イチローの嫁・福島弓子と子供がいない理由は?現在の仕事と年収&住まいの調査も!

イチロー(本名:鈴木一朗)さんは1973年10月22日生まれの48歳(2021/10/27時点)で、愛知県西春日井郡豊山町出身。

 

愛工大名電高校からドラフト4位でオリックスバファローズに入団し、2001年には日本人野手初のMLB(メジャーリーグベースボール)のシアトル・マリナーズへ移籍したのち、2019年に現役を引退。(日米通算4367安打を記録

現在は、シアトル・マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めています。

 

タマ
この記事では、イチローさんが結婚した嫁・福島弓子さん&子供がいない理由について。そして、現在の仕事と収入のこと、さらに、住まいについても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

イチローの嫁・福島弓子の素性と馴れ始めが気になる!

イチローさんは、日米通算4367本の安打を放ち、野球界のレジェンドとして長年野球界を盛り上げてきました。

 

 

 

タマ
日本球界でもメジャーリーグでも圧倒的な実績を残したイチローさんの名言集の中に、「自身のバッティングの形をしっかり掴んでいないままアメリカに行くと大変なことになる」と話していたニャー!

 

イッヌ
確固たる自分のバッティングの形があったからこそ、イチローさんは前人未到の記録を打ち立ててきたんだワン!

 

そんなイチローさんですが、実はすでに結婚しており、結婚相手の女性は、元アナウンサーの福島弓子さんです。

1999年の12月ごろに結婚しましたが、当時26歳のイチローさんは野球に集中するには福島弓子さんの献身的なサポートが必要と考え、結婚に踏み切ったとのことですね。

それだけ、当時からイチローさんの嫁・福島弓子さんへの信頼は絶大だったとわかります。

 

さて、福島弓子さんはどんな人か気になる方も多いかと思います。

福島弓子さんは、とても姉さん女房だと言われているとか。

というのも、結婚当初、「私にできるのは、彼が野球だけに集中できる環境を作ること」と言っていて、実際シアトルに渡る前から家探しや買い物まで、弓子さんが得意の英語を生かして生活の準備を進めたくらい面倒見が良いというか、最高のサポート環境を整えていたみたいです。

また、それだけではなく、試合が終わるとイチローさんの足裏のマッサージや下着にアイロンをかけてきれいに折り畳み、遠征先で身につける順番に沿って荷造りしていたこともあったそうですね!

 

 

タマ
イチローさんにとっては最高で最強のパートナーだニャー!嫁・福島弓子さんの存在があるからこそ、野球に集中できたんだと思うニャン!

 

イッヌ
ルーティーンが多い印象のイチローさんが絶大な信頼を置く理由がわかるワン!

 

このことから、とても面倒見が良い正確だということがわかりますし、イチローさんを全面的にサポートしていたこともわかります。

それでいて福島弓子さんは何でも“はいはい”と聞くのではなく、イチローさんが感情的になっていたら“それはダメ”と客観的にビシッと言い、姉さん女房ぶりを発揮していたみたいですよ。

とても素敵な奥さんですよね!

 

イチローさんが現役で長くい続けられたのも福島弓子さんのサポートがあったことも大きな要因でしょう。

今後もこの二人の関係性に注目が集まりそうですし、嫁・福島弓子さんに関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

イチローに子供と呼べる存在はいるのか!?

イチローさんは1999年に福島弓子さんと結婚しているので、結婚生活は約20年以上に渡ります。

ですが、イチローさんにはなぜか子供がいないのです。

 

20年以上結婚生活を送っているのであれば、二人いてもおかしくありませんし、むしろ子供がいたら成人しているくらいの年頃ですよね。

イチローさんにはなぜ子供がいないのか、気になる方も多いと思いますので、調べてみました。

 

結論から言うと、福島弓子さんが不妊症だったからだそうです。

不妊症とは、簡単に言うと子供が作れなくなってしまう症状のことです。

 

 

タマ
日本人には不妊症で悩んでいる人が約2割弱いるみたいだニャー!

 

イッヌ
決して珍しい病気ではないと言うことがわかるワン!

不妊症とわかった時はイチローさんはどのような思いだったのでしょうか。

以前、結婚した際のインタビューでは「子供は欲しいですね」とコメントしていました。

また、福島弓子さんの不妊症が話題になった際には「子供とキャッチボールがしたいですね」と話していたので、きっと子供が欲しかったと思います。

 

ですが、こればかりはしょうがないですし、きっと子供ができなくても一緒にいたいと思えるような関係だからこそ、こうして長い間一緒に時間を過ごしてられているかと思います。

これからも良い夫婦関係でいて欲しいですね。

 

記事がよければ『いいね』をお願いします♪