選手応援ブログ「Hawks Soul(ホークスソウル)

藤浪晋太郎の彼女がヒロド歩美!?イップスの原因は精神的なもの?死球病で引退危機とトレードの噂も!

藤浪晋太郎投手は1994年4月12日生まれの26歳(2020/05/27時点)で、大阪府堺市南区出身。

2012年にドラフト1位で阪神タイガースに入団し、背番号は『19』です。

 

タマ
この記事では、藤浪晋太郎投手の彼女がヒロド歩美なのか。そして、イップスの原因が精神的なとこからきているのか。さらに、死球病で引退危機やトレードの噂も書いていきますので、最後まで読んでほしいニャン!

藤浪晋太郎の彼女がヒロド歩美なのか気になる!

最速160㎞の直球を投げ、イケメン選手としても定評のある藤浪晋太郎投手ですが、彼女の存在が気になりますね。

女性ファンも多いことが予想できますので、彼女&結婚情報を調査してみましょう!

 

すると、朝日テレビの人気アナウンサー・ヒロド歩美さんとの熱愛報道情報がありました。

今や朝日テレビのエースと呼び声高いヒロド歩美さんですが、正直可愛すぎてトキメキますし、エースになれて当然のポテンシャルだと断言できますね!

 

タマ
ヒロド歩美さん素敵すぎるニャン!直球ど真ん中ストライクニャー!
ヒロド歩美さんがキャスターを務める番組『熱闘甲子園』は、多くの高校野球ファンが、甲子園の時期になれば必ずチェックする大人気番組でしょう。

 

高校野球が面白いという理由もありますが、一番の理由はヒロド歩美さんがキャスターを務めているからだと私は勝手に考えています。

 

そんな、大人気アナウンサーのヒロド歩美さんが彼女ならば、藤浪晋太郎投手も幸せ絶頂期で野球どころではないかもしれませんね。

 

『東京スポーツ新聞』によると、ヒロド歩美さんと藤浪晋太郎投手は、駅で待ち合わせをして、仲良く大阪の繁華街まで歩き夕食を共にしたそうです。

ヒロド歩美さんとの熱愛報道は完全なるツーショットであり、かなり信憑性が高い情報と言えるでしょうね。

 

しかし、藤浪晋太郎投手はヒロド歩美さんとの熱愛を完全否定しています。

藤浪晋太郎投手は「事実無根です。相手に迷惑がかかるんでやめてあげてほしい。事実ではないと言うしかない」とコメントしていて、ヒロド歩美さんも「(交際事実は)違います。ないです!」と完全否定していました。

 

タマ
お互い人気が高い有名人だから立場的に否定しなければいけないといった可能性もあるニャン。有名人は大変ニャー!
ヒロド歩美さんが彼女といった事実はハッキリとわかりませんでしたが、もし交際しているのであれば、藤浪晋太郎投手とヒロド歩美さんの結婚情報が突然報道されることがあるかもしれませんね。
その時(結婚する時)は、藤浪晋太郎投手とヒロド歩美さんを暖かく見守っていきましょう!
ということで、藤浪晋太郎投手とヒロド歩美さんに関する情報が入り次第追記していきたいと思います。
それにしてもヒロド歩美さんは素敵すぎますね!

藤浪晋太郎のイップスの原因は精神的な病気か?

2015年に最多勝に輝くなど、阪神タイガースのエースとして期待されていた藤浪晋太郎投手。

阪神ファンだけでなく、プロ野球ファン全体で藤浪晋太郎投手の活躍に注目していました。

 

しかし、近年の藤浪晋太郎投手は制球難に陥ってしまい、度重なるデッドボール(死球)与え、危険球退場を経験することもありました。

 

 

この制球難の原因としてイップスの可能性があるとされましたが、スポーツ選手のイップス改善などに従事する阿部久美子さんは、藤浪晋太郎投手がイップスであることを断言していました。

 

タマ
阿部久美子さんは、スポーツ選手のメンタルトレーニングとイップス治療を担当している日本のメンタルトレーナーニャー!
そもそもイップスとは、精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、突然自分の思い通りのプレー(動き)や意識が出来なくなる症状のことで、野球では投球動作が多い投手に起こりがちな症状です。
スポーツ選手にとっては、選手生命を脅かすような症状ですね。
一方で、この藤浪晋太郎投手のイップス疑惑に対し、一部の野球解説者や評論家は否定しており、藤浪晋太郎投手は精神的な問題ではなく走り込みと技術不足だと話していました。
元・巨人軍でレジェンド投手だった桑田真澄さんも、藤浪晋太郎投手との対談で「藤浪くんに足りないのは技術力」と述べており、様々な意見が飛び交うほど注目が集まっているのだなと改めて感じましたね。
タマ
それだけ藤浪晋太郎投手に、早く万全な状態に戻って活躍してもらいたいと思っているニャー!
藤浪晋太郎投手の制球難の原因について調査しましたが、イップス(精神的な問題)か、それとも技術不足なのか確定しませんでしたが、今後も制球難に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

藤浪晋太郎が死球病で引退危機の真相に迫る!

イップス、もしくは技術不足が原因で制球難に苦しんでいる藤浪晋太郎投手は、右打者へのデッドボール(死球)が強烈なトラウマとして残っていることでしょう。

打者への死球は、フォアボール(四球)を与えることよりもお互いにダメージが大きいですが、死球を避けようとするほど本来の投球ができなくなっちゃいます。

 

タマ
技術不足と言われているけど、打者の頭部にボールを当ててしまったら精神的に追い込まれても仕方ないニャン。『また頭に当てたらどうしよう』と悪いイメージが先行するはずニャー。
そんななか投げられない状態が続くなら引退の可能性もあるといった、藤浪晋太郎投手の引退危機の声も聞こえてくるようになり、相手打線が好調だと「藤浪を投げさせるぞ!」と、心ないヤジすら飛ぶなど、ますます藤浪晋太郎投手が追い詰められるという悪循環極まりない状況に。
阪神タイガースのファンは、チーム愛が強すぎるあまり過激な表現でチームを鼓舞することが多いですが、攻撃的で傷つけるような応援は多少控えてほしいですね。
タマ
心ないヤジなんかに負けるニャー!
それでも藤浪晋太郎投手は、応援してくれるファンやチーム、そして引退危機を回避するため死球病を克服するべく日々戦っています。

 

なんとか死球病を克服して引退危機の声を一切なくし、そして、心ないヤジを飛ばした人たちを見返す復活を遂げてもらいたいですね!

応援していきましょう!

トレード移籍やメジャーリーグ挑戦の可能性が出てきた藤浪晋太郎!

高校時代は超名門校の『大阪桐蔭高校』でエースとして活躍し、甲子園では春夏連覇の偉業へと導き、プロ転向後は入団から3年連続の二桁勝利を挙げるなど、潜在能力は球界屈指の高さを誇る藤浪晋太郎投手。

潜在能力の高さに加えて194㎝の高身長で、まさに投手に適した体型と言えるでしょうね!

 

タマ
現在(いま)もメジャーリーグで活躍しているダルビッシュ有投手に体型が似ているニャー!
現状低迷しているとはいえ、ポテンシャルが高い藤浪晋太郎投手を巡って、複数の球団がトレードを打診していたそうです。
死球病で苦しんでいる現状ですが、復活した時の活躍を考えるとトレードをしてでも欲する投手でしょうね!

 

さらにトレード移籍の噂以外にも、ポスティングシステムによるメジャーリーグ挑戦の可能性も浮上してきました。

現在(いま)の藤浪晋太郎投手の現状ならば、日本の環境よりもメジャーリーグの方が合っているかもしれないという理由ではないでしょうか。

 

阪神タイガースからすれば、トレード移籍で藤浪晋太郎投手を手放すよりも、ポスティングでのメジャーリーグ挑戦という形の方が納得できるみたいですね。

 

タマ
トレード移籍がキッカケで、復活を果たした藤浪晋太郎投手が、他球団で活躍されることに一番恐れているニャン。そんな理由も含めてトレードに消極的みたいニャー!
せっかくドラフト1位で獲得した藤浪晋太郎投手を、トレードで他球団に移籍させ、阪神タイガースを相手に素晴らしい投球や輝かしい成績を残されてしまっては後悔しっ放しです。
また、藤浪晋太郎投手に『将来的にメジャー挑戦を視野に入れている』といった考えがあり、このまま苦しい現状を打破できないのであれば、思い切ってメジャーリーグに挑戦してみたがいいのかなと思いますね。
トレード移籍で他球団に行くよりは、メジャーリーグに挑戦する藤浪晋太郎投手がみてみたいといった好奇心が強いですが、あくまでトレード移籍もポスティングでのメジャーリーグ挑戦も噂レベルですので、しばらくは引退にならない限り阪神タイガースで奮闘するはずです。
今後、藤浪晋太郎投手のトレード移籍やメジャーリーグ挑戦に関する情報が入り次第、追記していきたいと思います。

最後に

復活を目指し、高いポテンシャルを発揮する為に藤浪晋太郎投手は、各年のオフシーズンを中心に様々な科学的・理論的アプローチから身体機能を解析・分析し安定して立ち返れる場所、そして新たな技術的根拠の確立に取り組んでいます。

 

タマ
要するに、今までは感覚で野球をやってきたことを、今後は確立された技術力で取り組んでいくということニャー!
そうすることで近い将来、全盛期と言われた藤浪晋太郎投手の投球が観られる日も、そんなに遠くはないと思います。

 

大いに期待しましょう!

 

今後も、藤浪晋太郎投手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!