選手応援ブログ「Hawks Soul(ホークスソウル)

村上宗隆の彼女&結婚情報!天性のホームラン打者と怪物級だった高校時代!兄と弟もヤバすぎる選手と話題!

村上宗隆選手は2000年2月2日生まれの20歳(2020/05/27時点)で、熊本県熊本市出身。

2017年にドラフト1位で東京ヤクルトスワローズに入団し、背番号は『55』です。

 

タマ

この記事では、村上宗隆選手の彼女&結婚情報について。そして、天性のホームラン打者と期待されていることや怪物級だった高校時代。さらに、ヤバすぎると話題の兄と弟についても書いていきますので最後まで読んでほしいニャー!

村上宗隆の彼女&結婚情報が気になる!

東京ヤクルトスワローズの将来の主砲として期待が高い村上宗隆選手。

 

タマ
2019年のシーズンで、2年目のなのにも関わらずホームラン36本も記録したとんでもない打者だニャン!

 

そんな村上宗隆選手ですが、彼女&結婚情報が気になるファンも少なくないと勝手に考えてます。

 

しかし、残念なことに現在のところ彼女&結婚情報一切は確認できませんね。

熊本県で野球一筋の青春を過ごした彼ですが、東京に来てからも野球が恋人といった信念で過ごし、この好成績を生み出しているのではないでしょうか。

 

とはいえ、彼女や嫁の存在があれば更なる活躍が期待できると思います。

ですので、将来は良い伴侶に巡り合い、充実した野球人生を送ってほしいですね!

 

今後も、村上宗隆選手の彼女&結婚情報が入り次第追記していきたいと思います。

天性のホームラン打者と期待されている村上宗隆!

村上宗隆選手は背番号55を背負っています。

プロ野球の55番といえば同じ左の強打者であるゴジラ・松井秀喜さんを連想しますね。

 

タマ
松井秀喜さんは歴代最高の『ホームランアーティスト』と言っても過言ではないニャー!
松井秀喜さんはメジャーリーグでも大いに活躍し、誰もが認める『スーパースター』でしたね。

そんな松井秀喜さんに似ていると言われた村上宗隆選手ですが、プロ入り後『燕のゴジラ』との異名を持つことに。

 

 

 

村上宗隆選手はプロ入り後からホームランを量産すると、2年目には前述の通りリーグ3位となる36本塁打を放ち、新人王に輝きました。

 

ホームランバッターといえば、前述の松井秀喜さんのような豪快に引っ張った打球(左打者の場合、ライト方向への打球)をスタンド上段に叩き込む姿を連想しますよね。

 

しかし、村上宗隆選手の場合、一般的に長打が出にくいとされているセンターから左方向への本塁打が非常に多いのです。

2019年の36本塁打のうち、ライト方向への打球は18本で、センター方向に5本、レフト方向に13本という成績が残っています。

 

その秘密は、投手がタイミングをずらすために投げた緩い球をしっかり呼び込んでセンターから左方向にホームランを打つ打席が何度も見られました。

まさに村上宗隆選手は力だけでなく、技も兼ねそろえた天性のホームラン打者と呼べる所以でしょうね。

 

今後も、村上宗隆選手のホームランに注目していきましょう!

怪物クラスだった村上宗隆の高校時代がヤバい!

九州学院高等学校時代の村上宗隆選手は、高校通算52本塁打を放ち、『肥後のベーブ・ルース』との異名を持ちました。

 

タマ
通称名に野球の神様・ベーブ・ルースが入っているのはとても名誉なことだニャン!

 

『二刀流の先駆者』と言われ、大谷翔平選手もメジャーリーグで絶賛挑戦中ですが、後世に語り継がれるレジェンドですね。

 

そんな異名を持った高校時代の村上宗隆選手は、高校1年生の頃から4番打者を任され、チームを牽引してきましたが、同地区の秀岳館高校に何度も甲子園出場を阻まれる形になってしまいました。

バッティングは同世代で同じ左打ちの強打者である、早稲田実業・清宮幸太郎選手(現・北海道日本ハムファイターズ)や履正社・安田尚憲選手(現・千葉ロッテマリーンズ)と比べられることが多く、注目されていました。

どの名前も高校時代に怪物クラスと言われたビッグネームですが、その中に村上宗隆選手も入っていたことが高校時代もヤバかったことが理解できますね。

高校1年生からすでに、プロ野球選手と遜色ない身体つきをしていたように感じます。

 

ということで、高校時代の村上宗隆選手は怪物クラスに凄かったことがわかりました。

今後の高校野球も、村上宗隆選手のような怪物級の選手が出てくるか楽しみに観戦していきたいと思います。

村上宗隆の兄と弟のことが知りたい!

村上宗隆選手は、3人兄弟の次男坊です。

男3兄弟には憧れがありますね。

 

兄は大学野球の名門・東海大学に進学し、投手として活躍していた村上友幸投手です。

 

 

しかし、1年時に右ひじの故障に泣かされ、公式戦初登板となったのは4年秋と、思うような実力を発揮できませんでした。

プロ野球で華々しい活躍を残す弟と比べられることも精神的に辛かったようです。

 

一時は野球を辞めることも考えたそうですが、2020年からは社会人野球の舞台に進み、新たな一歩を踏み出すようです。

 

タマ
野球を辞める選択せず、社会人野球で奮闘すると決めてくれて良かったニャー!

一方、弟の方は春から高校一年生だそうで、野球をやっているとのこと。

恐らく兄と同じく硬式野球の道に進むのだろうと思いますね。

 

そんな村上宗隆選手の弟ですが、2019年のヤクルトファン感謝祭でステージに出場しています。

 

 

選手のそっくりさんコンテストで熊本から応援にかけつけたようで、大観衆のなか兄・宗隆選手をいじりたおすなど、兄顔負けの大物ぶりを見せてくれました。

 

タマ
中学生とは思えないほど堂々した弟だったニャン!将来が凄く楽しみだニャー!

 

弟の身長も186㎝と、中学生とは思えないようながっしりとした体格でしたね。

是非高校野球で活躍し、兄弟でプロ野球選手として活躍する姿を見てみたい!

 

ということで、村上宗隆選手の兄と弟も野球人として頑張っていることがわかりました。

今後も、村上宗隆選手の兄と弟に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

最後に

2019年シーズンは前述の通り36本塁打96打点を記録して新人王を獲得するなど、大飛躍となった村上宗隆選手。

 

 

一方で、コンバートされたばかりの内野守備や、2割3分1厘という低打率やリーグワーストとなった184三振と、課題も多く抱えています。敵のマークが厳しくなるなか、ヤクルトの中心打者として大いに活躍できるか注目していきましょう!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!