古澤勝吾の彼女や結婚のこと!中学・高校時代!現在は育成で奮闘中!

古澤勝吾選手は1996年9月5日生まれの24歳(2020/10/23時点)で、滋賀県長浜市出身。

2014年にドラフト3位で福岡ソフトバンクホークスに入団し、背番号は『124』です。

 

この記事では、古澤勝吾選手の彼女や結婚のこと。そして、中学・高校時代と育成で奮闘中の現在についても書いていきますので、最後までお付き合い下さい。

古澤勝吾の彼女や結婚が気になる!

爽やかでイケメンな古澤勝吾選手ですが、彼女がいるのか。

さらには、すでに結婚しているのか。

非常に気になっているファンも少なくはないと思うので、古澤勝吾選手の彼女・結婚に関する情報がないか、徹底調査をしてみることに。

 

しかし、残念がら古澤勝吾選手の彼女・結婚に関する情報は一切出てきませんでした。

それでも若いので結婚はまだでも、実際は彼女がいるかもしれませんね。

 

周りからは〝スーパーポジティブマン〟と言われるほど、古澤勝吾選手はプラス思考だそうです。

ポジティブな人がそばに居てくれると、自分も前向きな気持ちになれる気がしますよね。

 

今後も、古澤勝吾選手の彼女・結婚に関する情報が入り次第、追記していきたいと思います。

父の熱血指導があった古澤勝吾の中学時代!

古澤勝吾選手は、小学2年生の時に『木之本球友クラブ』で野球を始め、投手兼三塁手でした。

古澤勝吾選手の父が、学生時代に野球をしていたそうで、古澤勝吾選手にも野球をさせたいといった強い想いがあり、小学生の頃から父からの厳しい指導も受けていたとか。

 

有名な話ですが、元メジャーリーガー・イチローさんの幼少期も、父とのマンツーマンの指導で野球が上達したそうで、古澤勝吾選手の父は、鈴木親子(イチロー&チチロー)のようなマンツーマン指導を目指したそうです。

父も息子も、相当な精神力と覚悟がなければ厳しいとは思いますが、乗り越えた時の〝親子の絆〟は深まるでしょうね。

 

中学生になった古澤勝吾選手は、自ら硬式野球のチームに入りたいと父に直談判をし、中学時代は『湖北ボーイズ』に所属します。

自ら考えて行動する息子に、父はきっと喜んだに違いないでしょう。

 

チームの練習が終わった後も、父とマンツーマンでの練習をし、時には往復1時間30分かけて、硬式ボールを使用したバッティングセンターにまで足を運んだり、母や妹も練習の手伝いをしたりと、家族総出で古澤勝吾選手を支えていたそうです。

〝息子の中学3年間を仕事より息子との時間を優先する〟と決めていた父は、賛否両論あるでしょうが、私は息子への大きな愛情が感じられて素晴らしい父だと感心しました。

 

全国大会にも出場した古澤勝吾選手の中学時代は、父の指導や家族の支えがあったことがわかりましたね。

〝天才球児〟と言われた古澤勝吾の高校時代!

古澤勝吾選手の出身高校は『九国大附属高校』に進学し、地元・滋賀県から離れることに。

子供はいつかは巣立っていきますが、親の気持ちとしては嬉しい気持ち3割、寂しさ7割といった心情になるのでしょうか。

 

九国大附属高校は福岡県の強豪校で、全国から野球のエリート達が集まる高校です。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪