張本優大の彼女や結婚のこと!高校・大学時代!現在は育成で奮闘中!

張本優大捕手は1990年10月13日生まれの30歳(2020/11/29時点)で、大阪府豊中市出身。

 

2013年に育成選手ドラフト4位で福岡ソフトバンクホークスに入団し、2019年のシーズンを最後に現役引退。

現在は、2軍・3軍のブルペン捕手として活躍。

 

この記事では、張本優大捕手の彼女や結婚のこと。そして、高校・大学時代と育成で奮闘中の現在についても書いていきますので、最後までお付き合い下さい。

張本優大の彼女や結婚について!

張本優大捕手が、練習で汗を流している表情は凛々しくてカッコいいので、女性ファンも虜になるのではないでしょうか。

キャッチャーだけに、甘いマスクをかぶっていますね。

 

そんな張本優大捕手に、彼女・結婚の事情が気になる方もいるはずなので、徹底調査してみることに。

 

しかし、残念ながら張本優大捕手の彼女・結婚に関する情報は一切出てきませんでした。

もうすぐ30歳になるので、結婚はまだでも彼女はいるかもしれませんね。

 

今後の活躍次第で、彼女・結婚に関する情報が出てくる可能性があるので、新情報が入り次第追記していきたいと思います。

県外で過ごした張本優大の高校時代!

中学まで地元・大阪府のリトルリーグで野球をしていた張本優大捕手ですが、高校は『菊華高等学校』に入学することに。

高校から親元を離れ、寮生活で野球に励むことは、相当な覚悟と向上心がなければできないことですので本当に凄い高校生だったと思います。

 

高校自体は、それほど強豪校ではなかったものの、張本優大捕手は2年生の秋から正捕手としてレギュラーになり、秋季愛知県大会の準決勝で選抜優勝経験のある『東邦高等学校』に敗れたものの、正捕手として全試合に出場し活躍を魅せました。

 

強い高校は、チームの要・捕手がしっかりしていることが最低条件なので、張本優大捕手は十分に条件を満たしていた素晴らしい捕手だったのでしょうね。

 

残念ながら、高校球児の聖地・甲子園出場は叶いませんでしたが、張本優大捕手の高校時代は、チームの主軸として活躍していたことがわかりました。

今後は、愛知県の菊華高等学校野球部の活躍にも注目してみたいですね。

張本優大の大学時代が凄い!

張本優大捕手の高校卒業後は『佛教大学(ぶっきょうだいがく)』に進学し、一塁手兼捕手として野球部に所属していました。

過去に数名、プロ野球選手を輩出している伝統ある大学ですね。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪