清宮幸太郎の彼女&結婚情報が知りたい!父と弟も凄い!現在の状況や激怒したエピソードがヤバい!

久々の快音だ。日本ハム・清宮幸太郎内野手が20日のDeNA戦(横浜)に「6番・一塁」で先発出場。1点ビハインドで迎えた6回の第3打席に今季2号となる同点ソロを放った。5月30日のロッテ戦以来となる待望の一発を放った清宮だが、その裏ではある“事件”も起こっていた。

横浜の夜空に、怪物が大きな花火を打ち上げた。3―4で迎えた6回、DeNA3番手・三嶋の外角寄りスライダーを右中間へ。12日以来となる久々の先発起用で、首脳陣の期待に応えた。

「狙っていた。自分のスイングでしっかり打てた」と振り返った清宮は、先輩たちからの愛ある“イジり”を人知れずパワーに変えていた。後輩ルーキーの吉田輝がプロ初勝利を飾った12日の広島戦、第1打席で流れた登場曲はいつもの「スター・ウォーズ」ではなく、米津玄師プロデュースの2020年東京五輪応援ソング「パプリカ」だった。

実はこれ、かねて清宮の登場曲について「ダサい」「もっと今っぽい曲の方がいい」と話していた先輩の清水と横尾がイタズラで勝手に登場曲を変更したもので、小学生が歌うかわいらしいコーラスに調子を崩したのか、この打席では空振り三振を喫し、次の打席では代打を送られた。

それだけならほほえましいエピソードなのだが、清宮のまさかの激怒でベンチは一変した。

引用元:exciteニュース

 

この事件について首謀者となった1人である清水優心選手は「もっと今っぽい曲を流してあげたかった。ほんのイタズラ心」と語っています。

登場曲を勝手に変えるというのは、プロ野球ではよくあるイタズラで、仲の良い日本ハムならではの発想でベンチを和まそうとしたようですが、結果的には険悪なムードを作る引き金になってしまいました。

 

打席のルーティーンである登場曲を勝手に変えられ、リズムを崩してしまった清宮幸太郎選手ですが、先輩に対してきちんと自分の感情や意見をぶつけられるのは立派だと思います。

ただ、野球はチームスポーツなのでベンチ外で個人的に伝えるとか、チームのムードに悪影響がないような行動をするべきだったのかもしれませんね。

 

タマ
大人の対応ってとても難しいニャン!

 

ということで、清宮幸太郎選手は登場曲を勝手に変更されたことに激怒したことがわかりました。

イタズラするのも程々にしなければいけませんね。

最後に

アマチュア時代からトッププレイヤーとして名を馳せてきた清宮幸太郎選手ですが、プロ入り後は怪我に苦しみ、思うような活躍が出来ていません。

それでも現在はもがき苦しみ、暗く長いトンネルから抜け出しつつあるのも事実ですね!

 

 

まだまだ清宮幸太郎選手のプロ野球人生はこれからが本番ですから、今後の飛躍と活躍に大いに期待し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

記事がよければ『いいね』をお願いします♪