ソフトバンクホークス選手応援ブログ「Hawks Soul(ホークスソウル)

田浦文丸のチェンジアップが魔球!ダルビッシュが絶賛!弟と帽子も!

田浦文丸投手は1999年生まれの19歳で、福岡県大野城市出身。

2017年にドラフト5位で福岡ソフトバンクホークスに入団し、年俸は500万円です。

 

この記事では、田浦文丸投手の〝魔球〟チェンジアップについて。

そして、メジャーリーガーのダルビッシュ投手が絶賛したことや、野球をしている弟、さらに帽子についても書いていきますので、最後までお付き合いください。

田浦文丸の〝魔球〟チェンジアップが凄い!

田浦文丸の〝魔球〟チェンジアップが凄い!

田浦文丸投手の武器の一つ、チェンジアップ〝魔球〟だと話題になっています。

 

チェンジアップという球種は、腕の振りがストレートを投げる時と全く同じで、打者のタイミングを外す際に投じるボールです。

ボールを鷲掴みにして投げるので、チェンジアップを取得するには、かなりの練習量が必要でしょうね。

 

 

腕の振りがストレートと全く同じで減速したボールがくるので、打者はタイミングとれないですよね。

ホークスの入来コーチは、田浦文丸投手のチェンジアップに対して「誰も真似できない。実戦向きのボール」とうなるほど!

 

まさに、田浦文丸投手のチェンジアップは〝魔球〟と呼ぶに相応しいボールではないでしょうか!

今後、田浦文丸投手のチェンジアップに注目していきましょう。

田浦文丸をダルビッシュが絶賛!

田浦文丸をダルビッシュが絶賛!

現在はメジャーリーグ活躍し、日本を代表する投手の一人、カブスのダルビッシュ投手が自身のツイッターで、田浦文丸投手を絶賛していたことが話題になりました。

 

 

田浦文丸投手の〝魔球・チェンジアップ〟をダルビッシュ投手は高く評価していて、自身のツイッターで田浦文丸投手の投球映像を紹介するほど!

ダルビッシュ投手は「元々すごいチェンジアップ投げるなぁって思ってたけど、スローでみたら凄い」と絶賛し、そして「俺がこんなんやったら1球で肩もげる」と続けてコメントしており、田浦文丸投手を絶賛していました。

 

ホークスの工藤監督も、一軍デビュー戦となった田浦文丸投手のマウンド度胸を高く評価しており、近い将来、田浦文丸投手が〝左のエース〟となるのも遠くはないかもしれませんね!

是非とも、若い今のうちに経験をどんどん積んで、ホークスの投手陣を引っ張っていく存在になってほしいと思います。

 

ということで、ダルビッシュ投手が絶賛するほど、田浦文丸投手の実力が凄いことが理解できました。

田浦文丸の弟も秀岳館に進学!

田浦文丸の弟も秀岳館に進学!

田浦文丸投手には、田浦由亮(たうらゆうすけ)という名前の弟がいます。

 

弟は現在、兄と同じ秀岳館で野球をしていて、中学の頃は糸島ボーイズ主将を任されていたとか。

糸島ボーイズには誰でも入れるわけではなく、入団テスト的なことがあるそうで、合格しないと入れない野球のエリート集団が集まったチームなんです。

 

そんな糸島ボーイズで、田浦文丸投手の弟は主将を任されていたということは、野球のセンスが怪物球なのでしょうね!

 

 

田浦文丸投手の弟のポジションはショート(遊撃手)で、弟のボール捌きを見るだけで、センスの塊だということが伝わります。

 

兄弟仲は凄く良いそうで、ツイッターでお互いの事を想い合うツイートをするほど。

 

 

本当に兄弟愛が詰まっているツイートですね。

素晴らしい兄弟だと思います!

弟の由亮君には超絶茨の道ではありますが、目標の全国制覇を成し遂げてもらい、その後は福岡ソフトバンクホークスに入団し、兄弟でホークスを支えていってもらいたいですね。

今後、田浦文丸投手の弟に注目していきたいと思います。

田浦文丸の帽子がクルクルなる真相!

田浦文丸の帽子がクルクルなる真相!

田浦文丸投手を検索してみると〝帽子〟というワードがでてきます。

 

おそらく、田浦文丸投手の〝投げっぷり〟がいいことによって、帽子が落ちたり、思わぬ角度に帽子のツバが向いてしまうからでしょう。

 

 

帽子のサイズが合ってないのか、投げるたんびに帽子がクルっとなったり、落ちたりしているのがわかります。

 

【田浦文丸 188/200】2018 BBM ベースボールカード 1stバージョン 【ルーキーパラレル】【新品】

created by Rinker

 

〝投げっぷり〟が良いからこその、出来る芸当でしょうね!

 

今後、田浦文丸投手が登板するときには、帽子のことも注目して観戦すると〝投げっぷり〟具合がわかる判断基準の一つになので、野球観戦がさらに面白くなるのではないのでしょうか!

最後に

期待の若鷹・左のエース候補として評価が高まっている田浦文丸投手。

 

秀岳館時代から培ってきたマウンド度胸は、一流投手並みに若い投手の中ではズバ抜けて凄いと思います。

ホークス・工藤監督も認めているほどですから、今後の登板機会もどんどん増えていくことでしょう!

 

これからも、田浦文丸投手を全力で応援していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!