桑田真澄の嫁・桑田真紀と長男&次男・Mattとの家族仲を調査!裏金の真相は?コーチ力に迫る!

桑田真澄さんは1968年4月1日生まれの56歳(2024/05/23時点)で、大阪府八尾市出身。

 

PL学園高校から1985年にドラフト1位で読売ジャイアンツ(巨人)に入団し、2007年からピッツバーグ・パイレーツでメジャー昇格を目指すものの、翌年2008年3月26日に現役引退。

現役引退後は野球解説者や野球評論家として活躍し、現在は読売ジャイアンツ一軍投手チーフコーチ補佐を務め、背番号は「73」です。

 

タマ
この記事では、桑田真澄さんの嫁と長男&次男・Mattとの家族仲について。そして、裏金の真相のこと。さらに、コーチ力にも迫っていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

桑田真澄の嫁・桑田真紀と長男&次男・Mattとの家族仲を調査!

読売ジャイアンツ(巨人)の「背番号18といえば桑田真澄」というくらい印象が強く、巨人に在籍した20年間で積み上げた勝利数は173勝の桑田真澄さん。

歴代投手の中で、巨人を支えた1番の功労者と言っても過言ではありませんね!

 

 

 

タマ
ストレートのキレとコントロールに加え、桑田真澄さんの代名詞・カーブはわかっていても打てない魔球だったニャー!全盛期の桑田真澄さんはマジでヤバすぎるニャン!

 

イッヌ
それ以外の球種は、スライダーやシュート、そしてスプリット(通称・サンダーボール)を習得していたワン!現在のプロ野球界に、全盛期の桑田真澄さんが投げても通用すると思うワン!

 

そんな桑田真澄さんですが、1991年12月に元CA(キャビンアテンダント)の桑田真紀さんと結婚していたことがわかりました。
出会いのキッカケは、桑田真澄さんがよく飛行機を利用しており、CAだった嫁・桑田真紀さんにナンパ的な感じで声かけたとかかけてないとか。
いずれにせよ飛行機内で出会い、そこから愛を育んだのでしょう!

 

嫁・桑田真紀さんとの子供は、1992年に長男の真樹(まさき)さん、1994年に次男のMatt(本名・桑田将司)さんが誕生し、二人の子宝に恵まれた桑田真澄さん。

 

 

タマ
長男・桑田真樹さんは小学生から大学生まで野球漬けの毎日で、それでもドラフト指名されなかったものの、BCリーグでのプロ野球選手デビューを果たしたニャー!親子揃ってプロ野球選手だから凄いニャン!

 

イッヌ
父・桑田真澄さんと似ているワン!長男・真樹さんの好きなプロ野球選手は「桑田真澄」で、好きな芸能人は「Matt桑田(自分の弟)」だワン!家族愛が素敵すぎるワン!

 

そして、次男のMattさんも小学生の頃、父・桑田真澄さんと長男・真樹さんと同じように野球をしていましたが、身体が汚れたり応援歌を歌ったりするのが嫌で断念したそうです。
一番嫌だったのは、父・桑田真澄さんと同じことをすることだったみたいで、我が道を貫くタイプの性格なのかもしれません。
たしかに、桑田真澄さんとは全く違うタイプの感じですし、野球とは全く無縁の人生を送っていますね。
現在は、ミュージシャンでありモデル業もこなす次男・Mattさん。

 

 

タマ
次男・Mattさんは化粧絡みもあると思うけど、美形男子の最先端て感じだニャー!美に対して日々相当努力していると思うニャン!進んだ道は違えど、その努力という点では父・桑田真澄さんの血筋を受け継いでいるニャー!

 

イッヌ
どちらの画像も次男・Mattさんだけど、ビフォーアフターの変わりようが凄すぎるワン!まるでお人形さんみたいだワン!

 

Matt化なんて世間で言われるほどの変わり様で、日本人離れした顔付きと容姿からハーフではないかと噂も飛び交いましたが、桑田真澄さんも桑田真紀さんも間違いなく日本人なので、完全にハーフ説は消滅しましたね。
ハーフと思ってしまう気持ちはわかりますが。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@mattkuwata_official2018)がシェアした投稿

 

桑田真澄さんも一番始めこそは、次男・Mattさんの変わりように驚いたそうですが、自分が決めた道ならと現在(いま)では全力で応援し、親子仲も非常に良いと思います。

長男・真樹さんも同様に親子仲は良いでしょうから、桑田真澄さんの父親としての懐の深さがわかりますね。

 

嫁・桑田真紀さんとも同様に夫婦仲は順調で、かつて桑田真澄さんの姉の夫(嫁・真紀さんからすれば義理の兄)が不動産投資に失敗し、20億円の借金の肩代わりになった時も、離婚せずに力を合わせて全額返済したそうです。
嫁・桑田真紀さんの支えがあったからこそ、桑田真澄さんは現役時代に全力で野球と向き合えたのでしょうね!

 

ということで今後も、桑田真澄さんの嫁・桑田真紀さんと長男・真樹さん、そして次男・Mattさんに関する情報が入り次第追記していきたいと思います。
素晴らしい家族だとわかり、とてもほっこりしましたね。

ドラフトの闇!?桑田真澄の裏金の真相は?

野球ファンなら誰もが知る桑田真澄さんの甲子園での活躍は、間違いなく未来永劫高校球史に刻まれ語り継がれるでしょう。

高校野球激戦区の大阪から甲子園に出場可能な5回全てに出場し、そのうち4度決勝に進出し1年夏と3年夏の2回優勝という記録を清原和博さんとともに打ち立て、「KKコンビ(桑田・清原)」と称されましたね!

 

 

 

タマ
プロ入り後よりも、高校時代の方が球速が速い気がするニャー!スピードだけでなくキレッキレやし、これにカーブも加われば高校生では打てないニャン!

 

イッヌ
巨人からドラフト1位で指名された理由がよーくわかったワン!高校生の時点でプロで通用するレベルだワン!

 

そんな甲子園のスーパースター・桑田真澄さんですが、裏金をもらって入団したとか、プロ入り後も裏金をもらっていたとか、などなど様々な憶測と噂が飛び交っていました。
裏金の真相が気になり調査してみたら、最高のYouTubeチャンネルを発見したわけですよ。

 

 

メジャーリーガー・ダルビッシュ有さんもオススメの「片岡篤史チャンネル」で、桑田真澄さんに裏金の真相を聞き出してくれていました。

片岡篤史さんは元プロ野球選手で、実績を残したレジェンドですね!

 

 

タマ
結論、桑田真澄さんは入団前もプロ入り後も、一度たりとも裏金は貰ったことがないそうだニャー!桑田真澄さんの人間性なら当然といえば当然だニャン!

 

イッヌ
桑田真澄さんのトーク力がレベル高すぎて面白すぎるワン!

 

ということで、様々な憶測を呼び話題となった桑田真澄さんの裏金の真相でしたが、結果的に一度たりとも裏金は貰っていない事実が判明しましたね。
今後も、桑田真澄さんの裏金に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

桑田真澄のコーチ力に迫る!

桑田真澄さんは投手として素晴らしい実績を残した方ですが、投手以外にも牽制は勿論のこと、守備も打撃も野手顔負けレベルで上手すぎるんです。

守備においてゴールデングラブ賞を8度受賞し、自らも「守備が一番得意で、2番目がバッティング、一番苦手なのがピッチング」と語っていたくらいですからね!

 

 

 

タマ
打撃センス抜群すぎるニャー!あまりにもバッティングが良すぎるがゆえに、代打で投手の桑田真澄さんが出場し、そして結果を残すからこそ語り継がれる存在なんだニャン!

 

イッヌ
大谷翔平選手が登場する前から、桑田真澄さんがリアル二刀流のセ・リーグバージョンを実演していたワン!ピッチング・守備・バッティングとどれもレベルが高く、本当に桑田真澄さんは野球が上手すぎるワン!

 

そんな桑田真澄さんが、現在は読売ジャイアンツの一軍投手チーフコーチ補佐を務めているわけですから、球団からすれば非常に期待値は高いはずです。
そこで、桑田真澄さんのコーチ力に注目してみたいと思います。

 

 

恐くて厳しい感じでなく、桑田真澄さんのいつも通りの感じと話し方で選手たちとコミュニケーションを取っていますね。

実績ある桑田真澄さんのアドバイスなら、選手たちも耳を傾けて聞くだろうしコーチとして申し分ないのではないでしょうか。

 

 

タマ
練習方法も、20歳〜25歳までの選手なら無理をさせてでも量をこなすらしいけど、それ以外の年齢の選手なら量より質を重視した科学的根拠に基づいた練習方法を取り入れるみたいだニャー!

 

イッヌ
どことなく考え方がダルビッシュ有さんと似ているワン!

 

今後も、桑田真澄さんのコーチ力に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。
桑田真澄さんのコーチ力によって、巨人の投手力が上がれば良いですね!

最後に

 

 

タマ
自分で考えて行動できる選手を育てたい」と話す桑田真澄さんも現役時代、自分で考えて試行錯誤を繰り返した結果素晴らしい実績を残したニャー!ただ指示されたことだけやるのでなく、選手一人一人が考えて野球をできたらどれほどのチーム力が上がるか想像しても凄いことになるニャン!

 

イッヌ
かつてV9(9年連続日本一)を達成した最強の巨人を取り戻すべく、桑田真澄さんは選手一人一人の意識改革に挑戦しているワン!(桑田真澄さんの)影響力とコーチ力でチームのリーグ優勝&日本一に導いて欲しいワン!

 

今後も、桑田真澄さんの活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
『いいね』をお願いします♪
テキストのコピーはできません。