フランスア(広島)の嫁と子供の存在!薬(ドーピング)疑惑の真相!球速と球種も徹底調査!

ヘロニモ・フランスア投手は1993年9月25日生まれの27歳(2020/10/01時点)で、ドミニカ共和国出身。

2018年3月に広島東洋カープに入団し、背番号は〝97〟です。

 

タマ
この記事では、フランスア投手が結婚した愛する嫁と子供について。そして、薬(ドーピング)疑惑の真相のこと。さらに、球速と球種についても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

フランスアの嫁と子供の存在が気になる!

ドミニカ共和国出身のフランスア投手は、2018年に広島東洋カープと育成契約をし、その後支配下登録を勝ち取りました。

2019年には守護神(抑え投手)としてチームの勝利に貢献していましたね。

 

 

タマ
直球が速すぎて一流打者でも中々打てないニャー!同じサウスポーのモイネロ投手に似ているニャン!

 

そんな、ポテンシャルモンスターのフランスア投手は実は結婚しているそうで、おそらく一緒に広島県で過ごしているとか。
嫁の名前はサンドラ・バルデスさんといって、残念ながら嫁の顔画像はありませんでしたが、きっと美しい女性なのでしょう!

 

嫁との子供の情報も現在はなく、まだ若い夫婦でしょうから、これから子供が誕生することでしょうね。
才能に溢れた子供が誕生するかもしれません!

 

今後も、フランスア投手の嫁と子供に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

薬(ドーピング)の疑惑が噂されているフランスア!

身体能力がズバ抜けて高いフランスア投手ですが、薬(ドーピング)を使用している疑惑があがっていました。

野球に限らず、様々なスポーツで薬(ドーピング)を使用している選手が多いですからね。

 

タマ
中にはオリンピックに出場する為、薬(ドーピング)を使用したり、ライバル選手の飲食物に混ぜたりして失格させようとする悲しき事件もあったニャー!

 

 

ライバルを汚い手段で蹴落としたりする選手にオリンピックに出場する資格はありませんし、オリンピックだけに限らず、自らの力を信じてスポーツは取り組まなければいけませんね。
仮に薬(ドーピング)で栄光を掴んでも、心の底から喜べないでしょうから。

 

そんな反則行為の薬(ドーピング)ですが、広島カープに2019年まで在籍していたザビエル・バティスタ選手が、2019年7月にホルモン調整薬の『クロフェン』とその代謝物である『ヒドロキシクロミフェン』が検出され、2019年の9月3日に半年間の出場停止処分を受けた出来事がありました。
広島カープのリーグ優勝にも大きく貢献した素晴らしい選手ですね!
ドーピング事件が発覚した時は、驚いたし非常に残念でした。

 

そして、フランスア投手を検索すると薬のワードが出てくるので、フランスア投手も薬(ドーピング)をしているのではないかと疑惑が立っていたのかもしれません。
バティスタ選手と同じドミニカ共和国出身というのも、もしかしたら重なったのでしょうね。

 

しかし、フランスア投手は全く薬(ドーピング)を使用した証拠もないようですし、検索した際に出てくる薬というワードの意味は、おそらく『フランスア投手の投球内容につける薬はあるのだろうか』といったことだと思います。
ですから、フランスア投手は一切不正などしていない選手だといえるでしょう!

 

今後も、フランスア投手だけに限らず薬(ドーピング)に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。
薬(ドーピング)はダメ!絶対!!

フランスアの球速と球種も徹底調査!

勝利の方程式で試合の終盤や、ストッパー(抑え投手)を担うこともあるフランスア投手ですが、球速や球種が如何なるものか知りたいファンも少なくないでしょう。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪