高橋周平が結婚した年上の嫁と子供の存在!愛用グローブメーカーの調査!FAの行方は?

高橋周平選手は1994年1月18日生まれの27歳(2021/03/07時点)で、神奈川県藤沢市出身。

東海大学甲府高校から2011年にドラフト1位で中日ドラゴンズに入団し、背番号は〝3〟です。

 

タマ
この記事では、高橋周平選手が結婚した年上の嫁と子供について。そして、愛用グローブメーカーのこと。さらに、国内&海外FA権の行方についてもわかる範囲で書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

高橋周平が結婚した嫁と子供の存在が気になる!

2019年から中日ドラゴンズのキャプテンを務め、その甘いマスクから女性ファンも非常に多い高橋周平選手。

中日ドラゴンズの看板選手といっても過言ではありませんね!

 

 

タマ
勿論イケメンだけでなく、野球のレベルはプロ入り前からズバ抜けていたニャー!高校時代は甲子園常連校の名門・東海大甲府高校で、入学して間も無く4番・サードに抜擢されるほどポテンシャルモンスターだったニャン!

 

しかし、大きな期待と共にドラフト1位で中日ドラゴンズに入団した高橋周平選手でしたが、プロ入りから約6年間は納得の結果を残すことはできませんでした。
毎年ドラフト1位で入団した選手は注目されますが、相当プレッシャーに感じるでしょう。
2018年のドラフト1位入団・根尾昂選手も超絶注目されてましたし、正直「そっとしといてくれ」と思っちゃうでしょうね。

 

そんな、伸び悩んでいた高橋周平選手に訪れた転機が、4歳年上の一般女性との結婚でした。
(転機が)訪れたというか、プロポーズをしたのは高橋周平選手からですから、己で引き寄せたと表現した方が正しいですね!

 

 

結婚後以降、高橋周平選手の成績がウナギ上りで良くなったので、間違いなく結婚の影響だと言えるでしょう。

 

 

タマ
結婚した女性は祐里さんといって、大手企業のデンソーで務めていた経歴(あくまで噂)があるみたいだニャー!嫁さんが年上の方が出世する印象が強くあるニャン!

 

二人の出会いは、高橋周平選手がプロ1年目の18歳(祐里さんが22歳)の時に知り合い、すぐさま恋仲になったとのこと。
気になるプロポーズの言葉は「結婚して下さい」と、シンプルかつストレートに伝えたのだそうです。
高橋周平選手のまっすぐな想いが伝わって結婚に至ったのでしょうけど、手の込んだサプライズプロポーズも素敵ですが、これはこれで素敵なプロポーズだと思います。
高橋周平選手の母親曰く「(結婚した祐里さんは)しっかり者で周平にはもったいない」と話すほど素敵なパートナーでしょうし、何よりも嫁姑関係はとても良好そうですね。

 

結婚した嫁の祐里さんとの子供は、2018年の11月26日に第1子の長女が誕生していたことがわかりました。

 

中日高橋周平に第1子長女誕生「今まで以上に活躍」

中日は27日、高橋周平内野手(24)の祐里夫人(27)が26日午後1時56分に名古屋市内の病院で第1子の長女を出産したと発表した。体重2980グラムで母子ともに健康。

引用元:日刊スポーツ

 

一人目の子供が女の子だということもあり、子供に癒されまくっているのではないでしょうか。

子供は幾つになっても可愛いと言いますが、やっぱり赤ちゃんの頃が一番可愛いですよね!

もうデレデレです。

 

愛する嫁と子供を守るべき存在のため、この先もバリバリ奮闘していかなければいけませんね!

そして、それに伴い子供も増え、素敵な家庭を築いていってもらいましょう。

 

今後も、高橋周平選手の嫁と子供に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

高橋周平の愛用グローブメーカーが知りたい!

記事がよければ『いいね』をお願いします♪