ギータ(柳田悠岐)のFA権獲得はいつ?カープへ移籍か!愛する嫁と子供の存在や1000安打の快挙達成にも迫る!

柳田悠岐選手は1988年10月9日生まれの31歳(2020/09/24時点)で、広島県広島市安佐南区出身。

柳田悠岐選手は2010年ドラフト2位でプロ入りし、2015年シーズンはトリプルスリー(打率3割・30本塁打・30盗塁)を達成するなど日本球界トップクラスの選手で、2020年7月28日にプロ通算1000安打を達成。

 

タマ

この記事では、FA権獲得はいつなのか。

FA権を獲得したら広島カープに移籍するのか。

さらに柳田悠岐選手は2015年7月に結婚していたみたいで、お嫁さんや子供についても書いていきますので最後までお付き合いくださいニャー!

ギータ(柳田悠岐)のFA権獲得はいつ?

今や日本球界を代表するスラッガーに成長した柳田悠岐選手ですが、出身は広島県広島市安佐南区だそうです。

 

幼い頃から広島カープの大ファンというのは有名な話ですね。

本人(柳田悠岐)は「FAするならカープ」とか「カープにFAするために頑張っている」などソフトバンクの球団関係者やファンを驚かせる発言をしています。

 

しかし一方では「一生ソフトバンクホークスにいます」や「FA権を獲得しても使わない」とテレビ番組で本人が

一生ホークス宣言』をしていたのも事実です。

 

真実は本人のみぞ知るといいますが、実際のところどうなのでしょうか。

 

2018年オフにFA権を行使して巨人への移籍を決めた丸佳浩選手。11年間カープのユニフォームを着た丸選手が巨人に行く想像を多くのファンはしていなかったはずです。

そんな『一生カープ』のイメージが強い丸選手でさえ他球団との交渉次第で移籍してしまうのです。

ちなみに巨人とは5年30憶円だそうです。最大級の評価をしてもらうと野球人として最高に嬉しいですよね。

 

では柳田選手がFA権を獲得するのはいつでしょうか。

FA権について少し調べてみました。

 

FA権について

国内移籍

  • 高校卒業して入団=8年で取得可能
  • 大学、社会人を経て入団=7年で取得可能

海外移籍

  • 入団して9年で取得可能

 

ということから入団した時期で違いがありますが、柳田悠岐選手の場合、2010年に広島経済大学からソフトバンクホークスに入団しています。

その為国内FAであれば7年で適用となり、2018年には取得可能ということになります。

ちなみに柳田悠岐選手の今年の契約更改で年俸がなんと・・・

 

5億7000万!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

超一流過ぎるでしょ!

日本球界最高年俸が巨人のエース菅野投手の6億5000万なので、菅野投手も勿論凄すぎますが柳田選手も負けず劣らずのレベルというのが数字をみてわかりますよね。

 

あくまで僕の持論ですが、柳田選手はカープに移籍することなく『一生ホークス』でプロ生活を終えるのではないかと(僕の願望が強いですが)思います。カープに行くなら引退してコーチか監督として行くのかなと。

福岡ソフトバンクホークスファンの僕としては選手の間はずーっとホークスの主力として活躍してもらいたいですね!

 

 

その為には球団が活躍に応じて年俸を惜しみなく大幅アップして、柳田選手を手放さない努力も必要なのかなと思います。

もちろんお金だけではないのでしょうが笑

ギータが広島カープに移籍する可能性は?カープ愛は両親譲り!?

前の『FA権獲得はいつ?』でも書かせてもらいましたが、柳田悠岐選手の活躍次第ではありますが、ソフトバンクホークスが誠意のある対応をしていきしっかりとした信頼関係があれば広島カープに移籍する可能性は極めて低いと考えます。

あとは広島カープ側が柳田悠岐選手に猛アプローチしてくることも考えられるので、それ次第で移籍の可能性が大きく変わることもあるのかなー。

 

今年のNPB授賞式で今シーズン限りでの引退を発表した新井貴浩さんとのツーショットで20年ぶりだそうです。

柳田悠岐選手の少年のような笑顔がとても印象的ですね。

 

当時10歳だった柳田少年とプロ入り1年目で全く無名の新井選手が20年の時を経て、お互い超1流に成長してのツーショットは

本人達もファンも嬉しい出来事ではないでしょうか。

 

そんな柳田選手は幼いころからカープファンで、プロ入り後も「ホークスは好きだが、カープの優勝が見たくてファンをやっていたのでホークスのファンにはならない」と柳田選手のカープ愛がわかるコメントがあるそうです。

 

柳田選手のご両親はどうでしょうか。ご両親はどちらともスポーツをやっていたそうで、父親の修宏さんは柔道などの経験者、母親の由美子さんはハンドボールをやっていたそうです。

由美子さんはハンドボールは大学まで続けて実業団からも誘いが来るほどの選手だったので、柳田選手が小さいころは父親よりも母親がよくキャッチボールの相手をしてもらってたそうです。

 

そして父親のいとこには元プロ野球選手の柳田豊さんという方がいらっしゃるそうです。

柳田選手のずば抜けて高い運動能力はもちろん本人の努力もありますが、ご両親からのDNAも大きく関わっていそうですね。

 

ちなみにご両親もカープファンなのか調べてみましたが、柳田選手が小さい頃よく広島市民球場に通っていたという話から

ご両親と通っていたと考えられます。

 

広島県民にカープが嫌いな人はいないでしょうからご両親もファンだと思います。

なので、柳田少年がカープファンになったきっかけは両親と過ごした広島市民球場での時間ではないでしょうか。

 

柳田少年は選手では野村謙二郎さんの大ファンだったみたいです。

柳田選手に野村謙二郎さんが直接カープ移籍交渉に関わることがあると、もしかしたら心変わりしてしまうかもしれませんね。

 

兎にも角にも、最終的にホークス残留かカープ移籍か決めるのは柳田選手と家族ですから。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪