北条史也が結婚した嫁と子供の存在が知りたい!ヤバすぎる高校時代に迫る!兄弟はいるの?

123

 

高校2年生の夏の大会は甲子園に出場し、主に「5番遊撃手」としてチーム最多の8打点でチームの準優勝に貢献しました。

中心選手の中には、千葉ロッテマリーンズの田村龍弘選手がいますね。

この時代の光星学院高校ヤバすぎです!

 

新チームになってからは「4番遊撃手」として秋の東北大会を制し、明治神宮大会では打率,455、1本塁打、7打点の活躍で一気にプロからの注目を浴びるようになり、高校3年の春の選抜甲子園では、大阪桐蔭との決勝戦で藤浪晋太郎投手から2安打(2打点)を放つなど、チームの準優勝に貢献することに!

 

 

 

タマ
さらに高校最後の夏は、甲子園で4本の本塁打を放つなど、清原和博さんの大会5本塁打の記録まであと1本に迫る記録を残したニャー!高校時代の北條史也選手の活躍っぷりは規格外だニャン!

 

最後の夏も決勝まで駒を進め、春の選抜と同じライバル校・大阪桐蔭が相手でリベンジとなる一戦でしたが、残念ながら敗れしてしまいました。

しかし、2011年の夏・2012年の春・2012年の夏と、3季連続の準優勝はとてつもない大偉業だと思います。

3季連続準優勝の原動力となった北條史也選手はまさにスーパースターですね!

 

 

タマ
甲子園でこれだけ活躍すれば、スーパースター間違いないニャン!

北條史也に兄弟はいるの?家族構成が気になる!

北條史也選手には、兄と弟の3人兄弟であり、父と母あわせて5人の血の繋がった家族がいます。

 

 

タマ
北條史也選手と似て、家族全員美形かもしれないニャー!父と母のおかげだニャン!

 

3歳年上の兄は体操をやっていたそうで、その影響で北條史也選手も体操をしていた時期があり、弟は北條裕之さんといって2歳年下となります。

北條史也選手と同様、八戸学院光星高校に入学して野球に打ち込んでいました。

 

 

タマ
弟・北條裕之さんは、兄・北條史也選手の背中を追いかけたんだニャー!

 

弟・北條裕之さんは、高校3年の時に甲子園に出場し、主に「1番遊撃手」として活躍していました。

兄弟揃って甲子園出場は凄すぎますね!

 

しかしながらプロからは声はかからず、東海大学に進学しましたが、すでに卒業しているため、その後はどうなっているのかはわかりません。

現在(いま)も野球をやっているのであれば、もしかしたら兄と同じ舞台でプレーしているところが観られるかもしれませんね!

 

 

タマ
兄と同じ高校でプレーするとは、世間からは何かと比較されていたと思うけど、甲子園に出場して活躍するのはさすがだニャン!

 

今後も、北條史也選手の兄弟・父・母に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

最後に

高校時代は、スーパースターだった北條史也選手ですが、プロ入り後はユーティリティープレーヤーとしてチームを支えています。

特にバッティングでは、リストの柔らかさと、持ち味であるパンチ力を売りにして、ここぞという場面で1本打ってくれるような選手ですね!

 

 

タマ
阪神タイガースがリーグ優勝、そして日本一になれるように、持ち味であるパンチ力ある打撃と身体能力の高さでチームの勝利に貢献して欲しいニャー!甲子園で躍動している北條史也選手にこれからも期待したいニャン!

 

 

今後も、北條史也選手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
『いいね』をお願いします♪