角中勝也が結婚した年上の嫁と子供の存在!千葉ロッテ愛を貫いたFAの件とは?首位打者に二度輝いた功労者!

タマ
追い込まれた状況でもノーステップ打法で高打率を残す打撃は、球界でも高く評価されていたニャー!2012年、2016年と首位打者を二回達成したことで〝千葉ロッテに角中あり〟と言わしめたニャン!

 

 

変態的バットマンこと角中勝也選手は、千葉ロッテマリーンズにとって必要不可欠な存在で間違いありませんね。
だからこそ、角中勝也選手が国内FA権を取得した際は、固唾を呑んでFA権の行方を見守ったファンは少なくなかったと思います。

 

 

タマ
実際、角中勝也選手が国内FA権取得する年には、(角中勝也選手の)獲得に動き出した球団はいくつかあったニャー!それだけ注目を集めていたFA選手の一人だったニャン!

 

しかし、角中勝也選手は国内FA権を行使せず、比較的早い段階で残留の意向を球団に伝えたと朗報が届き、球団やファンにとってとても大きな朗報となったわけです。
きっと、千葉ロッテマリーンズに対する感謝が測れないほど大きいのだと思います。

 

【ロッテ】角中、海外FA権取得「イチローさんくらいの実力があっても行かない」理由とは…

ロッテ・角中勝也外野手が2日、海外FA(フリーエージェント)権を取得した。

 試合前練習後に対応した角中は「(質問されて)今、知りました。興味がない。何とも思わないです」と海外移籍について関心がないとした上で、「イチローさんくらいの実力があってもしないです。英語が苦手なので」と“角中節”で周囲を笑わせていた。

引用元:スポーツ報知

 

さらに翌年、海外FA権取得した角中勝也選手ですが、記者からの質問に「(質問されて)今、知りました。興味がない。何とも思わないです」とバッサリ!

続けて「イチローさんくらいの実力があってもしないです。英語が苦手なので」と話していましたが、やはり、ロッテに対する感謝の想いが一番大きいのではないかと考えられます。

 

ということで、国内FA権と海外FA権を取得した角中勝也選手でしたが、ロッテ愛が大き過ぎて全く関心がなかったことがわかりました。

今後も、FAに関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

首位打者を二度獲得した功労者・角中勝也!

四国アイランドリーグ時代から「絶対にプロに行くと決めていたから苦労とは思わなかった」と話すほど努力家で、夜でも近所の公園でバットを振ってきていたという角中勝也選手。

幼少期から父に鍛えてきてもらった影響も少なからずあるとは思いますが、妥協せず挫折せず実行し続け、どんなになりたくてもなるのが極めて難しいと言われるプロ野球選手になったわけですから、並々ならぬ努力を積み重ねてきたのだと思います。

 

タマ
プロ入りしてからも努力は継続してきたからこそ、2012年と2016年に首位打者のタイトルを獲得したんだニャン!2016年に至っては首位打者と最多安打の2冠達成だニャー!

 

 

ほんの一部とはいえ、角中勝也選手のこれまで辿ってきた道のりを見せてもらうと〝努力は決して裏切らない〟と感じられますね。
現在進行形で努力を続けている方にしか辿り着けない境地というのも存在しているのかもしれません!

 

 

タマ
成功している人、または何かしら結果を残している人に共通して言えることは、全ての人に与えられた平等で有限ある時間を無駄に浪費していないことだと思うニャー!もちろん息抜きに休んだりダラダラ過ごすことも時には凄く大事だが、〝メリハリを持ってオンとオフの切り替えが出来ているか〟というところが鍵になってくると思うニャン!

 

角中勝也選手のように、好きなことが仕事になっている方とかは特に苦労とか考えず、一つのことを誰よりも時間をかけて取り組んでいるわけなので、その道のプロ・専門家として成功できるのだと思います。
それにきっと、好きなことであれば努力しているとは感じていないでしょうし。

 

 

兎にも角にも、首位打者を二度獲得した角中勝也選手は、努力の申し子とも呼べる功労者だと納得しました。
功労者・角中勝也選手の野球人生はまだまだ途中ですので、最後まで見守っていきたいですね!

最後に

二度目の首位打者を獲得した2016年のシーズンオフには、クリスマスプレゼントとしてこの年の打率の3割3分9厘にあやかり、ロッテのアイス339個を贈呈されたことが話題になった角中勝也選手。

相当アイスクリームが好物なのだそうです。

 

 

タマ
打撃に注目しがちだが、守備・走塁にも定評があるほど強肩&俊足なんだニャン!遠投110メートルの強肩から繰り出すロングスローを持ち味とし、走塁面では一塁到達3.97秒を記録する俊足を備えているニャー!

 

 

野球のセオリーを度外視した、角中勝也選手の素晴らしい好走塁&好判断だと思います。
良い当たりだったとはいえ、犠牲フライで2塁ランナーまでホームに突っ込んでくるとは誰も予想できなかったでしょうからね。

 

 

タマ
角中勝也選手がフィールド場にいるときは、片時も油断できないニャン!予想だにしない角中勝也選手のプレーをこれからも楽しみに観戦していきたいニャー!

 

今後も、角中勝也選手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
記事がよければ『いいね』をお願いします♪