松井秀喜のホームラン記録&大谷翔平を比較!伝説の敬遠と名言に注目!

松井秀喜さんは1974年6月12日生まれの47歳(2021/09/19時点)で、石川県能美市出身の元プロ野球選手。

 

星稜高校から1992年にドラフト1位で読売ジャイアンツ(巨人)に入団し、その後MLB(メジャーリーグベースボール)のニューヨーク・ヤンキース、ロサンゼルス・エンゼルス、オークランド・アスレチックス、タンパベイ・レイズ、そしてニューヨーク・ヤンキースで活躍したのち現役引退。

現役引退後はニューヨーク・ヤンキースGM特別アドバイザーとして活躍。

 

タマ
この記事では、現役時代の松井秀喜さんのホームラン記録&大谷翔平選手との比較について。そして、伝説の敬遠のこと。さらに、数々の名言についても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

松井秀喜が日本とメジャーで放ったホームラン記録が凄い!

現役時代は、長距離砲として巨人でもアメリカでも活躍した松井秀喜さん。

特に、ワールドシリーズでMVPを獲得した際には、日本中が沸きましたよね。

そのくらいすごい選手で、まさにスーパースターでした。

 

そんな松井秀喜さんといえば、やはり現役時代のホームランがなんといってもすごかったですよね。

 

では、どれくらいすごかったのかについてですが、結論から言うと、日米通算507本ものホームランを打っています。

巨人時代は、日本野球界を代表する長距離打者で、10年間で332本塁打を放ちました。

そのうち、ホームラン王を3回獲得しています。

 

高校卒業から10シーズンでの本塁打数は、王貞治さんの356本に次ぐ歴代2位で、300本以上打った打者は王と松井の2人だけみたいです。

3割を超える打率を維持しながら、本塁打・打点で常にリーグトップクラスの成績を残し、OPSでも、通算4000打数以上の選手では王貞治さんに次いで歴代2位となる通算.996という、驚異的な成績を残しました。

毎年シーズンの本塁打数は30本以上を放ち、50本を打った年もあるほどです。

凄すぎますよね。

 

また、ヤンキースに移籍しても持ち味である長打力を活かして活躍できました。

 

しかし、日本にいた時と比較すると、本塁打数も落ちてしまい、自らを「中距離打者」という風に言っていました。

それでも、アメリカでは175本の本塁打を放ち、メジャーリーグの選手相手にも負けないパワーを見せつけていました。

通算500本塁打を放った松井選手のパワーは凄まじいですね。

 

ゴジラと言われただけある破壊力とパワーですので、対戦した投手からしたら本当に恐ろしく感じたことでしょう。

このホームラン数から、いかに松井秀喜さんの凄さがわかりますね。

松井秀喜と大谷翔平を比較してみた!

豪快なホームランを見せつけ、世界でも活躍した松井秀喜さんは、日本人メジャーリーガーとして本塁打の通算記録は歴代トップとなっています。

しかし、シーズン本塁打記録は2位なのです。

 

「え?松井秀喜よりも打っている人いんの?」

こう思った方もいるのではないでしょうか?

 

結論から言うと、いるんです。

と言うより、みなさんご存知で今最も注目されている野球選手でメジャーリーガー・大谷翔平選手です。

松井秀喜さんのシーズン本塁打記録が塗り替えられてから、何かと比較されていますね。

 

記事がよければ『いいね』をお願いします♪