スチュワート(ソフトバンク)の契約金!身体検査やゴルフ、彼女も!

カーター・スチュワート・ジュニア投手は1999年11月2日生まれの21歳(2020/11/29時点)で、アメリカ合衆国フロリダ州メルボルン出身。

2019年の5月に福岡ソフトバンクホークスに入団し、背番号は『2』です。

 

この記事では、スチュワート投手の契約金(年俸)のこと。そして、身体検査で驚きの事実や趣味のゴルフ、さらに彼女についても書いていきますので、最後までお付き合いください。

スチュワート投手の驚愕の契約金!

スチュワート投手は、身長198㎝・体重98kgと非常に恵まれた体格の持ち主で、160キロ近い『ストレート』と大きく縦に割れる『カーブ』が武器の本格派右腕です。

 

 

そんなアメリカで注目されている〝金の卵〟と称されるスチュワート投手が、2019年5月に福岡ソフトバンクホークスと契約合意に至ったというビッグニュースが話題となりました。

 

 

気になる契約金は、何と7億7000万円(多少誤差があるかもしれませんが)だそうです!

2019年から6年契約ということですが、驚愕の契約金ですね。

 

さすが〝世界一の球団〟を目指している福岡ソフトバンクホークス。

驚愕の契約金を出せる余裕が垣間見えましたね!

 

 

ホークスファンの方々もスチュワート投手に注目が高まっている中、今後スチュワート投手がどんな活躍をしてくれるのか、私もワクワクが止まりません!

 

驚愕の契約金で入団したスチュワート投手に、これから注目していきたいと思います!

スチュワート投手の身体検査の真相とは?

ホークスに入団したスチュワート投手ですが、高校3年の時にMLB(メジャーリーグベースボール)のスカウトに注目され、去年のMLBドラフトでアトランタ・ブレーブスから1巡目(全体8位)で指名を受けていたんです。

 

しかし、ドラフト後の身体検査で、スチュワート投手の手首に異常が見つかってしまいました。

高校生の時から『ストレート』が速かったので、手首に負担がかかっていたのかもしれませんね。

 

身体検査の結果により、初めに提示された契約金が急降下したとのこと。

それが原因で、スチュワート投手とブレーブスとの入団交渉が、2018年7月上旬の期限までに合意できなかったそうなんです。

 

 

身体検査で手首の異常が見つかったとはいえ、スチュワート投手は〝金の卵〟と称されるほどの逸材。

 

 

そこに可能性を感じた福岡ソフトバンクホークスが、ブレーブスが提示した契約金の〝3倍以上〟でスチュワート投手の獲得に成功したわけですね!

最早ホークスの資金力は、MLBと肩を並べていると言っても過言ではないでしょう!

 

スチュワート投手は「ソフトバンクの選手育成、施設などに好感を抱いた」とコメントしており、まだ若いスチュワート投手にとっては最高の球団に入団したのではないかと思います。

プロ並み!?スチュワート投手のゴルフの腕前は?

母国アメリカを離れ、日本で野球をやっていく決断をした19歳のスチュワート投手ですが、ゴルフもプロ並みに上手いと話題になっています。

 

記事がよければ『いいね』をお願いします♪