田中広輔が結婚した嫁と子供の存在!弟の話題と巨人への入団拒否の真相に迫る!

田中広輔(たなか こうすけ)選手は1989年7月3日生まれの34歳(2024/06/24時点)・身長171cm・体重84kgで、神奈川県厚木市出身。

東海大学付属相模高校から東海大学、社会人野球のJR東日本を経て2013年にドラフト3位で広島東洋カープ入団し、背番号は〝2〟です。

 

タマ
この記事では、田中広輔選手が結婚した嫁や子供の存在について。そして、プロ野球選手として活躍している弟のこと。さらに、巨人への入団拒否の真相についても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

田中広輔が結婚した嫁と子供の存在が気になる!

球団史上初の3連覇を達成した広島カープですが、その主力選手の一人が田中広輔選手です。

当時は『タナキクマル』の代名詞が誕生し、球史に残る活躍を魅せてきましたからね!

 

タマ
1番・田中広輔選手、2番・菊池涼介選手、3番・丸佳浩選手の同級生トリオは破壊力抜群だったニャー!タナキクマルは解体してしまったけど、この3人が牽引していたカープは本当に強かったニャン!

 

 

不動の1番・遊撃手の印象が強い田中広輔選手ですが、2013年にプロ入りした時には、すでに結婚していたことがわかりました。
早めの独身卒業だったんですね。
身長も150㎝くらいだそうで、凄く可愛らしい嫁さんだと思います。

 

結婚した女性の名前は亜子さんといって、高校時代からのお付き合いだとか。
アマチュア時代からずっと田中広輔選手を支え、約7年の交際を経て、プロ入り決定を機に結婚を決断したのでしょうね!

 

広島ドラ3田中 新婚旅行一時封印 キャンプへ冬トレみっちり
広島のドラフト3位、田中広輔内野手(24=JR東日本)が11日、新婚旅行の一時封印の決意を明かした。今年3月に入籍した亜子夫人(23)と今月21日に挙式予定ながら、ハネムーンは見合わせて来年1月の新人合同自主トレへの体作りに専念する考えだ。
引用元:スポニチ

 

ちなみに嫁の亜子さんは、野球部マネージャー経験があると噂されていました。
田中広輔選手は高校時代、甲子園出場経験がありますから、嫁の亜子さんがもし野球部マネージャーだったとしたならば、甲子園に連れて行っているということで、恋愛に発展したのかなと勝手に想像しちゃってますね。

 

嫁の亜子さんとの子供ですが、現在も子供の情報が出てきていないので、おそらく子供はいないのかもしれません。
もし田中広輔選手がパパになったら、兄弟が多い(5人兄弟)環境で育ったということもあり、とても素敵な父親になるでしょうね!

 

今後も、田中広輔選手が結婚した嫁の亜子さんや子供に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

田中広輔の弟・田中俊太も凄い!

先ほどもチラッと書かせて頂きましたが、田中広輔選手は5人兄弟という恵まれた環境で育ちました。

兄弟仲も良く、上から2番目なのですが、一番上の長女・沙織さんには絶対逆らえなかったそうです。

 

タマ
田中兄弟には上下関係というのが存在していたニャー!幼少期から年功序列を叩き込まれていたニャン!

 

 

厳しくも素晴らしい兄弟環境で育った田中広輔選手は、知っての通りプロ野球選手として現在も奮闘してますが、弟の一人で、田中俊太選手(1993年8月18日生まれの30歳(2024/06/24時点))も2017年にドラフト5位で巨人に入団し、しかも同じセントラルリーグ(セ・リーグ)ということで兄弟対決も実現する可能性が高いですから、これには兄弟と両親はとても喜んだことでしょう!
カープと巨人、どちらも応援するでしょうね!

 

弟の田中俊太選手は、打撃フォームや足の速さなど、プレースタイルが兄の田中広輔選手に似ていると言われます。

 

 

兄・田中広輔選手と打ち方がめちゃくちゃ似ていますね!
自主トレ期間を兄と共に時間を過ごすそうなので、きっと弟の田中俊太選手は兄の田中広輔選手に憧れもあるだろうし、目標としているのだと思います。

 

2019年の広島対巨人の開幕戦で、田中広輔選手が1番・遊撃手、弟・田中俊太選手が7番・三塁手で出場し、開幕戦では初めてのスタメン同時出場を果たしました。
兄弟で、しかも開幕戦スタメン出場果たすわけですから、家族や二人のことをよく知る方達はとても感慨深い偉業だったのではないでしょうか。

 

さらに、二人が一軍公式戦で同じ日にホームランを放ったことで、『NPBで別々の球団に所属する兄弟選手による同日開催の一軍公式戦でのアベック本塁打』という珍しい記録も達成しています。
田中広輔選手も凄い選手ですが、弟の田中俊太選手も兄に負けじと素晴らしい選手ですし、まだまだ発展途上の選手でしょうから将来が凄く楽しみな選手だと思います。

 

今後も、田中広輔選手の弟で、巨人在籍の田中俊太選手にも注目していきましょう!

田中広輔が巨人の入団拒否をした理由とは?

プロ入り前の経歴は、東海大相模高校から東海大学を経て、JR東日本に入社した田中広輔選手。

この経歴はまさに、巨人入団への近道と言っても過言ではないルートですね。

 

タマ
JR東日本の経歴を除くと、巨人のエース・菅野智之投手や巨人の指揮官・原辰徳監督と全く同じだニャー!

 

当然、巨人のスカウトはJR東日本時代の田中広輔選手に注目していて、2013年のドラフト時に巨人から入団の誘いがあったそうですが、しかしその誘いを拒否しました。
巨人側も、まさか拒否されると考えてなかったでしょうから、ショックが大きかったと思いますね。

 

田中広輔選手が巨人への入団を拒否した理由は、プロでは遊撃手(ショートストッパー)一本で勝負したいという強い想いがあり、すでに巨人には坂本勇人選手という不動の遊撃手で、スーパースターが存在しているからという理由だと言われています。
仮に巨人に入団しても、他ポジションにコンバートされることが容易に予想できたのでしょう。

 

遊撃手でレギュラーを掴むため、巨人からの誘いを拒否して、カープで実績をしっかり残すって本当に凄いと思いますし、遊撃手に人一倍のこだわりがある田中広輔選手は、頑固一徹の印象が新たに加わりました!

 

 

この守備の上手さがあれば仮に巨人に入団したとしても、もしかすると坂本勇人選手が他ポジションにコンバートされる可能性もあったかもしれませんね。
兎に角職人肌で素晴らしい選手だと改めて思いました。

 

ということで、田中広輔選手が巨人への入団拒否をした理由は、遊撃手としてレギュラーを掴みたいという強い想い(こだわり)があったからだとわかりました。
遊撃手にかなり自信がないと、とてもじゃないけどできない行動でしょうし、現在に至るまで相当努力をしてきた田中広輔選手だからこその判断だったと思いますね。

最後に

兎に角遊撃手(ショートストッパー)に強いこだわりがある田中広輔選手ですが、どれだけ上手でも上には上がいますし、若手もどんどん頭角を現してきますから、どんなに凄い選手といえども、走り続けなければいけないのがプロ野球選手です。

スポーツ選手全般、全ての競技種目に当てはまることでしょう!

 

タマ
特に広島東洋カープは若手育成に力を入れているし、また育成が上手だニャー!今注目の若手有望株の遊撃手といったら小園海斗選手だニャン!

 

 

常にレギュラー争いをする環境こそが、個人レベルの底上げに繋がり、最終的にチームのレベルアップに繋がっていきます。
田中広輔選手には先輩の意地で、なんとかレギュラー争いを勝ち取り、不動のリードオフマンとして再びカープをリーグ優勝に導いてもらいましょう!

 

今後も、田中広輔選手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
『いいね』をお願いします♪
テキストのコピーはできません。