ソフトバンクホークス選手応援ブログ「Hawks Soul(ホークスソウル)

秋山翔吾が結婚した嫁の画像!高校・大学時代!愛用グローブも調査!

秋山翔吾選手は1988年4月16日生まれの31歳(2019/12/13時点)で、神奈川県横須賀市出身。

2010年にドラフト3位で埼玉西武ライオンズに入団し、背番号は『55』です。

 

この記事では、秋山翔吾選手が結婚した嫁の画像と子供のこと。

そして、高校・大学時代、さらに愛用グローブについても書いていきますので最後までお付き合い下さい。

秋山翔吾が愛する嫁と子供が気になる!

秋山翔吾選手は2013年のオフシーズンの時に、鈴木彩香さんという名の女性と結婚していることがわかりました。

 

秋山翔吾選手が結婚した嫁の画像を発見しましたが、超絶美人で羨ましいですね。

結婚した嫁とは幼馴染みたいで、高校時代から約7年の交際を経て結婚に至ったとのこと。

 

ドラマの世界のような純愛ラブストーリーで憧れます!

秋山翔吾選手と嫁の子供ですが、息子が2人いるそうですね。

 

長男が2014年生まれ、次男が2016年生まれみたいで、秋山翔吾選手と同じ野球選手を目指す育て方をするのかと思ったのですが、実際は〝子供が好きなことをやってほしい〟といった想いが強いようです。

親から強要されるとストレスの原因になったりしますし、子供が自発的に始めたほうが続きますからね。

 

秋山翔吾選手は、結婚した嫁に対して「自分の意見をハッキリと言う、意志の強い女性です」と話しており、さらに「家庭的で気配りもでき、愚痴もこぼせる嫁は僕の心の支えになっている」と続け、嫁への感謝が非常に大きいことがわかりました。

きっと、自身の国内FA権や海外FA権(メジャー挑戦)の時も、何でも話せる嫁に相談したことでしょうね!

 

ちなみに秋山翔吾選手の性格は〝真面目で良い人〟だそうで、見たまんまの感じもしますが、意見をハッキリと言う嫁とは凄く相性が良いのかもしれませんね!

 

秋山翔吾選手は一プロ野球選手であるとともに、父であり夫であることも踏まえて、自分の進むべき道を常に模索しているのだと思います。

一番大事なのは、間違いなく嫁と子供ですからね!

 

ということで、秋山翔吾選手にとって嫁と子供の存在が凄く大きなことがわかりました。

今後も、秋山翔吾選手の嫁と子供の情報が入り次第、この記事に追記していきたいと思います。

ストイック過ぎた秋山翔吾の高校時代!

秋山翔吾選手が野球を始めたのは2歳の頃だそうで、卒園文集には「やきゅうせんしゅになりたいです。いちろうみたいにひっとうちたいです」と可愛らしく将来の夢を宣言していました。

小学生になる前から明確な目標(プロ野球選手を目指す)を決めきるとは恐れ入りますね。

 

小学1年生でソフトボールを始めるとともに、コンマ1秒でも早く一塁へ到達するため、厳しかった父のアドバイスで中学の陸上部で中学生と一緒に陸上の練習をするなど厳しく、そしてストイックな小学生時代を過ごし、中学時代も野球(横浜金沢シニア)と陸上部の二足の草鞋(わらじ)で、プロ野球選手を目指すため技術と脚力を磨いてきた秋山翔吾選手。

ここまでストイックにやりきる小・中学生は中々いないと思います。

そんな、ストイック過ぎる秋山翔吾選手が選択した高校が『横浜創学館高等学校』です。

2019年現在で甲子園出場経験はないものの、毎年県内では強豪校と注目される高校ですね。

 

高校1年生からレギュラーを獲得した秋山翔吾選手ですが、決して慢心せず朝練が始まる前に一人で早朝練習をし、全体練習が終わった後も一人残って自主練に励むなど、高校時代の秋山翔吾選手もストイックな選手だったとのこと。

目標は〝プロ野球選手になること〟ですから、小・中・高校と一切ブレることなく貫いてきた秋山翔吾選手は本当に凄い野球選手だと思いますね!

 

残念ながら甲子園出場はできなかったものの、それでもドラフト候補に秋山翔吾選手の名が挙がるほど、プロのスカウト陣から注目されていたみたいなんです。

一人だけ別格な選手がいると、プロの目から観るとすぐに気付くのでしょう。

 

結果的に(高校時代での)ドラフト指名はなかった(怪我の影響が大きかったから)のですが、注目されていたことは事実でしたし、何よりも高校時代の秋山翔吾選手のストイック過ぎる姿勢は、現在(いま)に繋がっていることが十分にわかりました!

〝プロになります〟と宣言した秋山翔吾の大学時代!

高校時代、惜しくもドラフト会議で指名漏れの結果となってしまった秋山翔吾選手ですが、高校時代の監督の紹介で『八戸学院大学』への進学を決意することに。(半分くらいは進学した大学からのスカウトがあったみたいです)

大学の4年間で実力をつけるといった意味では、非常に大学進学はプラス要素が大きかったでしょうね!

 

当時の八戸学院大学の藤木監督(現・明秀学園日立高校の打撃コーチ)は、元・教え子である秋山翔吾選手を「すごい努力をする選手でしたね。本当に見たことがないくらい。多少のケガなら『痛い』なんて言うこともなかったですし、黙々と練習をしていました。それに身長が180cm以上ありましたし、ユニフォーム姿が映えて見えました。顔は『ウナギイヌ』みたいでしたけれどもね(笑)」と、かなり評価も高く、大学時代もストイックだったことがわかりました。

顔が〝ウナギイヌ〟の部分は置いといて、怪我がなければ十分に高校卒業時点でプロの世界に行けたのかもしれませんね!

 

それでも、大学時代の秋山翔吾選手は幾度となくスランプに陥っており、監督の打撃指導と持ち前のストイックな努力で、何度も何度も殻をブチ破って試行錯誤してきたそうなんです。

おそらく〝プロに行きたい〟といった強い気持ちが、大学時代の秋山翔吾選手を焦らせていたのかもしれません。

 

大学3年の秋頃には、調子を少しずつ上げていた秋山翔吾選手に対し、藤木監督は「お前の目指すところは、そんな甘っちょろいところじゃない。この1年はチームのことも大事だけれど、プロに実力を認めさせるための品評会になるんだから」と敢えて厳しい言葉を投げかけたといいます。

きっと、秋山翔吾選手に覚悟を持ってプロを目指してほしかったのでしょうね!

 

その後の秋山翔吾選手は〝プロに行きたい〟ではなく〝プロになります〟と宣言し、大学4年春のシーズン打撃成績は打率.486、最多打点となる14打点と驚異的な数字を残し、その年のドラフトで見事に埼玉西武ライオンズから3位指名され、念願のプロ野球選手になることに!

これには藤木監督も大いに喜んだと話しています。

 

まさに〝有言実行〟をやってのけた秋山翔吾選手はカッコ良すぎるし、現在(いま)のプロでの活躍も凄く納得がいきます!

NPB新記録となる、2015年シーズンの最多記録・215安打を打ったことも、打つべくして打ったのだと。

 

ということで、秋山翔吾選手の大学時代はスランプに悩まされながらも、監督とともにストイックな姿勢で野球に取り組み、見事に夢を叶えた大学時代だったことがわかりました。

何事も諦めず、ひたすら続けることってめちゃくちゃ大事なんですね!

秋山翔吾の愛用グローブが気になる!

ゴールデングラブ賞を6回も獲得し、埼玉西武ライオンズの不動のセンターとして活躍している秋山翔吾選手。

ベストナインも3回選ばれたことのある、今や超一流のプロ野球選手ですね!

 

 

数々のタイトルを総ナメしているだけあって、華麗な守備を何回も見てしまいます。

フェンスギリギリの打球を取る時もカッコ良すぎです!

 

そんな、守備が超絶上手い秋山翔吾選手が、愛用しているグローブのメーカーが気になる方もいらっしゃると思います。

グローブを購入する際に参考にしたいですもんね!

調査してみたところ、秋山翔吾選手が愛用しているグローブメーカーは『SSK(エスエスケー)』だとわかりました。

このグローブメーカーも、多くの野球人が愛用している人気メーカーですね。

 

【あす楽対応】 送料無料 SSK エスエスケイ スワロー限定 オーダー プロエッジ 硬式グローブ 外野用 外野手用 西武 秋山選手モデル PEO575GK-SW グローブ グラブ 硬式用 野球部 高校野球 部活 野球用品 スワロースポーツ
created by Rinker

 

秋山翔吾選手のグローブは特注品で、外野手用グローブの中でも最も大きいグローブを愛用しており、さらに指の長さが長いものを特注しているみたいです!

凄く手が大きいみたいですので、外野手用の大きいグローブが使いやすいことには違いないでしょうね。

 

ということで、秋山翔吾選手が愛用しているグローブメーカーが『SSK』のメーカーだということがわかりましたね。

ちなみにバットも同じメーカーだそうです。

最後に

うなぎ〟の愛称でファンから愛され、走・攻・守揃ったプレーでチームの勝利に幾度となく貢献してきた秋山翔吾選手。

埼玉西武ライオンズの〝絶対的な切込隊長〟ですからね!

 

 

本当に非の打ち所がない選手だと思いますし、その実力は野球日本代表の〝侍ジャパン〟でも発揮しています!

 

さらに、秋山翔吾選手はファンサービスも非常に良く、一人親の子供達を球場に招待するなど(自身も母子家庭で育ったことから)、性格が凄く優しいことが伝わってきますね。

招待された子供達は一生の思い出になることでしょう!

 

今後も、秋山翔吾選手の活躍と動向に注目していき、情報が入り次第この記事に追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事

最新情報をチェックしよう!