コラスの通訳が濃い!結婚した夫人のこと!サイレントにビックリ!

 

ヴィヴィアナ夫人は、2019年の3月に来日しているみたいで、精神的な支えが近くにいることはコラス選手にとっては凄く心強いでしょうね!

今後、結婚相手のヴィヴィアナ夫人や子供の情報が入り次第、追記していきたいと思います。

オスカー・コラスが『サイレントトリートメント』にびっくり!

ホームランを打った後、チームメートとハイタッチするのが恒例ですが、ここ最近『サイレントトリートメント』といったパフォーマンスがあるんです。

シャンプー後のトリートメントみたいな名称ですよね。

 

『サイレントトリートメント』とは、チームメートがホームランを打ってもハイタッチやリアクションをせず、少し間を空けて喜ぶパフォーマンスです。

 

 

ホームランを打ってベンチに戻っても、誰もハイタッチをしてくれないので、コラス選手が戸惑っているのが凄く伝わりましたね。

急にチームメートから祝福された瞬間、コラス選手がビックリした様子もわかりましたし、ホークスの〝愛されキャラ〟だからこその祝福パフォーマンスでしょう!

 

『サイレントトリートメント』は、コラス選手のような〝愛されキャラ〟や〝ノリが良く盛り上げキャラ〟のような選手にすると、ベンチが盛り上がるし、チームが更に一致団結する気がします。

 

しかし、もう一段階このパフォーマンスには上のレベルがありまして、他球団の選手にはなりますが、それを受けられる唯一無二の選手が、日本ハム・杉谷拳士選手です。

 

 

〝究極の愛されキャラ〟であり〝球界一面白いプロ野球選手〟でもある杉谷拳士選手ですが、『サイレントトリートメント』ならぬ『サイレント・サイレント』と称してますが、杉谷拳士選手の言う通り、これはただの無視だと思うので、正直どうなのかなと思っちゃいますね。

杉谷拳士選手でなければ、実現してはいけないパフォーマンスではありますが、やはり個人的には、ホームラン後のハイタッチが一番見ていて気持ちが良いパフォーマンスでしょう!

 

ということで、コラス選手が『サイレントトリートメント』で、ビックリしたことがわかりました。

今後、コラス選手と杉谷拳士選手がホームラン打った後の、ベンチの様子にも注目していきましょう!

最後に

現在、亡命のため『制限選手』と公示されているコラス選手。

 

制限選手とは?

選手が個人的理由により野球活動を休止する場合、その選手を「他球団でのプレーや移籍を制限し、また1日毎に年俸の300分の1を減額する」制限選手とすることができる。球団が申請し、コミッショナーの審査を経て復帰条件を付記された上で公示され、制限選手名簿に記載される。1998年12月にMLBと「日米間選手契約に関する協定」を締結、その際に協約違反や契約不履行などで処分を受ける選手の規定も日米で統一したことにより導入された制度である。同様の協定は韓国・台湾・中国とも締結しており、これらの野球組織下への所属も同様に不可能となる。

引用元:ウィキペディア

 

また、色々と落ち着いたら福岡ソフトバンクホークスに戻ってきてほしい限りですね。

今後も、オスカー・コラス選手の動向と活躍に注目していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪