一岡竜司が結婚した幼馴染の嫁と子供の存在!苦難の巨人時代!人的補償からの覚醒がヤバい!

一岡竜司投手は1991年1月11日生まれの29歳(2020/10/01時点)で、福岡県糸島市出身。

 

2011年にドラフト3位で読売ジャイアンツ(巨人)に入団し、人的補償で2014年に広島東洋カープに移籍。

背番号は〝30〟です。

 

タマ
この記事では、一岡竜司投手が結婚した幼馴染の嫁と子供の存在について。そして、苦難だった巨人時代のこと。さらに、人的補償からの広島カープでの覚醒についても書いていきますので、最後まで読んで欲しいニャー!

一岡竜司が結婚した幼馴染の嫁と子供の存在が気になる!

カピバラ3兄弟(長男・今村猛投手、次男・大瀬良大地投手)の一人・一岡竜司投手ですが、2016年4月に、福岡県糸島市出身の一般女性と結婚していたことがわかりました。

結婚した嫁とは幼馴染の関係だそうで、まさに絵に描いたような純愛ラブストーリーでロマンチックですね!

 

タマ
一岡竜司投手は引っ込み思案の性格で人見知りだということで、幼馴染の嫁との結婚は最高の展開だと思うニャー!

 

一岡竜司投手が幼馴染の嫁との結婚を決めた理由は、指屈筋損傷の怪我でリハビリしていた苦しい時期を、嫁がしっかりサポートしてくれたからだと話しています。
きっと『この人しかいない』と本気で考えたのでしょう!

 

結婚決意あるある(勝手にネーミングしましたが)ですが、自分が弱っている時や大変な時期を共に乗り越えてくれた女性と、結婚を決意するパターンは非常に多いと思いますね。

自分一人では何もできなかった、幼少期の母親とのことを思い出すのかもしれません。

 

幼馴染の嫁との子供ですが、まだ子供が誕生したといった情報がありませんので、現在(いま)は夫婦の時間を大事に過ごしているのでしょう。

もしかしたら、嫁のお腹に子供が存在しているかもしれませんが。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪