大野雄大が結婚した嫁と子供の存在!朝倉健太と不仲説の噂!?FA権行使せず残留した理由とは?

大野雄大投手は1988年9月26日生まれの32歳(2021/03/07時点)で、京都府京都市伏見区出身。

京都外大西高校から佛教大学を経て、2010年にドラフト1位で中日ドラゴンズに入団し、背番号は〝22〟です。

 

タマ
この記事では、大野雄大投手が結婚した嫁と子供の存在について。そして、元中日ドラゴンズのコーチ・朝倉健太さんと不仲説の噂のこと。さらに、FA権行使せず中日ドラゴンズに残留した理由についても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

大野雄大が結婚した嫁と子供の存在が気になる!

2年連続の最優秀防御率(2019年、2020年)に輝き、投手として最高のタイトル・沢村栄治賞(沢村賞)を獲得した大野雄大投手。

間違いなく、現時点でのセ・リーグ最強の左投手だと思います。

 

タマ
2019年9月14日の阪神タイガース戦でのノーヒットノーラン達成は圧巻すぎる投球だったニャー!達成直後、連続ジャンプをするほど嬉しさを爆発させていたことも話題になったニャン!

 

 

打たせてとる投球スタイルのお手本となる投手ですね。

球のキレ・コントロールともに申し分ない投手だといえるでしょう!

 

そんな大野雄大投手ですが、2012年11月に大学時代から交際していた女性と結婚していたことがわかりました。

 

中日大野が結婚!交際3年の塾講師

中日大野雄大投手(24)が結婚することが27日、分かった。お相手は佛教大時代に知り合った塾講師、鈴木美優奈(みゅうな)さん(23)。同大学のチアリーダーとして活躍していた京美人だ。交際してちょうど3年目の今月26日に婚姻届を提出。すでに名古屋市内で同居をスタートさせており、来オフに挙式する。人生の応援団を得て、飛躍の3年目に向かう。

引用元:日刊スポーツ

 

結婚した女性の名前は鈴木美優奈(みゅうな)さんといい、塾講師として活躍されていたとのことで、とても聡明な女性ではないかと思います。

 

 

結婚した嫁の美優奈さんは大学時代にチアリーダーを務めていただけあってか、とても美しい女性ですし、女性が羨む小顔の持ち主ですね!

大野雄大投手が一目惚れした理由が理解できました。

 

記事がよければ『いいね』をお願いします♪