清水隆行(清水崇行)の現在が気になる!肩が弱かった!?結婚した嫁と子供が知りたい!

清水隆行さんは1973年10月23日生まれの48歳(2021/11/30時点)で、東京都足立区出身。

浦和学院高校から東洋大学を経て、1995年にドラフト3位で読売ジャイアンツ(巨人)に入団し、2009年に金銭トレードで埼玉西武ライオンズに移籍するも、その年に現役引退。

 

タマ
この記事では、清水隆行さんの現在について。そして、肩が弱かったこと。さらに、結婚した嫁と子供についても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

清水隆行の現在が気になる!

常勝ジャイアンツにて、仁志敏久さんとの1・2番コンビだった清水隆行さんですが、とにかくバッティング技術が高く、ヒット量産型の天才打者でした!

特に弾丸ライナー性のヒットやホームランが多く、清水隆行さんだからこそ為し得たバッティングだったと思います。

 

 

 

タマ
なんちゅう凄まじい弾丸ライナーだニャン!ライトスタンドのお客さんが心配になっちゃうニャー!

 

イッヌ
清水隆行さん曰く「松井秀喜さんと高橋由伸さんの天才二人には打撃では勝てない」と話してたけど、十分に清水隆行さんも天才打者ですけどーっと思ったワン!

 

超絶負けず嫌いという清水隆行さんだからこそ、プロ野球界で尚且つ常勝読売ジャイアンツで生き残るために身に付けたバッティング技術なのでしょう!

 

 

現役引退してだいぶ月日が経った現在も、軟式球を弾丸ライナーでかっ飛ばしていましたし、やはり清水隆行さんのバッティング理論は面白くてわかりやすいですね。

ホームランバッターが打ち損じたらヒットですが、清水隆行さんの場合はヒットの延長上にホームランだそうで、イチローさんも同じような感覚で話されていました。

 

清水隆行さんは現在、野球解説者・野球評論家・野球指導者という現役引退後も野球にドップリ使った日々を過ごされています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

エナK(@gogoharuki07)がシェアした投稿

 

現役時代は打撃職人の印象が強くあまり喋らない人だと思っていましたが、現在は丁寧な話し方で笑顔が素敵な男性という感じになり、好感度が爆上がりではないでしょうか!

やはり野球解説者となると、野球の知識は当然あるでしょうけど、わかりやすく伝えて尚且つ好印象が大事でしょうからね。

 

 

タマ
清水隆行さんが打撃コーチだと成長率がグーンと上がりそうだニャー!

 

イッヌ
現在もU15野球日本代表の監督していると思うけど、選手たちのバッティング偏差値がとても高そうだワン!

 

清水隆行さんのようなバッティング技術がある若手選手が増えるよう、できる限り尽力して欲しいですね!
大いに期待したいと思います。

清水隆行は現役時代、肩が弱かったの!?

 

 

タマ
清水隆行さんのバッティング理論はめちゃくちゃ的確でわかりやすいニャー!

 

イッヌ
とにかくバッティングは凄いのはわかったけど、守備はどうだったのか知りたいワン!肩が弱いという噂もあったから真相が気になるワン!

 

打撃技術は申し分ない清水隆行さんでしたが、当時からファンの間では清水隆行さんの肩の弱さが指摘されていました。

 

記事がよければ『いいね』をお願いします♪