大竹寛が結婚した美人な嫁と子供の存在!戸郷に伝授するラーメンの食べ方とは?FAで移籍した際の人的補償が話題!

大竹寛投手は1983年5月21日生まれの41歳(2024/06/24時点)で、埼玉県八潮市出身。

 

浦和学院高校から2001年にドラフト1位で広島東洋カープに入団し、2013年オフに国内FA権で巨人へ移籍し、2021年シーズン限りで現役引退。

現在は、巨人の巡回トレーニング統括補佐に就任。

 

タマ
この記事では、大竹寛投手の結婚した美人な嫁と子供について。そして、ラーメンの食べ方を戸郷に伝授したこと。さらに、FAで移籍した際の人的補償についても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

大竹寛が結婚した美人な嫁と子供の存在が知りたい!

2019年のシーズンから、中継ぎエースとして活躍している大竹寛投手ですが、2012年にNHK静岡放送局のキャスターをしていた光部杏里(みつべあんり)さんと結婚していたことがわかりました。

同級生同士の結婚だということで、大竹寛投手が広島東洋カープ在籍時代に、右肩痛で苦しんでいた時期を、まだ恋人関係だった嫁の光部さんに支えてもらったこともあったそうです。

 

タマ
二人の出会いは嫁の光部さんが大学時代に、横浜スタジアムでボールガール&リリーフカーのバイトをしていた時だそうだニャー!大竹寛投手から積極的にアプローチしたみたいだニャン!

 

きっと、大竹寛投手の一目惚れから始まった恋愛なのでしょう!
嫁の光部さんがとても美人なので、一目惚れするのも仕方ありませんね。
一目惚れを何回か経験したことはありますが、一度たりとも成就したことがないので素直に羨ましい!

 

そんな美人な嫁との子供ですが、2014年に長男、2016年に次男が誕生しており、子供は小さいのでまだまだ頑張らんといかんですね!
もしかしたら3人目を考えているかもしれませんが(女の子がいないので)、嫁さんと子供の為にも奮闘してもらいましょう。

 

ということで今後も、大竹寛投手が結婚した嫁の光部杏里さんと子供に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

大竹寛が戸郷翔征に伝授するラーメンの食べ方とは?

大竹寛投手のラーメン好きは有名だそうで、阿部慎之助2軍監督からも体調管理を理由に『ラーメン禁止令』が出されるほどです。

私もラーメンが超絶大好きなんですが、食べ過ぎるとすぐ太りますからねー。

 

タマ
スポーツ選手にとってラーメンはある意味、食に関しての天敵だニャー!巨人の原辰徳監督からも「スープは全部飲むなよ」と言われているニャン!

 

そんな大のラーメン好きの大竹寛投手は、体重を増やしたいという後輩の戸郷翔征投手に、ラーメンの食べ方を伝授したそうです。

ラーメンで体重増を目指すなら、すぐ達成できそうな気もしますけども。

 

大竹寛投手が伝授するラーメンの食べ方で、3つのポイントを挙げていました。

私も参考にしたいので、この機会に学ばせて頂こうと思います。

 

  • トッピングは多め

理由は、麺は炭水化物ですからそれだけだと偏るので、チャーシューやネギ、卵とかいろんなものをトッピングして、バランスを取る為。

  • スープは全部飲むな

理由は、おいしいから、ついつい飲んじゃうけど、塩分高めなのでほどほどに。

  • いち押しは広東麺

理由は、野菜がいっぱい入っているので自然と野菜もとれますし、とろみがおいしいので最近、広東麺にはまっているから。

と、こんな感じで3つのポイントを挙げていましたが、めちゃくちゃラーメン食べたくなっちゃいましたね!

伝授された戸郷翔征投手は、3つのポイントを守りつつ美味しくラーメンを食し、体重増加を成功させたのではないでしょうか。

 

ということで、大竹寛投手は広東麺にハマっていることがわかりました。

私もこの記事作成が終わり次第、ラーメンを食らいたいと思います!

大竹寛がFA移籍した際に生じた人的補償の件!

大竹寛投手は2013年オフに国内FA権を行使して、読売ジャイアンツ(巨人)に入団しました。

地元・関東で野球したい』という本人の希望もあったそうですし、原辰徳監督も「(巨人への移籍を)よく決断してくれた」と喜んでいたことが印象的でしたね。

 

タマ

あくまで噂話だが、嫁の光部杏里さんが愛知県だったことから、中日ドラゴンズからのオファーがあればそっちに移籍した可能性があったと言われているニャー!真相は不明だニャン!

 

広島東洋カープでの実績を考えたら、巨人にとっては大きな戦力として計算できるので、大竹寛投手の入団は万々歳だったでしょう!

 

現在(いま)も勿論ですが、カープ時代の大竹寛投手も素晴らしかったですからね。

 

そんな大物選手がFA移籍する際に発生するのが、人的補償と言われる制度です。

人的補償を簡単に説明すると、大物選手がFA権を行使して移籍してくる代償として、28人のプロテクトリストから外された選手を指名できる制度ですね。

 

タマ
丸佳浩選手が広島カープから巨人にFA移籍した際に、巨人から28人のプロテクトリストから外された長野久義選手が広島カープに指名された人的補償が有名だニャー!あの時は長野久義選手が外れていることにカープ側も驚いていたニャン!

 

そして、大竹寛投手の人的補償として広島カープに指名されたのが、現在、カープの中継ぎとして活躍している一岡竜司投手です。

 

 

巨人時代は正直パッとしなかった一岡竜司投手でしたが、広島カープに移籍してからの活躍は凄まじく、2016年〜18年の3連覇達成に大きく貢献した投手の一人です。

ここまで活躍する投手と分かっていたなら、28人のプロテクトリストから外すことはなかったでしょうけど、他球団に移籍してから才能が開花した選手は沢山いますから判断するのも大変ですよね。

 

タマ
実は広島カープ側がシーズン中に、当時巨人に在籍していた一岡竜司投手を独自に調査していたみたいだニャン!獲得が決まった球団幹部は「トレードでは取れない選手」と喜んでいたそうだニャー!

 

移籍をキッカケに、本来の実力が発揮できた一岡竜司投手にとっては良い分岐点となったことでしょうし、もしかしたら球団によって環境が違うのかもしれませんね。
今後は、FA移籍した選手だけでなく、人的補償で移籍した選手にも注目していきたいと思います。

 

プロテクトリストの28人から外され、人的補償で移籍した選手たちには、外された球団に『恩返しならぬ倍返しを与える』活躍を期待しましょう!

最後に

 

若い時の大竹寛投手は、最速150km/h超のストレートやスライダーで打者をねじ伏せていましたが、肩の故障から復帰後は打たせてとるピッチングもできるようになったそうです。

シュートとチェンジアップを覚えたことが、投球に幅が出て安定感を発揮するようになったのでしょう!

 

 

今後も、大竹寛投手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

『いいね』をお願いします♪
テキストのコピーはできません。