国吉佑樹が結婚した美人な嫁と子供の存在!父と母のどちらかがハーフなの?球速がヤバすぎる!

そこで噂されているのが、「国吉佑樹投手って沖縄出身なの?」「もしかしてハーフなの?」などと疑問に思う方が多いみたいです。

ハーフならば、父か母が日本人でない可能性がありますからね。

 

調査してみたところ、国吉佑樹投手の父と母がハーフというわけでなく、祖父がアメリカ人のクウォーターとのことでした。

父と母でなく、まさかのおじいちゃんでしたね!

 

 

タマ
国吉佑樹投手はハーフでなく、ほぼほぼ純潔の日本人だニャン!現在(いま)の時代、国際結婚は普通になっているから、ハーフ&クウォーターという方はまだまだ沢山増えていくと思うニャー!

 

ちなみに国吉佑樹投手は、顔が濃いことからよく沖縄の人とも間違われ、プラス沖縄人に多い苗字なので「沖縄の人ではないのか?」と噂されていたこともあったそうです。

いずれにせよ、顔立ちがはっきりしているので、イケメンってことは変わりないので羨ましい限りですね!

 

ということで今後も、国吉佑樹投手の父と母に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

160km /h超え!?国吉佑樹の球速がヤバすぎる!

国吉佑樹投手といえば、前述でも紹介しましたが球速がヤバすぎるとファンの間では有名ですね!

スリークォーターから放たれる最速161km/hのストレートは中々打てないでしょう。

 

 

 

タマ
ストレートが速いからこそ変化球が活きるニャー!国吉佑樹投手のポテンシャル恐るべしだニャン!

 

横浜DeNAベイスターズでは、主に中継ぎやセットアッパー(8回)、クローザー(抑え)を任され、2019年の4月の公式戦で登板した際、自己最速となる161km /hを記録しております。

あれから時が経ち、当然現在(いま)でもウエートトレーニングで上半身を鍛えたり、食事面に気をつけたりとストイックに過ごしている国吉佑樹投手。

まだまだ伸び代は絶大にあるでしょうね!

 

球団関係者は「不器用でそつなくこなすタイプではないですが、トレーニングや食事など一度決めたことは最後まで貫き通す性格なので、それが161km /hを投げられた要因ではないか」と、国吉佑樹投手を評価しております。

この評価は、国吉佑樹投手の努力の賜物だと思いますね。

 

 

タマ
コツコツと地道な努力を積み重ねができる人こそ、過去の栄光を超えていけると思うニャー!決して満足せず、貪欲に成長を求めれたらもっと凄い球速の域にいけるはずだニャン!

 

今後も、国吉佑樹投手の球速に注目していきましょう!

最後に

フィジカルとポテンシャルが図抜けて高く、球速でもファンを魅了し、対戦チームを圧倒している国吉佑樹投手。

何よりも、先発でも中継ぎでも大事な終盤でも投げられる能力が最も評価されるべきとこだと思います!

 

 

タマ
さらなる成長を遂げた国吉佑樹投手が、横浜DeNAベイスターズのリーグ優勝、そして日本一に大きく貢献して欲しいニャー!マウンドで躍動する国吉佑樹投手に期待したいニャン!

 

 

そして、2021年6月14日に有吉祐樹投手とのトレードで、千葉ロッテマリーンズに移籍することとなった国吉佑樹投手。

 

DeNA国吉とロッテ有吉が交換トレード 「移籍しても自分らしく」と国吉

ロッテ有吉優樹投手(30)とDeNA国吉佑樹投手(29)の交換トレードが成立したことが14日、両球団から発表された。

引用元:日刊スポーツ

 

電撃トレード移籍なだけに環境の変化など色々大変だとは思いますが、国吉佑樹投手の新天地での飛躍に期待したいと思います。

幸いなことに、横浜と千葉で移籍球団が近いので、ファンも応援に球場まで足を運びやすいので良かったですね!

 

今後も、国吉佑樹投手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪