正木智也の彼女&結婚情報、嫁と子供は?守備・中日・高校や大学時代がヤバい!?

正木智也選手は1999年11月5日生まれの24歳(2024/05/23時点)で、東京都大田区出身。

慶應義塾高校から慶應義塾大学を経て、2021年にドラフト2位で福岡ソフトバンクホークスに入団し、背番号は「31」です。

 

タマ
この記事では、正木智也の彼女&結婚情報、嫁と子供について。そして守備や中日のこと。さらに、高校・大学時代についても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

正木智也の彼女&結婚情報、嫁と子供が気になる!

監督・首脳陣からの評価が高く、絶賛売り出し中の正木智也選手。

坂本勇人選手の動画を参考に、内角球のさばき方を研究しているそうです。

 

 

タマ
まだまだ坂本勇人選手には遠く及ばずとも、研究の成果は十分出ていると思うニャー!坂本勇人選手のような活躍を期待したいニャン!
イッヌ
打球スピードが異常に速いワン!一軍デビューで「3番・左翼手」として先発出場した理由がわかるし、監督・首脳陣からそれだけ期待されているということだワン!

 

そんな正木智也選手ですが、彼女&結婚情報が気になるファンも少なくないでしょう!
そして、何よりもイケメンですからね!
女性陣からの人気も相当高いと思います。

 

この機会に、正木智也選手の彼女&結婚情報に注目していきたいと思いましたが、結論からいうと現時点で結婚どころか、彼女に関する情報すらありませんでした。

 

タマ
まだプロ野球選手になったばかりだから、現在(いま)はとにかく結果を出して一軍定着、レギュラー獲得が優先だニャー!その先に結婚して嫁さんと子供を守るという未来があると思うニャン!(結婚願望があるならの話だニャー!)
イッヌ
もしかしたら情報が出ていないだけで、アマチュア時代から交際している彼女の存在がいるかもしれないワン!もしいるのなら、彼女のためにも是が非でも実績を残して欲しいワン!そして、結婚して子供が誕生する情報を楽しみにしたいワン!

 

今後も、正木智也選手の彼女&結婚情報、嫁と子供に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

正木智也の守備評価や守備位置、ポジションは?

正木智也選手は外野全般と一塁(ファースト)の守備ができ、複数ポジションが守れるという強みもあります。

選手層が厚すぎる福岡ソフトバンクホークスですから、中村晃選手のように複数ポジション守備ができると、起用される可能性がグンと上昇しますから。

 

 

タマ
守備はもちろん、打撃の調子が良ければレギュラー定着の可能性も高まるニャー!一軍昇格して即スタメン起用され、いきなり守備でのトリックプレーは驚愕だったけど、意図してか偶然かは触れないでおくニャン!
イッヌ
結果的に正木智也選手のトリックプレーでアウトにしたから万事オッケーだワン!バッティングも良いから期待値が上がるワン!

 

課題を挙げるなら足があまり速くないので、守備範囲がやや狭めです。
ですので、守備の際は打者によって守備位置をこまめに変更しつつ、一歩目をいかにスピーディーに動き出せるかが重要かなと思いますし、理想のポジションは一塁手(ファースト)が良いですが、ここを守るなら打撃力は必須ですね!

 

今後も、正木智也選手の守備に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

正木智也を中日ドラゴンズが狙っていた!?

2021年のドラフト会議で、正木智也選手を中日ドラゴンズが狙っていた事実が判明しました。

どのチームも課題に挙げている一つに「一発(ホームラン)の魅力がある選手を育てる」ことがありますが、中日ドラゴンズの場合は「即戦力大砲」となる選手が必要だったみたいです。

 

 

タマ
たしかに、このバッティング力なら中日スカウト陣も注目するはずだニャー!正木智也選手は大学No. 1スラッガーの呼び声高い選手だったから、中日に限らず複数球団が注目していたし、現に福岡ソフトバンクホークスも注目したからドラフト2位で指名したニャン!
イッヌ
中日ドラゴンズが正木智也選手をドラフト1位で指名していれば獲得できたけど、実際ドラフト1位で指名したのは、外野手のアドゥブライト健太選手だワン!長距離砲として期待値が大きかったのはブライト健太選手だったわけで、結果的に中日ドラゴンズは右の長距離砲は獲得できたワン!ただ、覚醒するかどうかはまた別の話だワン!

 

中日ドラゴンズが「あの時ドラフト1位指名しとけばよかった」と思うような、圧巻の活躍を正木智也選手には期待したいですね!

ドラフト会議は「誰をどの順番で指名するか」で大きく変わるし、また他球団と被った時のくじ引きもまた運命的だし、本当に球団側も選手側もドキドキして仕方ないと思います。

 

中日ドラゴンズが悔しがるくらい、正木智也選手には活躍してもらいましょう!

正木智也の高校・大学時代は?

小学2年生で野球を始め、小学5年生の時に日本代表として台湾遠征を経験した正木智也選手ですが、小学生で海外遠征すること自体貴重な体験だと思います。

小学生で既に大器の片りんがあったのでしょう!

 

中学時代は硬式野球の「世田谷西リトルシニア」に所属し、中学3年春の全国大会でベスト16に進出する原動力となりました。

これほどの中学生ですから、各強豪高校からスカウトが山ほどきたのではないでしょうか。

 

タマ
中学卒業後は慶應義塾高校に進学し、高校1年秋の新チームからベンチ入りし、高校2年春から4番打者を務めたニャー!文武両道の高校で、正木智也選手の両親も安心しただろうし、全力で応援できたと思うニャン!
イッヌ
小学生の頃は投手・捕手・遊撃手を経験、中学生時代は外野手・一塁手を経験、高校では右翼手を務め、内外野に加え、投手と捕手まで経験した超ユーティリティープレーヤーだワン!しかも、高校通算50本の本塁打を記録し、甲子園出場はできなかったけど個人の実績は申し分ないワン!

 

 

高校生とは思えないほどの圧巻のホームランですね!

ポテンシャルモンスターの高校球児でしたから、プロのスカウトも注目していたでしょう。

 

高校卒業後は慶應義塾大学に進学し、入学直後の大学1年春からリーグ戦に出場してからの大学2年春にレギュラーとなります。

高校時代の実績がある正木智也選手なら当然といえば必然なのでしょうけど、体格から何から何まで規格外ですね!

大学3年からはずっと4番打者として君臨していました。

 

 

パワーがエゲツないし、バッティング技術も非常に高いことがわかります。

大学4年時はチームの34年ぶりの優勝にも貢献したし、大会MVPも獲得するなど、大学時代も高校時代同様に申し分ない実績でプロ志望届を提出したのです。

 

タマ
中日ドラゴンズが欲した選手だと改めて理解できたニャー!将来性が高いから、右の大砲に成長すること間違いなしだニャン!
イッヌ
育成が長けている福岡ソフトバンクホークスに入団できて良かったと思うワン!中日ドラゴンズは現在(いま)立浪和義監督の選手育成(特に根尾昂選手)に対する不安視が目立つから、花開く前に選手生命が終わる可能性もゼロではなかったワン!(根尾昂選手の活躍を心から祈るワン)

 

ということで、正木智也選手の高校・大学時代はとんでもない実績だったことがわかりました。
大学No. 1スラッガーのポテンシャルを、プロ野球界で大いに発揮してもらいたいですね!

最後に

 

タマ
まだまだ課題は多いけど、実績と経験を積めば必ず覚醒すると思うニャー!覚醒すれば打率3割・30本は打てるはずだニャン!
イッヌ
現在(いま)しか出来ない失敗を沢山して、一段ずつ一流選手への階段を登って欲しいワン!そしていずれは主力選手へと成長し、チームの勝利やリーグ優勝、さらには日本一&世界一に大きく貢献してもらいたいワン!

 

今後も、正木智也選手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
『いいね』をお願いします♪
テキストのコピーはできません。