涌井秀章の嫁・押切もえと子供の存在は?松坂大輔2世と呼ばれた高校時代!現在までの実績と移籍動向に迫る!

涌井秀章投手は1986年6月21日生まれの38歳(2024/06/24時点)で、千葉県松戸市出身。

横浜高校から、2004年にドラフト1位で埼玉西武ライオンズに入団し、2014年から千葉ロッテマリーンズに移籍したのち、金銭トレードで2020年から東北楽天ゴールデンイーグルスに所属し、背番号は「16」です。

 

タマ
この記事では、涌井秀章投手の嫁・押切もえさんと子供の存在について。そして、松坂2世と言われていた高校時代のこと。さらに、これまでの実績と移籍動向についても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

涌井秀章の嫁・押切もえと子供の存在が気になる!

埼玉西武ライオンズ時代から、チームのエースとして数々の実績を残してきた涌井秀章投手。

北京オリンピックやWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)にも選出されたほどの投手です。

 

 

タマ
西武時代の涌井秀章投手を改めて見返すと、現在(いま)とさほど変わりがないから凄いニャー!若い時代も現在(いま)の涌井秀章投手もクールでカッコいいニャン!

 

そんな涌井秀章投手ですが、2016年11月にタレントの押切もえさんとの結婚が報道されて話題になりました。

最強の美男美女カップルならぬ夫婦ですね!

押切もえさんのような超絶美人と結婚できるのですから、プロ野球選手には夢があります。(押切もえさんと結婚できたのは、涌井秀章投手が単純にカッコいいというのも理由ですが)

 

気になる2人の出会いについて、嫁の押切もえさんの所属事務所は「出会いは2013年冬。共通の知人の紹介で知り合い、同じ千葉県出身ということもあって意気投合した」とコメントされています。

意気投合することは、恋愛スタート時において非常に大事なファクターですね!

恋が始まるキッカケです。

 

プロポーズは涌井秀章投手からしたとのことで、2016年9月1日に交際開始からちょうど1年のメモリアルデーに都内の創作和食店で、嫁の押切もえさんに便箋3枚に綴った手紙を手渡したそうです。

大人力というか、圧倒的な人間力を感じちゃいますね!

 

そして「どんな時でもあなたの幸せを思い、第一に考えます。結婚してください」と婚約指輪を手渡しながらプロポーズ。

押切もえさんは迷うことなく「はい」と即答したとのこと。

 

 

タマ
完全にプロポーズが成功する流れだニャー!その演出をした涌井秀章投手、野球だけでなく女性をもしっかりと熟知しているから恐るべしだニャン!

 

涌井秀章投手は、結婚発表時に「彼女と出会えたことにより、新しい涌井秀章という人間に生まれ変われたと思っています。この先の人生において、私には彼女の力が必要で、一緒に歩んでいきたい大事な存在です」と球団を通じてコメントしていました。

嫁の押切もえさんを心の底から愛していることがめちゃくちゃ伝わってきますね!

これまで涌井秀章投手といえば、週刊誌に女性問題のことを数多く記事にされてきましたが、押切もえさんとの結婚を機に浮気や不倫などの噂もなく、現在(いま)でも順調な結婚生活を送っているそうです。

 

 

タマ
嫁の押切もえさんは、涌井秀章投手にとって超絶魅力的な女性だと思うニャー!まさに運命の女性だニャン!

 

また、嫁の押切もえさんとの子供は、2018年3月7日に長男が誕生していました。

 

嫁の押切もえさんのインスタでは時折、家族で遊園地に行った写真などが投稿され、家族円満に楽しく過ごしている様子が伺えます。

美男美女から誕生した子供ですから、将来はとんでもないイケメンに成長するのではないでしょうか!

 

ちなみに、涌井秀章投手は趣味でゲームをしたり、ゲーム配信のYouTubeを観たりするそうで、子供ともいずれはゲームで遊んだりするのかもしれません。

円満な家庭を築いてって欲しいですね!

 

 

タマ
私が最近ハマっているゲーム配信者・ドンタコスさんだニャー!チャンネル登録者は全然いないけど、ワチャワチャ楽しんでゲームしている様子が凄く面白いから是非オススメだニャン!

 

将来的に涌井秀章投手の子供が野球するのか不明ですが、これからも注目していきましょう!

今後も、涌井秀章投手の嫁・押切もえさんと子供に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

松坂大輔2世と呼ばれた涌井秀章の高校時代が知りたい!

プロ野球の世界でも数々の実績を残している大投手・涌井秀章投手ですが、実は、横浜高等学校在学中から規格外の投手という評価を受けていました。

その評価の高さは高校入学時から「松坂大輔2世」と呼ばれていたことに表れています。

 

 

タマ
松坂大輔投手も横浜高校出身で、言わずと知れた甲子園春夏連覇を成し遂げたスーパースターだニャー!高校卒業後にドラフト1位で西武ライオンズに入団したので、出身校と入団先まで偉大なる先輩と涌井秀章投手は一緒ということだニャン!

 

 

「平成の怪物」といわれた高校の大先輩に、涌井秀章投手は松坂大輔2世となぞられていたわけなので、普通ならプレッシャーで押しつぶされてもおかしくない状況ですが、実際本人はどう感じていたのでしょうね。

 

高校時代は、一学年先輩の元千葉ロッテマリーンズの成瀬善久さんと併用され、リリーフで登板する機会もありました。

一時は、成瀬善久さんと共にダブルエースとしてチームを牽引していたわけですね。

 

 

2019年シーズンはオリックスバファローズで活躍していましたが、現在は栃木ゴールデンブレーブスで選手兼コーチを務めている成瀬善久さん。

 

 

タマ
成瀬善久さんは、NPB13年で96勝(78敗)を素晴らしい投手だニャー!涌井秀章投手とも幾度となく投手戦を繰り広げたニャン!

 

そんな頼もしい先輩・成瀬善久さんがいたのですが、高校2年春の第75回選抜高等学校野球大会で、リリーフで起用されることが多かった涌井秀章投手に、決勝戦での先発という大役を任されることになりました。

しかし、決勝戦の対戦相手・広陵高校に打ち込まれて大敗してしまったんです。

その悔しさをバネに、もう一度基礎から見直した猛練習の末、高校3年夏の第86回全国高等学校野球選手権大会では、主に先発で起用され、準々決勝まで進出する躍進に繋がったわけです。

これ以上ないほどの敗北を経験したおかげで、涌井秀章投手は「松坂大輔2世」の名に恥じない、更なる高みへ成長を遂げたんですね!

 

高校最後の第59回国民体育大会決勝戦では、完投勝利を収めて見事優勝もしていますし、超名門・横浜高校時代からエースとして投げていると考えると、もしかしたら松坂大輔投手をも凌ぐ野球の実力があったかもしれません。

偉大なる大先輩・松坂大輔投手のプロでの成績にも、涌井秀章投手がどこまで迫れるか、この先も注目していきたいですね!

涌井秀章の現在までの実績と移籍動向に迫る!

涌井秀章投手は、2004年に埼玉西武ライオンズに入団し、2年目の2006年から5年連続2桁勝利を記録しました。

本当に規格外の偉業だと思います。

 

 

タマ
5年連続2桁勝利の間にはかなり試行錯誤をしていたそうで、速球中心から打たせて取る頭脳的投球に改めたりしたそうだニャン!おかげで2006年12勝から始まり、17勝・10勝・16勝、そして2010年は14勝を挙げたニャー!

 

 

2011年シーズンは肘痛による怪我が影響で、納得できる成績を残せませんでしたが、ライオンズ時代は最後までエースの自覚を強く持って駆け抜けたのではないでしょうか!

ライオンズファンは現在(いま)でもきっと、涌井秀章投手のエースとしてのマウンド姿と活躍は鮮明に覚えているでしょうね。

 

2013年12月に千葉ロッテマリーンズへのFA移籍を決断し、ライオンズで培った実力と技術をロッテの勝利の為に全力で貢献してきた涌井秀章投手。

マウンドでの立ち振る舞いは、チームが変わってもクールでカッコいいままでしたね!

 

 

2015年に15勝(9敗)、2016年に10勝(7敗)という好成績を残した涌井秀章投手は、2019年シーズンまでの契約延長を勝ち取ることに!

2017年のシーズンオフに、メジャー球団移籍のために海外FA権を行使しましたが、残念ながら獲得球団はなく、2019年シーズン一杯までロッテのために尽力を尽くしましたね。

 

そして、金銭トレードで東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍し、再び活躍しています。

この移籍には石井一久さんの力が大きく、当時の楽天が投手力不足だったのと、涌井秀章投手の実績と実力なら楽天で十二分に活躍できるといった思いで入団に至ったそうです。

必要とされたことに涌井秀章投手は嬉しさとやりがいを大いに感じたのではないでしょうか!

 

 

石井一久さんの思惑通り、涌井秀章投手の東北楽天ゴールデンイーグルスでの飛躍ぶりは凄く、メジャーリーグから戻ってきた絶対的最強レジェンド・田中将大投手に2021年の開幕投手を譲らないほどの信頼を勝ち取っています。

 

 

タマ
涌井秀章投手は開幕投手戦績、4戦4勝を挙げているニャー!埼玉西武ライオンズ・千葉ロッテマリーンズ・東北楽天ゴールデンイーグルスの3球団で開幕勝利に輝いているニャン!

 

やはり、石井一久さんの功績も大きいですし、涌井秀章投手がこの先どこまで勝利数を積み上げるのか注目していきたいですね!

ということで、涌井秀章選手の過去の実績と移籍動向を振り返ってみましたが、改めて本当にストイックで凄い投手だと思います。

最後に

世界の舞台でも活躍し、数々の実績を残してきた涌井秀章投手。

2020年のシーズンは、開幕から8連勝という記録を残し、自身3度目の最多勝(11勝)を獲得しました。

 

 

 

タマ
打たせてとる投球術&三振が取れる投球術を駆使して、圧倒的な活躍を期待したいニャン!そして、これまでの実績と実力でチームのリーグ優勝・日本一に貢献できるようばっこし奮闘して欲しいニャー!

 

今後も、涌井秀章投手の活躍と動向に注目していき、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
『いいね』をお願いします♪
テキストのコピーはできません。