高橋昂也の彼女&結婚情報!ビッグ4と呼ばれた甲子園での活躍がヤバかった!トミ・ージョン手術後の現在が気になる!

高橋昂也投手は1998年9月27日生まれの25歳(2024/05/23時点)で、埼玉県久喜市出身。

花咲徳栄高校から2016年にドラフト2位で広島東洋カープに入団し、背番号は〝34〟です。

 

タマ
この記事では、高橋昂也投手の彼女&結婚情報について。そして、高校ビッグ4と呼ばれた甲子園での活躍のこと。さらに、トミー・ジョン手術後の現在についても書いていきますので、最後まで読んで欲しいニャー!

高橋昂也の彼女&結婚情報が知りたい!

将来のエース投手と期待されている高橋昂也投手ですが、野球の実力だけでなく、多くのファンも認めるイケメンと話題です。

最近の若いプロ野球選手は、イケメンがとても多い気がしますね!

 

タマ
カープ女子も注目の若手サウスポー投手だニャー!

 

そんな、イケメン・高橋昂也投手の彼女&結婚情報が気になる今日この頃ではないでしょうか。

プロ野球選手と結婚する一般女性も多数存在しますから、やはり、高橋昂也投手の彼女&結婚情報は抑えときたいですよね!

 

調査してみたところ、現在の高橋昂也投手は結婚どころか、彼女の情報すら見つかりませんでした。

情報がでていないだけで、もしかしたら彼女の存在はいるのかもしれませんが。

 

ちなみに高橋昂也投手は、元NMB48の山本彩(やまもとさやか)さんの大ファンだそうです。

 

タマ
衝撃を受けるほどの、とんでもない可愛さだニャー!

 

高校時代の高橋昂也投手の応援歌が、NMB48のサマーソング『ナギイチ』だったそうで、それほど山本彩さんに憧れていたというか、大ファンなのでしょう!

それに、NMB48のサマーソング・ナギイチで応援されると気持ち的にも良い感じに上がって、実力以上の結果を出せそうですね。

 

 

まさに夏に相応しい曲で癒されますし、応援歌として活用されたらテンションMAX間違い無いでしょう!

 

 

この件に関して、山本彩さんもツイッターで反応してくれてたみたいで、高橋昂也投手も感無量だったはずです。

もしかすると近い将来、高橋昂也投手と山本彩さんが交際に発展するなんてこともあるかもしれませんから、その為には是が非でもプロ野球界で結果を残したいところですね!(頑張れる理由の大半は、好きな女性にカッコいいとこを魅せたいということが多いんです)

 

今後も、高橋昂也投手の彼女&結婚に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

ビッグ4と呼ばれた高橋昂也の甲子園での活躍がヤバかった!

小学3年生の時に野球を始めた高橋昂也投手は、中学時代は硬式野球チームの『久喜シニア』に所属。

中学3年生の春に、関東大会に出場した経験もあります。

 

タマ
野球とは関係ないが、高橋昂也投手のニックネーム『こやまる』は、中学時代に誕生したあだ名だニャー!現在もこやまるで呼ばれているニャン!

 

中学卒業後は、埼玉県の超強豪校『花咲徳栄高等学校』に進学します。
花咲徳栄高校は、2017年の夏の甲子園で埼玉県初の優勝を果たした高校で、当時の花咲徳栄の強さは他校と比べても、頭一つ抜けてるほど圧倒的に強かったですね!
当時の優勝メンバーで、現在プロ野球選手として活躍している選手が3人もいるわけですから、当然の如く強いと納得できます。

 

タマ
西川愛也選手(埼玉西武ライオンズ)、野村祐希選手(北海道日本ハムファイターズ)、清水達也投手(中日ドラゴンズ)の3人が当時の優勝メンバーだニャー!

 

そして、高橋昂也投手は2016年まで花咲徳栄高校に在籍しており、高校1年の秋からベンチ入りを果たすと、高校2年・3年と2年連続で夏の甲子園に出場しました。

 

高橋昂也投手は高校時代ですでに、高校生らしからぬ制球力と投球術で全国にその名を轟かせ、ついには『高校ビッグ3(のちに今井達也投手を含めビッグ4)』と呼ばれるようになり、高校野球を大いに盛り上げてくれましたね。

 

甲子園での優勝は果たせなかったものの、マウンドでの立ち振る舞いは見事なエースの姿でした。

高橋昂也投手が花咲徳栄を卒業した翌年に、夏の甲子園で優勝を果たしたわけですから、自分が果たせなかった偉業を後輩が成し遂げたというエピソードも感動しますね。

ちなみに『高校ビッグ4』の面子は、高橋昂也投手、寺島成輝投手(東京ヤクルトスワローズ)、藤平尚真投手(東北ゴールデンイーグルス)、今井達也投手の4人と、当時の高校野球で最も注目を集めていた4人ですね!

 

さらに、高校日本代表にも選出された高橋昂也投手は、宿敵・韓国との決勝進出をかけた大一番で先発し、8回途中まで9個の三振を奪う好投で、チームの決勝進出に貢献。
大きな舞台でも緊張せず、強豪韓国相手に堂々たるピッチングを魅せた高橋昂也投手は、高校ビッグ4と呼ぶに相応しい高校生でした。

 

 

タマ
高校卒業後すぐにドラフトがかかるような選手は、良い意味で普通ではない怪物クラスの野球人しかいないニャー!

 

ということで、高校時代の高橋昂也投手は、ビッグ4と呼ばれるほど素晴らしい投手だったことがわかりました。

トミー・ジョン手術後の高橋昂也の現在が気になる!

高校時代、ビッグ4の一人として注目された高橋昂也投手ですが、現在まだ1勝しか勝利できていません。

プロ野球界に入る前は凄く期待されたものの、蓋を開ければ結果を残せず、そのまま引退していく選手は沢山いましたからね。

 

タマ
それだけプロの世界が厳しいということだニャー!逆に全く注目されていない選手とかがプロになってから急成長し、大活躍する選手だって存在するニャン!

 

成功するかしないかは完全に自分次第ですし、超実力社会のプロ野球界で壁にぶつかっている高橋昂也投手に更なる試練が待ち受けていました。

 

それは、2018年に左肘に違和感を感じ、翌年も左肘のコンディションが上向きにならなかったので、2019年2月15日に左肘のトミー・ジョン手術を受けたことです。
トミー・ジョン手術を受けると、最短でも1年は復帰に時間がかかりますから、トミー・ジョン手術を受ける決断した高橋昂也投手は、相当な覚悟を決めて手術したに違いないでしょうね。

 

トミー・ジョン手術をざっくり説明すると、肘の靭帯断裂に対する手術術式で、初めてこの手術を受けたのがトミー・ジョン投手ということにちなんで現在もトミー・ジョン手術と呼ばれているとか。
やはり、投球の際に肘の側副靭帯に大きな負担がかかる野球の投手が受けることが多いそうです。

 

 

タマ
あとは、やり投げの選手もトミー・ジョン手術を受ける選手が多いニャー!肘は投擲系のプロフェッショナルの人達にとって、非常に大事な相棒的存在だニャン!

 

トミー・ジョン手術を受けた高橋昂也投手は、2019年のシーズンを完全にリハビリに専念し、とにかく体調管理を徹底的に気をつけたそうです。(現在も引き続き)

 

広島高橋昂也「痛くなくなった」今季中の復帰へ意欲

広島高橋昂也投手が今季中の完全復活へ意欲を示した。昨年2月に左肘のトミー・ジョン手術を受けたが、昨秋にブルペン投球を行うなど経過は良好。

13日は広島・廿日市市内の大野練習場でキャッチボールやダッシュなどで汗を流した。「痛くなくなったのが自分的にはプラスになっている」。2月にブルペン入り、3月に実戦形式の練習を行い、4月に実戦復帰する予定でリハビリを続ける。

引用元:日刊スポーツ

 

完全復帰する為にも、今後も焦らずリハビリを続けていって欲しいですね!

マウンドで躍動する高橋昂也投手を楽しみに待ちたいと思います。

最後に

高橋昂也投手といったら普段の表情と、マウンド上での闘争心溢れる目つきをした表情とのギャップに、心を打たれたファンも少なくないと思います。

女性ファンからすれば、いわゆる『ギャップ萌え』というのでしょうか。

 

トミー・ジョン手術を受けた後も、決して向上心を下げることなく、現在(いま)も常に上を目指してリハビリや練習に取り組んでいるそうです。

 

タマ
トミー・ジョン手術を乗り越えた時の高橋昂也投手は、一皮剥けて完全復活しているはずだニャー!勝利に飢え、ギラついた目つきをした高橋昂也投手を早くマウンドで観たいニャン!

 

 

今後も、高橋昂也投手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
『いいね』をお願いします♪
テキストのコピーはできません。