柳町達の彼女&結婚情報が知りたい!中学・高校・大学時代も深堀り調査!

柳町達選手は、1997年4月20日の27歳(2024/04/23時点)で、茨城県稲敷市出身。

慶應義塾高校から慶應義塾大学を経て、2019年にドラフト5位で福岡ソフトバンクホークスに入団し、背番号は「32」です。

 

タマ
この記事では、柳町達選手の彼女&結婚情報について。そして、中学・高校・大学時代のことも
書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

柳町達の彼女&結婚情報知りたい!

50メートル走6.2秒、遠投120メートルの身体能力の高さが持ち味である柳町達選手。

打撃は、広角に打ち分ける打撃力が魅力な選手でもありますね!

 

 

タマ
プロ初安打とは思えないほどの素晴らしいヒットだニャー!そして柳町達選手は、ギーマチさんの愛称で親しまれているニャン!

 

そんな柳町達選手ですが、ドラフト指名後にイケメンと話題になりました。

年齢もまだ若く、イケメンな柳町達選手ですから、女性ファンの方々は「彼女はいるのかな?」「既に結婚してる?」と、気になる方は少なくないのではないでしょうか。

 

柳町達選手の彼女&結婚について調べたところ、結婚どころか彼女がいるような情報はありませんでした。

笑顔が爽やかな印象で、学生時代から実績を積んでいる柳町達選手なので、きっとモテてはいたと思います。

ただ、学生時代は野球に打ち込んでいたとのことですから、もしかしたら彼女を作る時間がなかったとも推測できます。

もしかしたら公にはなっていないだけで、彼女がいる可能性もありますね!

 

ちなみに好きな女性のタイプは、「川口春奈さんみたいな人」だそうです。

なかなか川口春奈さんのような女性はいないとは思いますが、それにしてもお美しいですね!

このことから柳町達選手は、正統派の美女が好きなのではないでしょうか。

 

柳町達選手のこれからの活躍次第で、出会いの場はきっと増えると思いますので、素敵な女性と交際する為にもばっこし頑張って欲しいですね!

今後も、柳町達選手の彼女&結婚に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

柳町達の中学・高校時代が気になる!

打撃と俊足だけでなく、内外野ともに守ることもできる柳町達選手。

ポテンシャルの高さは言わずもがなですね!

 

タマ
いずれ、ホークスのユーティリティープレーヤーとして活躍するはずだニャー!ライオンズの外崎修汰選手を超える存在を目指して欲しいニャン!

 

そんな柳町達選手ですが、学生時代の実績はどんな感じだったのか気になる方もいるでしょう。

そこで、中学と高校時代について調べてみました。

 

小学校1年生の時に「新利根エンゼルス」で野球を始めた柳町達選手は、中学時代に地元の強豪チームである「取手リトルシニア」という硬式野球チームに所属しました。

右利きなのに左打席で打っているのは、イチローさんに憧れているからだそうです。

イチローさんは多くの野球人に影響を与えた人物ですので、野球人としても人間としても本当に頭が上がりませんね!

 

中学2年生の頃は、主に三塁手としてチームの中心選手として活躍し、全国大会優勝という成績をおさめました。

そして、中学3年生になると、投手兼外野手として全国大会に出場したのち見事準優勝し、この大会では外野手としてベストナインに選ばれるなど当時から野球のセンスは抜群だった柳町達選手。

 

 

タマ
3年間で2回も全国大会にでて、優勝と準優勝を経験していることが凄すぎるニャン!中学時代で全国の舞台を味わっておくと高校だけでなく、その先に必ず繋がっていくニャー!

 

中学卒業後、高校は神奈川県の名門・慶應義塾高校に進学し、入学早々に野球センスを買われて高校1年の春から「3番三塁」としてレギュラーを取りました。
中学時代から要チェックされて、スカウトされたのかもしれませんね!
さらに、高校1年の夏の神奈川予選では、1年生ながら16打数8安打と好成績を収めるました。
その後も、中心選手として活躍しつづけて、高校2年春には県大会3位で関東大会出場、高校3年最後の夏の大会は県ベスト8という成績を残し、慶應義塾高校野球部の中心選手として大いに活躍・貢献してきたんです!

 

 

タマ
多くのプロ野球選手を輩出してきた伝統校での大活躍、本当に凄いことだニャー!

 

残念ながら、甲子園出場することはできなかったのですが、高校通算30本塁打を放つなど、この頃から既にプロからの注目を集める選手となっていましたが、大学に進学することになります。

柳町達の規格外すぎた大学時代に迫る!

高校時代の活躍があり、プロから注目はされていましたが、柳町達選手はプロ志望届を出さずにそのまま慶應大学に進学します。

高校卒業後にプロには行かず、大学で鍛錬して目指そうと決めたのでしょう。

 

 

タマ
大きな分岐点ではあるけど、一旦踏みとどまり大学で力を蓄えプロへ挑戦して成功したプロ野球選手は沢山いるニャー!どっちが正しいかなんてないけど、高校レベルとプロのレベルは段違いに違うニャン!

 

大学入学直後、三塁手から外野手へコンバートされレギュラーを掴んだ柳町達選手は、開幕戦でいきなりホームランを打つなど、入学して間もなく中心選手として活躍しベストナインを獲得しました。

 

 

タマ
入学してすぐにレギュラーをとって、開幕戦にホームランを打つところが規格外すぎるニャン!当時の監督も柳町達選手の野球センスに惚れ込んだに違いないニャー!

 

その後も、大学2年の秋と大学3年生の春のリーグ戦では見事優勝を果たし、大学時代の通算リーグ戦出場試合数は102試合にまでのぼり、なんと全てスタメンとして出場しています。

このことから、パワーと野球センスだけでなく、体力も規格外だということがわかります。

また、中学・高校と同様、大学も下級生時代からチームの中心選手として活躍してたことがわかりますね。

 

 

タマ
試合もこれだけ多く出場できたということは、怪我をしにくい強靭な体ということだニャン!

 

ということで、柳町達選手の中学・高校・大学時代はとてつもないポテンシャルモンスターだったことがわかりました。
まーでも、その裏には血の滲むような努力があったに違いないでしょうけどね!

最後に

中学・高校・大学時代と下級生の頃から中心選手として活躍し、抜群の野球センスを持った柳町達選手。

走攻守三拍子揃った選手なので、柳田悠岐選手のようなスケールの大きい選手に育って欲しいですね!

 

 

タマ
持ち味である抜群の野球センスとパワーを十分に発揮して活躍してほしいニャン!近い将来はチームの顔となって、福岡ソフトバンクホークスのリーグ優勝、そして日本一に貢献できる選手となってほしいニャー!

 

 

こういったスーパープレーで、この先もチームのピンチを救ってもらいましょう!
大いに期待したいですね。

 

今後も、柳町達選手の活躍と動向に注目していき、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
『いいね』をお願いします♪
テキストのコピーはできません。