上沢直之が結婚した凄い嫁と子供の存在が知りたい!ソトと怪我の関連性が気になる!中学・高校時代も調査!

上沢直之投手は1994年2月6日生まれの26歳(2020/12/01時点)で、千葉県松戸市出身。

2011年にドラフト6位で北海道日本ハムファイターズに入団し、背番号は『15』です。

 

タマ
この記事では、上沢直之投手が結婚した凄い嫁と子供の存在について。そして、ソトと怪我の関連性のこと。さらに、中学・高校時代についても書いていきますので最後まで読んでほしいニャー!

上沢直之が結婚した凄い嫁と子供の存在が知りたい!

日本ハムの先発の柱として活躍している上沢直之投手ですが、2017年のシーズンオフに結婚を発表していたことがわかりました。

結婚相手の嫁は北海道出身の一般人女性だそうで、残念ながら容姿を確認できるものは存在していませんでした。

 

タマ
イケメンで女性ファンも多数いる上沢直之投手だから、きっと美人な嫁に違いないニャー!

 

2016年シーズン中に右肘の手術をしていて、苦労しているところに嫁が親身になってサポートをしてくれたそうです。

自分が苦しい時や弱っている時にこそ、そばにいてくれる女性が結婚相手に相応しいと勝手に考えてますね。

 

ぼく1人ではできないことが多い。1人でいるより、2人でいるほうがいい」と、嫁さんの故郷・北海道のホテルでプロポーズに至ったとか。

きっと夜景が素晴らしいところでプロポーズを決行したのでしょう!

 

上沢直之投手の嫁さんは料理が得意で、カレーをスパイスから作るほどのこだわりようで凄いそうです。

 

タマ
料理教室が出せるほどの凄さだそうニャン!健康管理もバッチリだニャー!

 

上沢直之投手は何度か大きな怪我と手術を経験していますが、その度に親身になって支えになってくれたのが結婚した嫁ということで、この意味でも凄い嫁と言えるでしょう!

 

結婚した嫁との子供情報ですが、2019年シーズンオフには第一子となる長女が誕生し、嫁との子供の家族が増えてきたことにより、さらに責任感が増すことでしょうから活躍に期待しましょう!

今後も、上沢直之投手の嫁と子供に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

上沢直之の怪我にソトが関係していた!?

高卒でドラフト6位指名ながらも、プロ入りから順調にステップアップしている上沢直之投手ですが、1軍に定着してから2回の長期離脱を経験しています。

プロスポーツ選手にとって、長期離脱が一番苦しいときでしょうね。

 

1回目の大きな怪我が、2016年3月のイースタンリーグ戦でのこと、右肘に痛みを訴え『右肘関節滑膜ヒダ切除術』をし、この年は一軍登板なしに終わり、年俸が大きくダウンするといった経験をしました。

 

タマ
結果が全ての世界だから、試合に出場しなければ年俸に大きく反映してしまうニャー!

 

その後、怪我も完治し順調にシーズンを消化していきましたが、2019年の交流戦で大変なアクシデントに襲われることになります。

順調な時ほど、事故や事件などのアクシデントが起こりやすいと言いますから、決して他人事ではないですね。

 

そのアクシデントというのは、横浜のスラッガーであるネフタリ・ソト選手の痛烈なピッチャー返しが、上沢直之投手の左ひざを直撃したことなんです。

 

 

一般的にプロの投手はインプレ―中に故障してしまっても、闘争本能で打球を追いかけていくことが多いのですが、それすら出来ずにその場に倒れこんでしまった上沢直之投手。

闘争本能ですら動くことのできない、まさに選手生命の危機ともいえる痛みだったはずですね。

 

タマ
(倒れて起き上がらない上沢直之投手に)心配のあまりスタンドが静まり返るのが印象的だったニャー!とてつもなく痛々しいニャン!

 

即座に病院に運ばれた上沢直之投手は、左膝蓋骨の骨折と診断されました。

2019年シーズンの復帰が絶望となるだけでなく軸足となる左ひざの損傷ですから、今後の選手生命さえ脅かしかねない重症となってしまうことに。

 

言うまでもないことですが、ネフタリ・ソト選手は故意にピッチャー返しを狙ったのではありません。

結果として、自身の打球を受けた上沢直之投手と同様に、故障をさせてしまったことについてショックを受けています。

自分のせいで『引退』なんてことになったらと考えると当然の感情だと思いますね。

 

しかし、本人(上沢直之投手)は今回の事件を「投手をやっている以上仕方のないこと。ソト選手は素晴らしい打者で、そのような打者と対戦できて幸せ」と相手をリスペクトするコメントを見せています。

器がめちゃくちゃ大きいと感じさせるコメントですね!

記事がよければ『いいね』をお願いします♪