會澤翼の美人すぎる嫁と子供の存在!山口俊との因縁とFA行使の真相!短ランで登場した入団会見に驚愕!

會澤翼選手は1988年4月13日生まれの32歳(2020/10/21時点)で、茨城県日立市出身。

2006年に高校生ドラフト3位で広島東洋カープに入団し、背番号は『27』です。

 

タマ
この記事では、會澤翼選手が結婚した美人すぎる嫁と子供について。そして、山口俊投手との因縁やFA権行使のこと。さらに、短ランで登場した入団会見についても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

會澤翼の美人すぎる嫁と子供の存在!

カープの正捕手・會澤翼選手ですが、2011年に高校時代からお付き合いしていた同級生と結婚していたことがわかりました。

嫁とは、5年間の交際を経ての23歳の時に結婚したそうで、純愛を貫いた感じが凄く伝わりますね。

 

タマ
結婚した嫁の名前は會澤朋美さんというニャー!投手にとって捕手は『女房役』とも言いますが、會澤翼選手にとって嫁・朋美さんは最高の女房役だニャー!

 

水戸短期大学附属高等学校時代から、嫁の朋美さんと5年間の同棲愛を育んできた會澤翼選手は、現在まで一切浮気とかせずに嫁一筋で過ごしてきたのでしょう!
超絶美人な嫁ですから、他の女性は『アウトオブ眼中(要は興味がない)』なのかもしれませんね。

 

そんな愛する嫁との子供は娘が二人いるそうで、もちろん子供二人とも広島カープが大好きだとか!
子供の情報はありませんでしたが、愛する家族の為にも更に會澤翼選手には奮闘してもらいたいですね。

 

今後も、會澤翼選手の嫁と子供に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

會澤翼と山口俊との因縁がヤバい!

現在セ・リーグを代表する捕手にまで成長して會澤翼選手ですが、死球(デッドボール)を受けている回数も多いことで有名です。

2019年のシーズン終了時点で、合計47回もの死球を受けてきました。

 

タマ
死球(デッドボール)が多いということは、それだけ強打者としてマークされるんだニャー!

 

そして、會澤翼選手が今まで受けてきた死球(デッドボール)の中でも、山口俊投手(現トロント・ブルージェイズ所属)から受けた死球(デッドボール)が特にインパクトが強く残っているんです。
山口俊投手とは衝撃すぎて、因縁の相手とも表現されていましたね。

 

 

山口俊投手が横浜ベイスターズ時代のこと、會澤翼選手に投じたボールが顔面に直撃し鼻骨骨折を経験。
死球の中でも最悪のデッドボールとなってしまい、危うく命の危険もあった衝撃の出来事でした。

 

さらに、山口俊投手が巨人在籍時代のこと、同じ會澤翼選手に対し、2打席連続デッドボールを与えたこともありました。

 

 

會澤翼選手の打席での圧がいくら凄かろうと、流石に2打席連続デッドボールは怒りますよね。
選手たちは身体が資本で怪我したらお金が稼げなくなりますし、何より命がけで戦っていますから!

 

広島会沢、連続死球ブチ切れ 6年前に山口俊と因縁

戦う選手会長がナインを鼓舞した。広島会沢翼捕手が12年8月に顔面に死球を受けた巨人山口俊からの2打席連続死球に激高。両軍がベンチから飛び出す一触即発のムードで球場の流れを変えると、1点を勝ち越した5回1死一塁からは左翼線へ適時二塁打を放ち、バットで巨人を突き放した。6-4で巨人の連勝を8で止め、5月白星発進だ。

プツン-。いつも冷静な会沢が我を忘れマウンドに歩み寄った。3回1死一、三塁から山口俊の初球真っすぐが左肩付近を直撃。2回に続く、2打席連続死球に怒りを抑えられなかった。

引用元:日刊スポーツ

 

もちろん、山口俊投手もワザと当てたとかは絶対ないでしょうし、真剣勝負の中で起きた仕方のないことなんでしょうけど、なるべく死球がないように全投手陣は素晴らしいコントロールで打者を押さえ込んでもらいたいですね!
投手はコントロールが生命線ですから。

 

そんな因縁関係として話題となった二人ですが、2019年に開催されたプレミア12では日本代表チームとしてお互い選出され、バッテリーを組んだ時にはファンはざわついたはずです。
プレミア12でバッテリーを組んだ二人の関係は、現在(いま)では食事に行くほど親友だとか。

 

巨人山口「なんなら親友」因縁広島会沢と“手打ち”

どすこい右腕が侍の名捕手との“手打ち”を宣言した。巨人山口俊投手(32)が23日、東京ドームで行われた「ファンフェスタ」で侍ジャパンメンバーによるトークショーでステージに登場。度重なる死球で因縁関係にあった広島会沢との和解エピソードを明かした。エースとして臨んだ「プレミア12」では3試合に先発し未勝利。主要国際大会で10年ぶりの世界一奪還も自身は不完全燃焼に終わった。

個人的には悔しさが色濃く残る大会だったが「一番の収穫は広島の会沢と仲直りした。そこが一番良かったです。最後バッテリー組めて、日本でもご飯に一緒に行って完璧に仲直りできた」と関係改善を完了させた。さらに「うち解けて、なんなら親友かなと」とまで言った。

引用元:日刊スポーツ

 

山口俊投手にとって、プレミア12での1番の収穫が『會澤翼選手と仲直りしたこと』だそうで、やはり會澤翼選手に与えた死球を気にしていたのかなと凄く感じましたね。

兎にも角にも、二人が仲直りして親友とまで呼べる間柄になれて本当に良かったと思います。

 

今後も、會澤翼選手と山口俊投手に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

會澤翼がFA権を行使しなかった理由を解き明かす!

2019年のシーズンで大ブレイクし、FA権も取得した會澤翼選手。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪