト会議で指名を経て選手契約を締結しそれらの学校における在学期間と日本のプロ野球の移籍年数の合計が5年以上経過した者

 

この5つの条件のどれか一つに当てはまれば、日本人枠の資格が手に入るというわけです。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪