大島洋平が若くして結婚した嫁が美人と話題!子供の存在が気になる!自主トレに後輩が同行する理由とは!?

大島洋平選手は1985年11月9日生まれの38歳(2024/06/24時点)で、愛知県名古屋市緑区出身。

 

享栄高校から駒澤大学に進学し、社会人野球の日本生命を経て、2009年にドラフト5位で中日ドラゴンズに入団。

背番号は〝8〟です。

 

タマ
この記事では、大島洋平選手が若くして結婚した美人と話題の嫁について。そして、子供の存在のこと。さらに、毎年後輩と共に行う自主トレについても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

若くして結婚!?大島洋平の嫁が美人と話題!

2年連続(2019年と2020年)で最多安打のタイトルを獲得し、2016年のシーズン途中で獲得した国内FA権、2019年に保有した海外FA権を行使せず、『生涯中日ドラゴンズ』を誓った大島洋平選手。

ベテランの域に差し掛かってからの2年連続最多安打は大偉業だと思いますし、生涯ドラゴンズを表明したことにより、中日ファンの方々は希望に満ち溢れたのではないでしょうか!

 

タマ
2014年のシーズンでは、レジェンド・福留孝介選手が記録した186安打を放って注目を集めたニャー!大島洋平選手は中日ドラゴンズ最強の安打製造機だニャン!

 

 

現役時代のイチローさんのようなバッターですね。
大島洋平選手の存在は、中日ドラゴンズにとって必要不可欠だといえるでしょう!

 

そんな大島洋平選手は、プロ入り前の社会人時代・日本生命に在籍していた頃に、3歳年下の一般女性と結婚していたことがわかり、2009年の3月に結婚したとのこと。
結婚した嫁の名前は真世といって、大島洋平選手が24歳、嫁の真世さんが21歳の時にお互い若くして愛を誓いあったそうです。
とても美人な嫁さんで羨ましいですね!
それに入団会見でのこと、大島洋平選手と共に出席するなど、夫を支える嫁としての印象が強く感じられました。

 

 

タマ
中日ドラゴンズからドラフト5位で指名された際に、嫁と子供がいる中で安定した日本生命での社会人野球生活を捨てて、結果が全てのプロ野球界に挑戦するかどうか凄く悩んだそうだニャー!しかし、嫁の真世さんが力強く背中を押してくれたことで決意し、現在(いま)に至るニャン!

 

入団1年目に結婚したばかりだったからこそ、大島洋平選手はどの選手よりも結果に貪欲になり、1年目から一軍で活躍できたのでしょう!
夫を信じ、背中を押した嫁の真世さんおかげと言っても過言ではないでしょうし、大島洋平選手は若くして最高のパートナーと結婚できて本当に良かったですね。
現在(いま)でも、『趣味が家族』と話すほど家族を大事に考えている大島洋平選手ですが、この先も家族の為・自分の為に奮闘してもらいましょう!

 

今後も、大島洋平選手が若くして結婚した嫁の真世さんに関する情報が入り次第追記していきたいと思います。
夫婦円満の秘訣の一つは、相手を信じることなんだと思います。

大島洋平の子供の存在が気になる!

 

何よりも家族を大事に想っている大島洋平選手ですが、愛する嫁さんとの子供の存在が気になりますね!

大島洋平選手の入団会見の時、嫁の真世さんと一緒に出席した子供(当時は赤ちゃん)も、現在(いま)では大きくなったことでしょう。

 

 

タマ
結婚してからわずか3ヶ月ほどで子供が誕生したから『授かり婚(できちゃった婚ともいう)』ではないかと言われていたニャー!「計画性がない」と周りから怒られたそうだニャン!

 

中日ドラフト5位大島が子連れで入団会見
妻子のために頑張ります-。中日は12日、名古屋市内で新人9選手の入団発表を行った。ドラフト5位・大島洋平外野手(24=日本生命)が妻真世さん(21)と今年生まれたばかりの長男慶士くんらとともに出席。異色の子持ちルーキーは「開幕1軍。1日でも早くレギュラーをとれるように頑張りたい」と気合十分。家族のために開幕1軍をもぎ取ることを目標に上げた。
引用元:日刊スポーツ

 

しかし、結婚を決断する理由は様々ありますし、子供を授かったタイミングで結婚を決意した夫婦は沢山いるでしょう!(ちなみに私は授かり婚です)
大事なのは、授かった子供が無事生まれ、愛情を沢山注ぎながら立派な大人へ成長させることだと思いますし、逆を言えば、子供を授かったおかげで家族になれたと考えればとても素敵だと思いませんか?!

 

そんな大島洋平選手と嫁の真世さんとの子供は、2009年6月に生まれた長男の慶士君、長女(非公表)、2014年1月に生まれた次女、2019年5月に生まれた三女の4人の子供がいます。

 

 

4人の子供がいるとなると大変だとは思いますが、大島洋平選手の活躍の原動力となっていることには違いないでしょう。

愛する嫁さんと子供達の為にも、まだまだ奮闘していかなければなりませんね!

 

今後も、大島洋平選手の子供に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

大島洋平の自主トレに後輩が参加する理由に迫る!

プロ野球界には様々な名誉あるタイトルが存在しますが、投手ならば200勝もしくは250セーブ、打者なら2000本安打を目指して奮闘しています。

2020年のシーズン途中に坂本勇人選手が2000本安打(史上53人目)を達成しましたが、31歳10か月での達成は史上2番目の若さだったので大注目されていましたし、相当なプレッシャー中での偉業達成は凄いの一言でしたね!

 

 

右打者では最速の偉業達成ですし、同世代の選手たちには大きな刺激となったことでしょう。

前田健太投手や秋山翔吾選手、柳田悠岐選手や田中将大投手など、黄金世代と呼ばれる同級生もこの先続いていくと思います。

 

 

タマ
31歳10ヶ月という若さで2000本安打を達成した坂本勇人選手も凄いが、大島洋平選手も怪我なく活躍できれば3年以内(2023年のシーズン内)で2000本安打に届くと思いニャー!年齢的にも毎年勝負の年になるとはいえ、大島洋平選手のストイックさと実力ならば必ず2000本安打を成し遂げ、名球会入りを果たしてくれるニャン!

 

 

大島洋平選手も、球団最速で1500本安打を達成してますから大いに期待できますね。
2000本安打の達成を心待ちにしましょう!

 

そんな、中日ドラゴンズの安打製造機・大島洋平選手の自主トレに、後輩選手が毎年同行しているそうなんです。
自主トレとは、各球団がキャンプイン(2月頭から)する前に行う、選手が自主的・自発的に行うトレーニングのことですね。

 

 

タマ
自主トレ期間は大体1月中旬前くらいに行う選手が多く、球団の分け隔てなど関係なしに、結果を残している選手の自主トレに弟子入りみたいな感じで同行する若手や後輩選手が沢山いるニャー!大島洋平選手は毎年自主トレに、中日ドラゴンズの若手や後輩など共に行なっているニャン!

 

中日・大島、オフの自主トレで根尾を鍛える!現状維持の2億5000万円でサイン
例年、オフの自主トレは社会人時代に所属した大阪・日本生命グラウンドで行う。現時点ではコロナ禍で実施の可否が不透明となっているが、条件が整えば来季3年目を迎える根尾が参加する予定だといい「どういう考え方で打撃をしているか、などを聞いたうえで(教えることが)何か参考になってくれれば。あとは練習をさせるだけ」と先生役を買って出た。
引用元:サンスポ

 

大阪桐蔭高校から2018年にドラフト1位で入団した根尾昂選手ですが、プロの大きな壁にぶち当たっていますから、大島洋平選手と共に自主トレ期間を過ごすことで良いキッカケに繋げていくしかありませんね!
中日ドラゴンズの中心選手の一人・高橋周平選手は、根尾昂選手と同様に期待されながらも結果が残せなかった現状を打破したキッカケが、大島洋平選手との自主トレだったとのことで、自主トレに参加してから3年連続の規定打席達成に加え、2020年のシーズンは初の打率3割に乗せました。
大島洋平選手と共に行なった自主トレの効果が発揮したのだと思いますし、どの業界でも共通していることは、まずは結果を残している先輩や上司と同じ取り組みを習慣化するまでやるというのが、成功する一番の近道なのかもしれませんね。
どの道、人一倍努力をすることは違いないでしょうけども、間違った努力よりも断然良いといえるでしょう!

 

 

タマ
大島洋平選手の自主トレに同行する若手や後輩が絶えない理由は、スポーツ選手で一番大事な体幹強化を中心に徹底的に身体をいじめることで有名なので、参加した選手は体幹強化トレのエキスパート・大島洋平選手とほぼ同じメニューをこなしてくそうだニャー!勿論それだけではないけれども、厳しいプロの世界で戦い抜く身体と思考力など、大島洋平選手イズムを叩きこんでくれるのが参加理由だと思うニャン!

 

大島洋平選手イズムは、いずれ後輩へと引き継いでいくわけですから、高橋周平選手や根尾昂選手などが自主トレなどを引っ張っていく存在になっていくと思います。
時代の流れと同じですね!

 

中日・大島洋平が描く、高橋周平と根尾昂の“W成長プラン”
「根尾をどうしようか」  中日・大島洋平の頭には“一挙両得プラン”が浮かんでいた。
対象はチームメートの高橋周平と根尾昂。来年1月の自主トレに、高橋を4年連続で連れて行くことは決めていた。ここに、仲間を1人増やす。それが根尾だ。  「根尾をどうしようか、と考えました」  その答えが、高橋に根尾の打撃指導役を任せることだった。
引用元:Yahoo!ニュース

 

大島洋平選手と共に自主トレを過ごし、高橋周平選手や根尾昂選手など若手選手達がどのような成長を遂げ、そしてシーズンを活躍していくのか凄く楽しみですね。
ひとまわりもふた回りも成長したドラゴンズ選手達に期待しましょう!

 

今後も、大島洋平選手の自主トレに関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

最後に

打撃だけでなく、守備の巧さにも定評のある大島洋平選手は、ゴールデングラブ賞に8回(外野手部門:2011年、2012年、2014年 – 2016年、2018年 – 2020年)も輝いています。

どんなに捕球が難しい打球でも、なるべく飛びつかず(ダイビングキャッチせず)に普通にキャッチするよう心がけているそうですね。

 

 

盗塁王も2012年に一度獲得しているので、まさに走攻守揃った選手だと思います。

シーズン200本安打を目標にしているみたいですので、是が非でも打ってもらい、そして、2000本安打の偉業を成し遂げて欲しいですね!

 

 

今後も、大島洋平選手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

『いいね』をお願いします♪
テキストのコピーはできません。