ソフトバンクホークス選手応援ブログ「Hawks Soul(ホークスソウル)

小久保裕紀の現在!嫁と息子が可愛い!ホームランがヤバイ!

小久保裕紀さんは1971年生まれの47歳で、和歌山県和歌山市出身。

1993年にドラフト2位(逆指名)で福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)に入団し、最高年俸は3億円です。

 

この記事では、小久保裕紀さんの現在について。

そして、可愛い嫁と息子のことや、現役時代のヤバイ小久保裕紀さんのホームランについても書いていきますので、最後までお付き合いください。

小久保裕紀の現在について!

小久保裕紀の現在について!

小久保裕紀さんは、現役時代にダイエーホークス(現・ソフトバンクホークス)、巨人、ソフトバンクホークスと渡り歩いてきました。

 

そして小久保裕紀さんは、プロ野球生活18年の間に数々のタイトルや記録を築き上げてきたレジェンドなんです。

 

 

過去を振り返ると、数々のレジェンド選手たちがいましたが、中でも小久保裕紀さんは、福岡ダイエーホークスの初優勝に大きく貢献した選手なので、格別な想いがあります。

 

そんな、小久保裕紀さんの現在は、野球指導者や野球解説者・評論家として活躍されてます。

 

 

また、2013年から2017年まで、日本代表(侍ジャパン)の監督を務めました。

学生・社会人・プロ野球でのコーチ・監督経験無しで日本代表の監督を務めるのは史上初だったとか。

 

 

それだけ、小久保裕紀さんに対する〝期待度〟が高かったのでしょう。

 

当時、2017年に行われたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の侍ジャパンへの応援が、いつも以上に熱かった気がします。

やはり、小久保裕紀さんが侍ジャパンの監督だったことが、要因の1つだったのではないでしょうか。

 

 

残念ながら準決勝でアメリカに敗れ、優勝はできなかったものの、準決勝まで勝ち上がってきたプロセスは本当に感動的でした。

 

現在も、野球解説者としてグラウンドに訪れている小久保裕紀さん。

 

 

今度はホークスの監督として、またユニフォームに袖を通してもらいたいですね。

 

過去・現在と活躍している小久保裕紀さんの、未来の活躍に注目していきましょう!

小久保裕紀の可愛い嫁と子供!

 

小久保裕紀さんは、1995年に4歳年上の女性と結婚し、1男1女の二人の子供に恵まれていました。

 

しかし、2008年に離婚していたそうで、かなり意外な事実でしたね。

元嫁は、一般女性ということで情報がありませんでしたが、元嫁はかなりの美人だったそうですよ。

 

離婚の原因は、小久保裕紀さんの浮気だったとか。

ちなみに、浮気相手と噂されていたのが、TVQアナウンサーの立花麻理さん。

 

 

2人の不倫関係に、真実はハッキリとはしていませんが、立花麻理アナウンサーは、2012年に音楽家と結婚し、2014年8月には第1子が産まれているそうなので、小久保裕紀さんの嫁にはならなかったのですね。

 

小久保裕紀さんの『引退セレモニー』では、元嫁と子供達がサプライズ登場するのかと少し期待したファンもいたかもしれませんが、現れることはありませんでした。

 

 

冷静に考えてみれば当然でしょうけど、切ない気持ちになりますね。

せめて、子供達だけでも駆けつけてくれたらと考えちゃいます。

 

 

現在、小久保裕紀さんは、再婚はしていないようですが、女優の土屋太鳳似の彼女がいるとの情報がありました。

 

土屋太鳳似の彼女の年齢は30代だそうで、小久保裕紀さんが侍ジャパンの監督の時、苦しい時期や辛い時期に支えてくれていたみたいです。

 

 

小久保裕紀さんは彼女を〝新しい奥さん〟と親しい人に紹介しているとか。

自分のことを本気で支えてくれる女性を、嫁にもらう方が絶対良いと思います。

 

これから再婚するのであれば、新しい嫁と幸せな家庭を築いていってほしいですね。

今後も、小久保裕紀さんの再婚と子供についても注目していきたいと思います。

小久保裕紀のホームランについて!

 

小久保裕紀さんは、プロ通算413本のホームランを記録した〝ホームランアーティスト〟なんです。

 

アーティストという名の通り、小久保裕紀さんのホームランは綺麗な放物線を描くようなホームランで、非常に魅入ってしまいます。

 

 

 

 

どうでしょうか?

何回観ても〝ホームランアーティスト〟と呼ぶに相応しいホームランですよね!

 

小久保裕紀さんは「ヒットの延長がホームランではなく、自分のスイングの延長にホームランがある」とコメントしていて、このスイングに至るまで、血の滲むような努力をしてきたことでしょう。

 

本当に小久保裕紀さんのホームランはヤバイですね。

最後に

 

現在の常勝ホークスに成長した、キッカケの一人は間違いなく小久保裕紀さんだと言えるでしょう!

いずれはホークスの監督として、またユニフォームを着てくれることを心待ちにしています。

 

数々の記録と沢山の感動をくれた小久保裕紀さん、本当にありがとうございました。

 

今後も、小久保裕紀さんの活躍に注目していきたいと思います!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!