ソフトバンクホークス選手応援ブログ「Hawks Soul(ホークスソウル)

古澤勝吾の彼女や結婚のこと!中学・高校時代!現在は育成で奮闘中!

古澤勝吾選手は1996年生まれの23歳で、滋賀県長浜市出身。

2014年にドラフト3位で福岡ソフトバンクホークスに入団し、年俸は590万円です。

 

この記事では、古澤勝吾選手の彼女や結婚のこと。

そして、中学・高校時代と育成で奮闘中の現在についても書いていきますので、最後までお付き合い下さい。

古澤勝吾の彼女や結婚が気になる!

爽やかでイケメンな古澤勝吾選手ですが、彼女がいるのか。

さらには、すでに結婚しているのか。

非常に気になっているファンも少なくはないと思うので、古澤勝吾選手の彼女・結婚に関する情報がないか、徹底調査をしてみることに。

 

しかし、残念がら古澤勝吾選手の彼女・結婚に関する情報は一切出てきませんでした。

それでも若いので結婚はまだでも、実際は彼女がいるかもしれませんね。

 

周りからは〝スーパーポジティブマン〟と言われるほど、古澤勝吾選手はプラス思考だそうです。

ポジティブな人がそばに居てくれると、自分も前向きな気持ちになれる気がしますよね。

 

今後も、古澤勝吾選手の彼女・結婚に関する情報が入り次第、追記していきたいと思います。

父の熱血指導があった古澤勝吾の中学時代!

古澤勝吾選手は、小学2年生の時に『木之本球友クラブ』で野球を始め、投手兼三塁手でした。

古澤勝吾選手の父が、学生時代に野球をしていたそうで、古澤勝吾選手にも野球をさせたいといった強い想いがあり、小学生の頃から父からの厳しい指導も受けていたとか。

 

有名な話ですが、元メジャーリーガー・イチローさんの幼少期も、父とのマンツーマンの指導で野球が上達したそうで、古澤勝吾選手の父は、鈴木親子(イチロー&チチロー)のようなマンツーマン指導を目指したそうです。

父も息子も、相当な精神力と覚悟がなければ厳しいとは思いますが、乗り越えた時の〝親子の絆〟は深まるでしょうね。

 

中学生になった古澤勝吾選手は、自ら硬式野球のチームに入りたいと父に直談判をし、中学時代は『湖北ボーイズ』に所属します。

自ら考えて行動する息子に、父はきっと喜んだに違いないでしょう。

 

チームの練習が終わった後も、父とマンツーマンでの練習をし、時には往復1時間30分かけて、硬式ボールを使用したバッティングセンターにまで足を運んだり、母や妹も練習の手伝いをしたりと、家族総出で古澤勝吾選手を支えていたそうです。

〝息子の中学3年間を仕事より息子との時間を優先する〟と決めていた父は、賛否両論あるでしょうが、私は息子への大きな愛情が感じられて素晴らしい父だと感心しました。

 

全国大会にも出場した古澤勝吾選手の中学時代は、父の指導や家族の支えがあったことがわかりましたね。

〝天才球児〟と言われた古澤勝吾の高校時代!

古澤勝吾選手の出身高校は『九国大附属高校』に進学し、地元・滋賀県から離れることに。

子供はいつかは巣立っていきますが、親の気持ちとしては嬉しい気持ち3割、寂しさ7割といった心情になるのでしょうか。

 

九国大附属高校は福岡県の強豪校で、全国から野球のエリート達が集まる高校です。

 

中学2年生だった古澤勝吾選手は、春の選抜を観戦した際に九国大附属高校の試合を観て感動し、この〝高校に行きたい〟と決めたとか。

父に「九国大附属高校に行きたい」と直談判したみたいですが、結果的には、九国大附属高校の監督から「古澤君を是非うちに欲しい」と、監督自ら滋賀県に足を運んだそうですよ。

高校1年生の秋から遊撃手(ショート)のレギュラーに抜擢された古澤勝吾選手は、チームの主軸選手として夏の甲子園にも出場し、高校通算27本塁打を記録するなど〝天才球児〟として、プロのスカウトからも注目されていました。

〝天才球児〟と騒がれたのは、もちろん〝努力の積み重ね〟ありきですけどね。

 

九国大附属高校の監督も「プロで言えば、井口(現ロッテ監督)のような逆方向に本塁打を打てる選手だった。身体つきも似てるし、構えは中学で完成されてたし、高校の3年間でパワーも身につけてる。常に全力で取り組む姿勢もいい」と話していて、強豪校の監督がベタ褒めするほど素晴らしい選手だったことが理解できますね。

 

高校時代の古澤勝吾選手は〝天才球児〟と周囲から言われるほど、期待値が大きい選手だったことがわかりました。

現在は育成で奮闘中の古澤勝吾!

高校時代は〝天才球児〟とまで言われたこともあり、ドラフト会議で全12球団が獲得の意思を示すほど、必要とされていた逸材・古澤勝吾選手。

しかし、現在は育成選手として奮闘中で、一度は戦力外を球団から受けるなど、プロの壁にぶち当たっているのが現状です。

 

伸び悩みの原因は、金属バットから木製バットに変わったことによる、感触の違いが大きな原因となっているそうです。

 

木製バットの方が、金属バットよりもミートする範囲が極端に狭くなりますから、しっかりミートする技術がなければヒット性のあたりにならないのが木製バットの特徴です。

古澤勝吾選手の場合、金属バット使用時の良いイメージが抜けきれず、戸惑い続けているそうなんです。

同じバットでも、素材が違うことで大きな違いがあるわけですから、本当に奥が深いスポーツですね。

 

それでも、中学・高校と人一倍努力をしてきた古澤勝吾選手ですので、もがきながらも何とかプロで戦っていける活路を見出してくれることに期待して待つしかないでしょう。

活路を見出せた時、古澤勝吾選手は1軍で十分な戦力にまで実力が成長しているはずです!

 

今後も、古澤勝吾選手の育成での活躍と奮闘、更に動向にも注目していきますので、新情報が入り次第追記していきたいと思います。

最後に

古澤勝吾選手は、現在バッティングにおいて無駄のないフォームを取り入れ、改善に力を入れてきました。

新フォーム〟での新たな挑戦に、2軍打撃コーチも「過去の成功例を封印し、新たな試みをしていくことで、徐々に古澤の動きも良くなってきた」と評価も上々。

 

 

古澤勝吾選手も手応えを感じているようで、新フォームへの挑戦が良いキッカケになるといいですね。

近い将来、古澤勝吾選手が支配下選手登録を勝ち取り、1軍で活躍することを期待したいと思います。

 

今後も、古澤勝吾選手を全力で応援していきましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事

最新情報をチェックしよう!