バンデンハークの嫁と子供は?出身やジョンソンとの関係も紹介!

バンデンハーク投手は1985年5月22日生まれの35歳(2020/09/24時点)で、オランダ出身。

2014年に福岡ソフトバンクホークスに入団し、背番号は『44』です。

 

この記事では、バンデンハーク投手の嫁と子供と出身についてや、広島東洋カープのジョンソン投手との関係についても書いていきますので最後までお付き合いください。

バンデンハーク投手の愛する嫁と子供は?

2015年から福岡ソフトバンクホークスに入団したバンデンハーク投手ですが、ホークスでは通算39勝を挙げており、先発の一角として大活躍をしています。

 

 

そんなバンデンハーク投手を支えているのが、嫁のアナ夫人です。

超絶美しい嫁で羨ましい限りです。

 

嫁のアナ夫人の年齢は29歳で、バンデンハーク投手の5歳年下ですね。

バンデンハーク投手も嫁のアナ夫人も美男美女で凄く仲の良い夫婦みたいなので、日本球界ナンバーワンのおしどり夫婦と言ってもいいのではないでしょうか!

 

バンデンハーク投手と嫁のアナ夫人の子供についてですが、情報がないので、子供はまだいないようですね。

 

もし二人の子供が産まれたなら、男の子ならイケメン、女の子なら超絶可愛いこと間違いないでしょう!

いつか二人の子供を授かって、幸せな家庭を築いていってほしいですね。

 

なので、愛する嫁の為にもバンデンハーク投手には頑張って勝ち星を積み上げて、チームの勝利に貢献してもらいましょう!

バンデンハーク投手の出身は?

2017年に開催された、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の悔しい思いを覚えてる方も少なくはないのではないでしょうか。

 

この時の日本は、2次ラウンドまで負けなしの6連勝で準決勝まで勝ち進みましたが、準決勝でアメリカに2-1で惜しくも敗れました。

その時の日本代表のメンバーは、最強といっても過言ではないほどのメンバーでしたし、応援していただけに凄く残念だった気持ちを覚えています。

 

なので次回のWBCでは、前回の悔しさをバネに必ず日本は優勝してくれるはずでしょう!

 

そして、バンデンハーク投手も国を背負った戦いであるWBCに出場していました。

バンデンハーク投手の出身はオランダで、同じオランダ出身の選手で言えば、東京ヤクルトのバレンティン選手もオランダ出身です。

 

 

WBCでは日本と2次ラウンドで激突し、エースのバンデンハーク投手に主砲のバレンティン選手など強敵のオランダ相手に、日本が8-6で接戦を制しました。

バンデンハーク投手も国を背負って戦っていただけに、悔しい気持ちは凄くあったと思います。

 

次回のWBCでも、間違いなく日本の脅威となる対戦相手になるでしょう。

 

ということで、バンデンハーク投手はオランダ出身だとわかりました。

身体が元気なうちに人生で1回はオランダに行きたいなー。

バンデンハーク投手とジョンソン投手の関係は?

記事がよければ『いいね』をお願いします♪