安田尚憲の彼女&結婚情報が知りたい!韓国との関係と父・母・兄・姉が凄い!?履正社高校時代にも注目!

安田尚憲選手は1999年4月15日生まれの25歳(2024/04/20時点)で、大阪府吹田市出身。

履正社高校から2017年にドラフト1位で千葉ロッテマリーンズに入団し、背番号は〝5〟です。

 

タマ
この記事では、安田尚憲選手の彼女&結婚情報について。そして、韓国との関係と父・母・兄・姉のこと。さらに、履正社高校時代についてもピックアップしていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

安田尚憲の彼女&結婚情報が知りたい!

千葉ロッテマリーンズの主軸打者として期待されている安田尚憲選手。

井口資仁監督が非常に期待を寄せている選手の1人ですね。

 

 

タマ

間違いなく安田尚憲選手は、日本を代表する大型スラッガーだと言えるニャー!千賀滉大投手の決め球・おばけフォークを見事にホームランにする打撃センスは凄いニャン!

 

そんな、強打者・安田尚憲選手ですが、彼女&結婚情報に注目してみたいと思います。

いずれ、日本球界を代表するスラッガーへと成長するでしょうから、サポートしてくれる女性の存在というのは必要不可欠でしょうからね。

 

タマ
彼女の存在、そして結婚をどのタイミングでするのか、それにより安田尚憲選手の野球人生は多少なりとも変わってくると思うニャー!欲を言えば、彼女や結婚する女性があげまんだとさらに最高だニャン!

 

安田尚憲選手の彼女&結婚情報を調査してみたところ、現時点では彼女や結婚に関する情報はありませんでした。
結婚はまだだとしても、もしかしたら情報が出ていないだけで、彼女の存在はいるかもしれませんね。

 

ちなみに、好きな女性のタイプは女優・長澤まさみさんだとのこと。
日本を代表する女優さんですし、僕も映画『世界の中心で愛を叫ぶ』からずっと大ファンです。
映画・ドラマ共に何回も観ましたし、とにかく大好きであります!

 

ということで、今後も、安田尚憲選手の彼女&結婚情報に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

安田尚憲と韓国との関係は?

若き大物スラッガー・安田尚憲選手ですが、出身が大阪府吹田市となのに国籍が韓国ではないかと噂されていました。

なんとなく安田尚憲選手の顔の系統が、韓国人の雰囲気を纏っているからでしょうか。

 

タマ
日本人も韓国人も同じアジア人だから、たまに見分けがつかない時もあるニャー!

 

調査してみたところ、安田尚憲選手は韓国国籍でも在日韓国人でもなく、この噂は本当にただの噂でしかないことがわかりました。
おそらく、大阪府に在日韓国人の存在が多いといった噂と、安田という苗字の在日韓国人が多いという理由で噂が広まったのではないかと言われていますね。

 

兎にも角にも、安田尚憲選手は生粋の日本人だとわかりました。

安田尚憲選手と韓国に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

安田尚憲の父・母・兄・姉が凄すぎる!

安田尚憲選手の家族は、全員がアスリートだった経歴があるそうです。

家族構成は、父・母・兄と安田尚憲選手の4人家族でして、スポーツ一家で生まれ育ったんですね!

 

タマ
父は短距離専門の陸上選手、母は学生時代にやり投げ国体出場経験者、兄は社会人野球選手と完全なるアスリート一家だニャー!

 

 

安田尚憲選手の父・安田功(やすだいさお)さんは、大阪薫英女学院(おおさかくんえいじょがくいん)で監督を務めており、2014年と2016年に全国駅伝大会で優勝へと導いています。

短距離ランナー時代は大きな活躍はできませんでしたが、指導者としてはとてつもない苦労はしたでしょうけど結果を残していますね。

 

安田尚憲選手の母・安田多香子さんは高校時代にやり投げで近畿高校総体優勝、国体出場の経験を持つアスリートでした。

結婚して子供が生まれてからは「趣味は子育て」というほど育児に専念し、安田尚憲選手のサポートも献身的にしてきた母の存在は非常に大きな支えとなったでしょうね。

やはり母は偉大です!

 

姉の裕佳子さんは、小学校時代に競泳でジュニアオリンピックに出場した経歴があります。

弟・安田尚憲選手とは9歳離れている姉ですから、きっと凄く可愛がられていたのではないかと思います。

姉の裕佳子さんは現在、競泳競技はしていないのかもしれませんね。

 

そして、12歳年が離れた兄・安田亮太はPL学園高校から明治大学を経て、現在は社会人野球の三菱重工名古屋で捕手を務めています。

 

 

PL学園時代は、1学年下の前田健太投手とバッテリーを組み、甲子園に出場を果たしています。

兄・亮太さんは、青春時代は野球一色と言わんばかりの経歴ですね。

 

安田尚憲選手は、兄・亮太さんの影響をバリバリに受けて野球を始め、オフシーズンになると共に自主トレ行うなど、スランプになれば現在(いま)でも兄・亮太さんに相談するのだそうです。

 

 

タマ
安田尚憲選手は兄・安田亮太さんのことを、師匠として現在(いま)でも慕っているニャー!素晴らしい兄弟(師弟)関係だニャン!

 

お互い良い刺激を与え合って切磋琢磨し、高め合いながら兄弟ともに成長していってほしいですね。
兄・安田亮太さんにも注目していきましょう!

ということで、安田尚憲選手の家族はまさにアスリート一家だとわかりましたね。

今後も、父・母・兄・姉に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

安田尚憲の履正社高校時代がヤバすぎた!

前述でも書きましたが、安田尚憲選手は兄・亮太さんの影響をモロに受け、6歳の時に野球を始め、小学6年生の時は阪神タイガースジュニアにも選出されました。

安田尚憲選手が野球を始めた頃は、たしか兄・亮太さんはPL学園高校3年生の時だったと思います。

 

タマ
幼少期の頃から兄・亮太さんは、安田尚憲選手にとってずっと憧れのお兄さんなんだニャー!兄からしても弟の存在は凄く可愛かったと思うニャン!

 

中学時代は、元阪神の赤星憲広さんがオーナーを務める『レッドスターベースボールクラブ』で初めて硬式球に触れ、その頃から大阪府吹田市内の自宅で素振りをするようになった安田尚憲選手。
きっと、憧れの兄に少しでも近づくためにも、できる限りの努力をこの頃から積み重ねてこれたのでしょう。

 

中学卒業後、『履正社高等学校』に入学した安田尚憲選手は、高校1年の秋からレギュラーを勝ち取り、〝5番・サード(3塁手)〟として活躍していました。

 

 

タマ
超強豪校の履正社高校で、高校1年から主軸を打つこと自体大抜擢なのに、安田尚憲選手はさらに結果を残していたからとんでもない高校生現るって感じだったニャー!

 

春の選抜1回、夏の甲子園にも1回出場しており、高校通算本塁打はなんと65本を記録しています。

 

 

〝東の清宮・西の安田〟と称されるほど、清宮幸太郎選手と同じくらい注目を集め、ドラフト1位候補筆頭の選手にまで成長していましたね。
レフト方向の打球の力強さは、レジェンド・松井秀喜さんを彷彿させるほどで、この頃ですでにプロで通用するレベルとまで称賛されていました。

 

 

タマ
高校時代から木製バットでの練習を積み重ね、この時からすでに上のレベルを想定してみたいだニャー!ただ練習をするのではなく、ハッキリとしたビジョン(目標)を設定して猛練習を重ねていた高校時代の安田尚憲選手は、なるべくしてプロになった選手だと納得だニャン!

 

ということで、西の怪物・安田尚憲選手の高校時代は、規格外のポテンシャル、そして、先を見据えた練習法と努力ができる高校生だったことがわかりました。
おじさんの私は、只々感心してしまいますね。
この時(履正社高校時代)も、きっと兄・亮太さんの存在が大きかったでしょうし、成長していく弟を目の当たりにしていくうち、兄・亮太さんも良い刺激を貰い、己の野球人生に対して更に奮闘できたのではないでしょうか。

最後に

まだまだ発展途上の真っ最中で、無限大の可能性を秘めている安田尚憲選手。

打者としての佇まいは既に強打者感のオーラが半端ないですし、当然甘いコースや失投を投げてしまうと一発がありますから、油断大敵のバッターですね。

 

タマ
井口資仁監督の中では、安田尚憲選手・藤原恭大選手の2人がチームを牽引して欲しいと考えているはずだニャー!ドラフト1位コンビがロッテをリーグ優勝、そして日本一へと導いてくれることを期待したいニャン!

 

 

いずれは、目標としている松井秀喜さんのような打者へ成長できるよう微力ながら応援していきたいと思います。
今後も、安田尚憲選手の活躍と動向に注目していきましょう!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
『いいね』をお願いします♪
テキストのコピーはできません。