中田賢一の嫁と子供を紹介!FAと100勝のこと!もうすぐ引退か!?

中田賢一投手は1982年5月11日生まれの38歳(2020/09/24時点)で、福岡県北九州市八幡西区出身。

 

2004年にドラフト2位で中日ドラゴンズに入団し、2014年に国内FA宣言し、福岡ソフトバンクホークスに移籍。

2020年からは阪神タイガースでプレーすることになり、背番号は『20』です。

 

この記事では、中田賢一投手の嫁と子供を紹介し、FAや通算100勝したことも書いていきます。さらに、中田賢一投手の引退についても書いていきますので、最後までお付き合い下さい。

中田賢一の嫁と子供を紹介!

中田賢一投手は、2014年12月5日に8年交際を続けた、朝日放送所属の角野友紀アナウンサーと入籍をしました。

 

嫁の角野友紀さんとの結婚式は、入籍から1年後に福岡市内で盛大な披露宴をしたそうです。

 

 

 

プロ野球選手とアナウンサーの結婚披露宴なんで、テレビで活躍されてる方や有名な方が沢山いそうですね。

嫁の角野友紀さんも非常に美しいと思います。

 

中田賢一投手と嫁との子供ですが、2017年の9月に第1子となる男の子が誕生しています。

 

 

現在(2019年)も嫁と子供の3人家族で生活していると思います。

嫁と子供の為にも、中田賢一投手には頑張ってもらいましょう!

 

今後も、中田賢一投手の嫁と子供に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

中田賢一のFAについて!

中田賢一投手は2013年のシーズン終了後、中日ドラゴンズから福岡ソフトバンクホークスにFA宣言し移籍してきました。

 

中田賢一投手がFA獲得ということで、中日ドラゴンズ、阪神タイガース、ヤクルトスワローズ、そして福岡ソフトバンクホークスが中田賢一投手獲得へ争奪戦でした。

中田賢一投手が、福岡ソフトバンクホークスに移籍する決め手となったのが『地元愛』だったそうです。

 

 

交渉したホークス球団側から「帰ってきてほしい」という熱い気持ちが、北九州市出身の中田賢一投手のハートを鷲掴みにしたのでしょう!

 

福岡ソフトバンクホークスは、毎年優勝争いをする程強いチームですし、何より環境が素晴らしいということで、中田賢一投手はホークスへFA移籍をしたのですね。

 

それから4年後。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪