井納翔一は現在、戦力外と噂!?嫁と子供は?宇宙人の理由とは?!

123

井納翔一選手は1986年5月1日生まれの36歳(2022/12/05時点)で、東京都江東区出身。

木更津総合高校から上武大学、社会人野球のNTT東日本を経て2012年にドラフト3位で横浜DeNAベイスターズに入団したのち、2020年のシーズンオフにFA権行使により読売ジャイアンツ(巨人)に移籍。

 

2022年シーズン限りで巨人を退団し、合同トライアウトに参加。

その後は未定。

 

タマ
この記事では、井納翔一選手の戦力外と噂されている現在について。そして、嫁と子供のこと。さらに、宇宙人と言われる理由についても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

井納翔一は現在、戦力外と噂!?

最速152km/hのストレート(平均で約144km/h)と110km/h台のカーブの緩急差で打者のタイミングを外し、投球術が優れている井納翔一選手。

球種はスライダー・スプリットも持っており、カーブの軌道が大きいのも特徴ですね!

 

 

タマ
横浜DeNAベイスターズ時代の井納翔一選手は、先発投手として50勝(61敗)挙げているニャー!調子良し悪しはあるけど、ハマった時の投球は本当に打たれないニャン!
イッヌ
どの球種もキレッキレだけど、特にスプリットのキレは凄まじいワン!バッターからすると、消えたと錯覚するほどだと思うワン!

 

そんな井納翔一選手の現在ですが、あまりの不調ぶりに「戦力外になるのでは」と噂されています。

 

 

古巣・横浜DeNAベイスターズ戦に5回途中から登板しましたが、4球連続ボール(内一球は大暴騰)で全く良いところが無く、結局1アウトも取れず打者1人で降板。

原辰徳監督からわずか4球で見切りをつけられたことが、戦力外ではないかと話題になったわけですけど、たしかにこの投球内容だったら厳しいかもしれないのと、古巣相手というのがファンの不安も大きかっただろうし、何よりも井納翔一選手が一番悔しいはずです。

 

“投壊巨人”補強組の無様…4球で二軍落ちの井納は戦力外、離脱中の山口俊はトレード要員
たったの4球で二軍行き、いや、これが最後になるかもしれない。  巨人の井納翔一(36)が23日、登録を抹消された。22日のDeNA戦に1点リードの五回無死一塁から2番手として登板。4連続ボールで四球を与え、1死も取れずに降板を告げられた。前回登板となった11日の楽天戦でも、打者5人に3安打1四球で1死しか奪えなかった。原監督の堪忍袋の緒が切れたということだ。
引用元:YAHOO!JAPAN

 

タマ
巨人補強組が現在(いま)戦力外の瀬戸際に立たされているニャー!井納翔一選手だけでなく、山口俊選手や梶谷隆幸選手も思うような結果を残せず苦しんでいるニャン!全員横浜DeNAベイスターズという偶然か必然か、ちょっと怖いニャー!

 

 

イッヌ
この試合の解説をしていた谷繁元信さんからは「これはもう井納選手の野球人生が終わりに近づくような4球ですよ」と、確信めいた発言をしていたワン!なんとか井納翔一選手には奮起してもらい、戦力外の危機から一転、巨人軍にとって必要不可欠な選手へと信頼回復してもらいたいワン!

 

横浜DeNAベイスターズからFA補強組の井納翔一選手、梶谷隆幸選手、山口俊選手の3人には何とか奮闘して結果を残してもらいたいですし、井納翔一選手に関しては巨人に移籍してから10試合も登板してませんから、特に奮起して欲しいですね!
原辰徳さんがもう一度だけチャンスを与えてくれることを祈りたい!
この機会に吐露させてもらいますが、井納翔一選手と梶谷隆幸選手の同時入団の際、横浜DeNAベイスターズの戦力を削ることが目的だったのかなとも考えちゃいましたね。
FA移籍はある意味チャレンジとも取れる手段ですし、権利を取得した選手の特権ではありますが、環境が変わるリスクと球団によって起用方法や考え方も違うので、選手生命の終わりが早まる可能性もあると思いますから、これから移籍を考える選手はお金以外でもしっかり考えてもらいたいです!(余計なお世話ですが、一野球ファンの願いとして)

 

今後も、井納翔一選手の戦力外に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

井納翔一が結婚した嫁と子供が気になる!

『いいね』をお願いします♪