美馬学が結婚した嫁のサントス・アンナが超絶美人!子供の存在が気になる!中田翔とは犬猿の仲と噂が!?

美馬学投手は1986年9月19日生まれの37歳(2024/06/24時点)で、茨城県北相馬郡藤代町(現・取手市)出身。

 

茨城県立藤代高校から中央大学、社会人野球の東京ガスを経て、2010年にドラフト2位で東北楽天ゴールデンイーグルスに入団し、国内FA権で2020年から千葉ロッテマリーンズへ移籍。

背番号は〝15〟です。

 

タマ
この記事では、美馬学投手が結婚した嫁のサントス・アンナさんについて。そして、子供の存在のこと。さらに、中田翔選手との険悪な状態の真相についても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

ハーフ女性?!美馬学が結婚した嫁のサントス・アンナさんが超絶美人すぎる!

2019年のオフに楽天ゴールデンイーグルスからFA権を行使し、2020年から千葉ロッテマリーンズで奮闘している美馬学投手。

2020年のロッテでの成績は10勝4敗と、先発投手としての役割を十分に果たしていました。

 

タマ
福岡ソフトバンクホークス打線との相性が非常に良いんだニャー!2020年に挙げた勝ち星の半分はホークスからの勝利数だニャン!

 

 

美馬学投手のペースに引き込まれると、ソフトバンク打線といえど相当苦戦していますね。
ホークスからしたら、美馬学投手との相性は最悪と感じているでしょう!

 

そんな、ホークスキラー・美馬学投手ですが、2014年1月12日に女優でタレントのサントス・アンナさんと結婚していたことがわかりました。(なので、現在は美馬アンナですね)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

美馬アンナ(@mima_79_anna)がシェアした投稿

 

嫁のサントス・アンナさん、めちゃくちゃ美人だと思います。

共通の知人の紹介で知り合い、美馬学投手が一目惚れしたことが交際のキッカケだそうです。

 

タマ
一目惚れしてしまうほどの美しさだニャー!見事ゴールイン(結婚)まで持っていった美馬学投手は本当におめでたいし、何よりも羨ましいニャン!

 

あまりにも美人すぎる嫁のサントス・アンナさんですが、名前から考えたらハーフ、もしくは日本国籍でないのか気になるところですね。
二人の幸せオーラが強烈に伝わってきますが、嫁のサントス・アンナさんはアメリカ国籍の女性だとわかりました。
18歳までは日本国籍とアメリカ国籍を持つ二重国籍でしたが、日本の国籍法により一定の期限までにいずれかの国籍を選択する必要があって、アメリカ国籍を選択したのだそうです。

 

 

タマ
アメリカ国籍とはいえ、日本で生まれ育った嫁のアンナさんは英語があまり喋れないみたいだニャー!ちなみに、嫁のアンナさんは日本人の母と、スペイン系アメリカ人の父の間に生まれ育ったニャン!

 

嫁のアンナさんは、野球に関してあまり詳しくなかったとのことですが(現在はある程度詳しいと思いますが)、食事のサポートで美馬学投手を懸命に支えてくれるとのこと。
美馬学投手も「料理が本当にうまいんです。自分が何かを注文すると、和食から洋食までいろいろな料理を作ってくれる」と話していて、美人で料理上手だったら、間違いなく毎日家に真っ直ぐ帰りますね!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

美馬アンナ(@mima_79_anna)がシェアした投稿

 

こんな栄養満点の料理を自宅で食べられる贅沢、超絶羨ましいです!

美馬学投手の食事に関しては、これからも全くの心配要らずですね。

 

 

嫁・アンナさんや家族の支えがあるからこそ、美馬学投手はより強く〝勝ちたい〟と思えるのでしょうし、目標達成の時の喜びを人一倍感じられるのだと思います。

嫁のサントス・アンナさんの存在は、当然のことながら美馬学投手にとって絶対必要不可欠だと言えるでしょうね!

 

今後も、美馬学投手が結婚した嫁のサントス・アンナさんに関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

美馬学の子供の存在が気になる!

超絶美人でハーフの嫁・美馬アンナさんと結婚した美馬学投手ですが、二人の子供の存在が気になるファンも少なくないのではないでしょうか。

嫁はもちろん、美馬学投手も顔つきが整ってカッコいいですし、何よりもマウンド上で淡々と投げている姿は、何とも言えないオーラすら感じるので、二人の遺伝を引き継いだ子供が男の子だろうと女の子だろうと、きっと良い顔つきに違いないでしょうね!

 

 

タマ
マウンド上で無双している美馬学投手に惚れ惚れするニャー!

 

きっと、嫁のアンナさんの支えが大きく影響しているのでしょうけど、美馬学投手の活躍に一番喜んでいるのも間違いなく嫁のアンナさんだと思います。
夫を支え、夫の活躍を願う夫婦愛はとても美しいですね!

 

楽天・美馬学の妻サントス・アンナが第1子妊娠を報告「新しい命を授かりました」

 プロ野球の楽天・美馬学の妻で、女優のサントス・アンナが2日、自身のインスタグラムを更新し、第1子を妊娠していることを報告した。

 「私事ではございますがこの度新しい命を授かりました。安定期に入り体調もよくなりいつも通りの生活ができるようになりましたのでご報告させていただきます!」と報告した。

引用元:スポーツ報知

 

そして、結婚6年目にして待望の第一子となる男の子が誕生しました。

母子共に無事で何よりも良かったと思います。

 

二人の子供『ミニっち』君(子供の名前がわかり次第追記しますが、嫁のアンナさんのインスタグラム上で呼ばれている名前で書かせて頂きます)は、先天性欠損症により右手首から先がない状態で生まれてきたとのことですが、美馬学投手と嫁のアンナさんの愛情の下スクスク育っているそうです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

美馬アンナ(@mima_79_anna)がシェアした投稿

 

とても可愛いですし、障害を持っているとしても〝できることは沢山ある〟と思います。

大事なことは現在(いま)この瞬間も、ミニッち君が両親からの無償の愛情を毎日受けながら育ち、ありのままの姿で共に時間を過ごすことだと思っていますし、勝手ながら本当に優しい人間に成長してほしい!

 

ロッテ美馬投手の妻アンナさん 先天性欠損症の我が子に気付かされた「これもできる、あれもできる」

先天性欠損症により右手首から先がない1歳の男の子「ミニっち」は、千葉ロッテマリーンズで活躍する美馬学(みま・まなぶ)投手と、女優やタレントとして活動するアンナさん夫婦が授かった大切な宝物です。出産するまで、我が子が障がいを持つとは知らなかったアンナさんは当初、驚き、不安、悲しみ、喜び、さまざまな感情に振り回される日々を過ごしていました。ミニっち誕生から1年経った今でも、もちろん不安になることはあります。

引用元:YAHOO!JAPANニュース

 

当事者の方々にしかわからない不安や苦しみなど、様々な想いがあったかと思いますが、それでも覚悟を決め、そして前を向いて家族とともに歩んでいこうとする姿は、私自身ももっと背筋を伸ばしてしっかりせねばといった気持ちにさせられます。

僭越ながら、微力でもわずかでも心の底から応援したいと思います。

美馬学投手と嫁のアンナさんの間に誕生した子供・ミニっち君が、将来どのような大人へと成長していくのか楽しみに今後も注目していきたいと思います。

そして、ミニっち君の兄弟となる子供がこの先誕生するのかもわかり次第追記していきます。

犬猿の仲!?美馬学と中田翔の関係に迫る!

小柄ながら平均球速約144km/h、最高球速最速153km/hとスピード球を投げ、そして、スライダー、カーブ、フォーク、シュートと多彩な変化球を操る美馬学投手。

速球だけで抑えることよりも、変化球も使うことにピッチャーとしての魅力を感じている」と語っていましたね。

 

タマ
さらに、ツーシームとチェンジアップも操るニャー!多彩な変化球とキレの良いストレートを駆使することで、投球術の引き出しの幅が広がるニャン!

 

 

その一方で、デッドボールを当てることもしばしばあり、与えたデッドボール(死球)は、プロ10年で41個ありました。(2020年シーズン終了までで)
1年に平均したら約4回ほどのデッドボール回数とそんなに多くない気がしますが、できれば投手にとっても打者にとっても選手生命がかかってくるので避けたいでしょう。

 

美馬学投手のデッドボール回数に中に、北海道日本ハムファイターズの主軸選手・中田翔選手への死球も加算されており、この二人はかなり因縁深く仲がよろしくないと噂になるほどです。

2013年にくらったデッドボールで、その時絶好調だった中田翔選手は骨折と診断され、長期離脱を余儀なくされたわけですから、色々美馬学投手には思う所あったと考えられますね。

 

 

この時のデッドボールも、強打者・中田翔選手を抑えるために投じたインコースの球が、攻めすぎた結果下半身に当たるデッドボールとなったわけですが、その直後の二人のやりとりでおそらく中田翔選手の怒りが噴火したのだと思います。

当てた美馬学投手がどちらかといえば謝る立場ではありますが、そこは勝負の世界「舐められたらいけない」と思ってでた態度と言葉がいけなかったのかもしれませんね。

 

 

 

タマ
多分、中田翔選手へのデッドボールのことを語っていたのだと思うけど、とある番組で打者への死球に対して「避けようとすれば避けれる」と話していたニャー!実際そのくらいの気概がないとプロの世界で投手は務まんないんだと思うニャン!

 

犬猿の仲という雰囲気がある二人ですが、美馬学投手と中田翔選手の勝負にはデッドボール以外にも珍しいことが起きるもんなんです。

 

 

めちゃくちゃタイミングをズラす超魔球・チェンジアップとなりましたが、よりにもよって因縁の相手と話題の中田翔選手に投げてしまえるのが美馬学投手の凄いとこなのかもしれません。
結果的に三振となった中田翔選手も、魔球スローボールを投げられたら苦笑いしちゃいますよね。

 

ということで、この先も中田翔選手との対決から目が離せないとわかりましたが、出来ればデッドボールを与えることは避けて欲しいですね。

インコース攻め無しでは打ち取ることが難しいとはいえ、そう願うばかりです。

今後も、中田翔選手に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。
試合外では二人の仲が良いことを想像しときます!

最後に

ゲーム(試合)作りに長けており、マウンド上では淡々とそして、打者に狙い球を絞らせない投球術で手玉に取っている美馬学投手。

ここ近年では特に、自分のペースで投げることができれば無双状態で手も足も出せない投手だなと思います。

 

 

 

タマ
美馬学投手の引き出しの幅広さには脱帽だニャー!技巧派投手の代表格の一人だと思うニャン!

 

今後も、美馬学投手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
『いいね』をお願いします♪
テキストのコピーはできません。