ソフトバンクホークス選手応援ブログ「Hawks Soul(ホークスソウル)

松坂大輔の嫁と子供との関係!伝説の高校時代!去就やグローブも!

松坂大輔投手は1980年生まれの39歳で、東京都江東区出身。

1998年にドラフト1位で西武ライオンズに入団し、現在は中日ドラゴンズに所属。

年俸は8000万円+出来高です。

 

この記事では、松坂大輔投手の嫁と子供の関係。

そして、伝説の高校時代や今後の去就、さらに愛用グローブについても書いていきますので、最後までお付き合い下さい。

松坂大輔の嫁と子供の関係が気になる!

松坂大輔投手の嫁は、日本テレビの元アナウンサーだった柴田倫世(しばたともよ)さんです。

嫁の柴田倫世さんは、現在もですが、当時も美人アナウンサーとして絶大な人気を誇っていたことをハッキリと記憶しています。

 

嫁の柴田倫世さんとの馴れ初めは、スポーツ番組で知り合ったことがキッカケで交際に発展。

約4年間の交際を経て夫婦関係となり、嫁の柴田倫世さんが6歳年上ですので〝姉さん女房〟ですね。

松坂大輔投手が、プロ野球選手になった直後くらいに嫁の柴田倫世さんと交際し、寄り道を一切せずに結婚したわけですから、お互い一途な想いで惹かれあっていたのでしょう。

いやー、そんな恋愛に憧れちゃいますね!

 

しかし、ネット上では二人の〝不仲説〟や〝離婚説〟などが話題になっているみたいです。

 

が、松坂大輔投手と嫁の柴田倫世さんは、現在も至って仲良し夫婦なので、ネットで出回っているマイナスな情報はデマだと断言できるでしょう。

おそらく、嫁の柴田倫世さんは、現在ボストンで子供3人と暮らしているみたいで、松坂大輔投手が単身一人で日本球界で頑張っているから〝不仲説〟や〝離婚説〟が出回ったのでしょうね。

嫁との関係はおそらく良好だとは思いますが、松坂大輔投手と子供達との関係も気になりますね。

 

松坂大輔投手には、長女・長男・次女の3人の子供がいて、嫁の柴田倫世さんがかなりの教育ママだとか。

なので、子供達の教育費は惜しむことなく使い、子供達もボストンで暮らしているということは、基本的に英語が日常でのコミュニケーションとなるわけです。

将来はアメリカの一流大学に進学するのではないでしょうか。

 

逆に日本語が苦手な子供達は、日本語しか話せない松坂大輔投手と日常会話が難しいみたいですね。

当然と言えば当然のことですが、やはり自分の可愛い子供達とは沢山お話ししたいものです。

 

ということで、松坂大輔投手と家族との関係は非常に良好だとは思いますが、子供達とのコミュニケーションが現段階では難しいということがわかりましたね。

松坂大輔投手にはいずれ英語を猛勉強して、英語での日常会話を身に付けてもらいましょう!

松坂大輔投手の伝説すぎる高校時代!

高校時代から現在まで〝平成の怪物〟と称されてきた松坂大輔投手ですが、その呼び名の通り、高校野球や甲子園の歴史に残る伝説を打ち立てたことは多くのファンが知っていることでしょう!

松坂大輔投手の活躍がキッカケで、高校野球が好きになったり、甲子園に興味を持ったファンも少なくないと思いますね。

 

松坂大輔投手は『横浜高等学校(横浜高校)』出身で、高校野球ファンなら当然知っている甲子園常連校ですね。

横浜高校から多くのプロ野球選手が排出されていますから、甲子園やプロを目指す〝志が高い選手〟が多くいると思います。

 

そんな名門・横浜高校時代の松坂大輔投手は、〝サボりのマツ〟と言われるほど練習嫌いだったそうです。

凄い人は沢山の異名があるんですね。

しかし、2年生の夏の神奈川県大会の準決勝で、自身の暴投によるサヨナラ負けがキッカケで奮起し猛練習し、3年生の時には150キロ超えの『ストレート』と切れ味鋭い『スライダー』を武器に〝超高校級〟の投手に成長することに!

〝サボりのマツ〟の異名がなければ、更なる伸び代があったのではないかと考えましたが、サヨナラ負けの悔しさをバネにしたから、高校時代の松坂大輔投手は大きな成長ができたのだと思います。

 

そして、ここから松坂大輔投手の伝説が始まります。

代表的な伝説の一つが〝横浜高校対PL学園の延長17回の死闘〟です。

 

 

永遠に試合が続くのではないかと思うくらいの大熱戦でしたね。

PL学園のエース上重聡(現・日本テレビアナウンサー)さんも凄いですが、この試合で松坂大輔投手が投げた球数が250球ですから、現在の高校球界だと大問題になるレベルですよ!

 

もう一つ、松坂大輔投手の高校時代で絶対的な伝説が、春夏連覇がかかった夏の甲子園での決勝戦で〝ノーヒット・ノーラン〟で締めくくり、見事に横浜高校が春夏連覇を達成したことですね。

 

 

まるで、漫画の主人公のような伝説的な活躍があったから、松坂大輔投手を〝平成の怪物〟だったり、同じ世代で凄い選手達を〝松坂世代〟と総称した言葉が生まれたのでしょう!

これだけの伝説を残せば、平成から令和の時代になっても、松坂大輔投手が〝平成の怪物〟と言われ続け、未だに注目されても当然だと思いました。

 

今後、松坂大輔投手のような高校球児が誕生してくれることを楽しみに、これからの高校球界も注目していきたいと思います。

松坂大輔の今後の去就が気になる!

私も含め、多くのプロ野球ファンにとって松坂大輔投手は、プロ野球界を大いに盛り上げてくれ、勇気や感動も与えてくれた〝愛されるべきレジェンド投手〟です。

 

西武ライオンズボストン・レッドソックスニューヨーク・メッツ福岡ソフトバンクホークス中日ドラゴンズと渡り歩き、ここまで大きな功績を挙げてきた松坂大輔投手。

西武ライオンズの高卒ルーキー時代、ヒーローインタビューで松坂大輔投手が「自信から確信に変わりました」という言葉にかっこ良すぎて、その言葉をパクって使っていた時期もありましたね。(お恥ずかしい)

 

そんな松坂大輔投手が現在、今後の去就が話題になっているんです。

ここ最近、〝松坂世代〟と言われてきた実績ある選手の相次ぐ引退に、松坂大輔投手もそろそろ引退するのではないかと噂になっていることから、〝平成の怪物〟の今後の去就に注目が集まっているんですね。

 

現段階でわかる限り、松坂大輔投手の今後の去就を調査してみたところ、3つの可能性があるのではないかと考えました。

1つ目の去就の可能性が、引き続き『中日ドラゴンズ』と契約するのでは?といった可能性です。

 

残念ながら、松坂大輔投手の現在は2軍で調整中で右肘のトラブルも抱えている状態

今後のチーム方針を考えれば、若手選手の活躍とチームの若返りを目論んでいるでしょうから、松坂大輔投手の必要性は低い気がしますが、やはり中年層を中心にファンの人気は抜群ですし、集客能力も高い松坂大輔投手のネームバリューが魅力とも考えているでしょう。

 

松坂大輔投手は、今後も今のチームでプレーをしていくことを望んでいるみたいですが、どういった決断をするのか球団側の選択に注目ですね。

2つ目の去就の可能性が、古巣『西武ライオンズ』に復帰する可能性です。

 

この去就の可能性については、多くのファンからの願いだったりしますね。

最後は西武のユニフォームを着て現役を引退してほしい〟といったファンが多数いて、私もその一人だったりします。

 

3つ目の去就の可能性は、台湾球界に挑戦する可能性です。

 

現在、松坂大輔投手に台湾プロ野球リーグ(CPBL)の味全ドラゴンズの呉徳威GMが「彼が来ることを願っている」と、ラブコールを送っていると報じたとか。

台湾球界に進出する可能性も大いにありそうですが、現段階での松坂大輔投手側からの返答はないそうなので、この件も気になる去就の一つですね!

 

と、松坂大輔投手の今後の去就について書かせてもらいましたが、なんと2つ目の可能性で取り上げた古巣・埼玉西武ライオンズに入団することが決まりました!

14年ぶりの古巣復帰で、背番号は『16』で決定的だそうです。

 

今後、松坂大輔投手の活躍が楽しみですね!

松坂大輔の愛用グローブが気になる!

現在、日米通算170勝を挙げている松坂大輔投手ですが、愛用グローブが気になっているファンも少なくないと思います。

様々なグローブメーカーを愛用しているでしょうけども、今回は中でも厳選して調査したいと思います。

 

 

松坂大輔投手が愛用している、グローブメーカーの一つが『RYU』というメーカーで、大企業ではなく個人で作っているグローブメーカーだそうです。

めっちゃ欲しいし、手に入れても飾っときたいグローブですね!

 

『RYU』のグローブメーカーは、肌に優しくフィット感が抜群に良いみたいで、松坂大輔投手が愛用していることでさらに人気のグローブメーカーに成長したそうなんです。

松坂大輔投手は、経済効果にも貢献しているのですね。

 

このグローブメーカーは、岐阜県にある『ますかスポーツ』のみで取り扱っているみたいなので、予約しても半年以上はグローブが届かないそうで、欲しい方は早めに予約をお勧めします。

そのほかにも『ナイキ』、『ミズノスポーツ』、『アンダーアーマー』など色んなグローブメーカーを愛用している松坂大輔投手。

 

【送料無料】アンダーアーマー 硬式 グラブ UA グローブ 硬式グラブ 硬式グローブ 右投げ 投手用 1313792
created by Rinker

 

ということで、松坂大輔投手は様々なグローブメーカーを愛用していることがわかりました。

今後、松坂大輔投手のグローブに関する情報が入りましたら、追記していきたいと思います。

最後に

松坂大輔投手の去就で騒がれていましたが、今後は古巣の埼玉西武ライオンズに入団することが明らかになりました!

なので、松坂大輔投手ファンの気持ちは〝もう一度1軍のマウンドで躍動している松坂大輔が観たい〟といった想いが叶うと思います。

 

 

無双状態の松坂大輔投手、本当にカッコいいし憧れましたし、またライオンズのユニフォームに袖を通して見られるのであれば感無量です!

 

これからも、現役選手として奮起していく松坂大輔投手を全力で応援していきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事

最新情報をチェックしよう!