吉住晴斗の現在と評価が気になる!彼女&結婚情報が知りたい!愛用グローブも調査!

吉住晴斗投手は2000年3月12日生まれの20歳(2020/09/24時点)で、山形県鶴岡市出身。

2017年にドラフト1位で福岡ソフトバンクホークスに入団し、背番号は『26』です。

 

この記事では、吉住晴斗投手の現在と評価について。そして、彼女&結婚情報や愛用グローブのことも書いていきますので、最後までお付き合いください。

吉住晴斗の現在は3軍!?

吉住晴斗投手は、2017年に山形県の高校生で初のドラフト1位指名を受け、歴史に名を刻んだと言っても過言ではない期待の投手なんです。

そんな吉住晴斗投手の現在は、どう成長し活躍しているのか気になりますね。

 

吉住晴斗投手はプロで戦っていく為に、まずプロ入り直後は3軍で力を蓄えていました。

高校卒業後にすぐプロ入りなので、高校とプロではレベルが全く別次元でしょうし、身体もできていませんからね。

 

高卒ルーキーで即1軍で活躍してきた選手達は、まさに〝怪物ルーキー〟と呼ばれるに相応しいのでしょう。

代表的な選手でいえば、現・ニューヨークヤンキースで活躍している田中将大投手。

田中将大投手は高校卒業後、東北楽天イーグルスに入団し、高卒ルーキーで11勝7敗の成績を1年目に記録した、まさに〝怪物ルーキー〟でしたね。

吉住晴斗投手も、田中将大投手のように飛躍してほしい!

 

現在の吉住晴斗投手は、3軍ではなく2軍で活躍しています。

2軍の〝フレッシュオールスターゲーム〟にも選ばれており、各球団の若手有望選手がひしめく中で、吉住晴斗投手は堂々の投球をしたそうです。

 

 

現在の吉住晴斗投手は2軍に昇格していて、徐々に1軍で戦えるレベルまで上がっているのでしょう。

今後の吉住晴斗投手に期待したいですね。

吉住晴斗の評価が気になる!

現在、2軍で活躍している吉住晴斗投手ですが、2軍監督や首脳陣の評価が気になります。

 

『ストレート』の最速は151㎞と力のあるボールも投げ、打者のタイミングを外す『チェンジアップ』で技巧派の投手としての顔も持っている吉住晴斗投手。

ドラフト1位で指名されただけのポテンシャルは、もちろんの如く十分に持ち合わせているでしょう!

 

ホークスの小川2軍監督は「身体的な能力は高橋純平よりも高い」と吉住晴斗投手を評価していて、現在の投球状態が続けば、1軍での活躍も期待できるとホークス首脳陣は考えているのかもしれません。

 

同期の田浦文丸投手が一足先に1軍マウンドに立ち、結果を残していることに吉住晴斗投手は「自分も早くあの舞台に立ちたい」と同期の活躍により、目標をさらに強く持つことができたと話しています。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪