選手応援ブログ「Hawks Soul(ホークスソウル)

万波中正の彼女&結婚情報が知りたい!ハーフの真相とエースとして活躍した中学時代!高校時代と現在の状況が気になる!

万波中正選手は2000年4月7日生まれの20歳(2020/07/08時点)で、東京都練馬区出身。

2018年にドラフト4位で北海道日本ハムファイターズに入団し、背番号は『66』です。

 

タマ
この記事では、万波中正選手の彼女&結婚情報について。そして、ハーフの真相とエースとして活躍した中学時代のこと。さらに、高校時代と現在の状況についても書いていきますので最後まで読んでほしいニャー!

万波中正の彼女&結婚情報が知りたい!

50メートル走が6.2秒と超俊足の万波中正選手ですが、彼女や結婚に関する情報が気になっているファンも少なくないでしょう。

やはり将来有望な選手ですから、未来のパートナーとなる彼女の存在が知りたいですよね。

 

タマ
万波中正選手は野球の実力や身体能力だけでなく、明るい性格で周囲に元気を与える素晴らしい人格者だそうニャー!

 

万波中正選手の彼女や結婚に関する情報ですが、現時点では全く公表されていませんでした。

おそらく現状は、彼女よりも野球に集中したいと考えているのでしょうね。

 

やんちゃで明るい性格だそうなので、万波中正選手の魅力に周囲の女性も惹かれることまちがいないでしょう。

あと数年したら彼女や結婚報道が浮上してくるかもしれません!

 

万波中正選手はアスリート一家の選手ですから、子供を作れば未来のアスリート界を担う選手になると思います。

プロ野球選手やスポーツ選手全般は、彼女や結婚が支えになって大いに成長することが大半なので、1日でも早く嬉しいニュースが届いてほしいものですね。

 

今後も、万波中正選手の彼女や結婚に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

万波中正のハーフの真相!

遠投110メートルを投げる万波中正選手ですが、ハーフとの話題があがっていますね。

日本人離れした身体能力と見た目から浮上したのかもしれません。

 

調査のところ、万波中正選手は黒人と日本人のハーフだとわかりました。

コンゴ出身の父・ウィリーさんと、日本人の母・有里子さんとの間に生まれたのが、コンゴ人と日本人のハーフ・万波中正選手です。

 

2歳上の姉・アイシャさんもハーフで、中学時代には万波中正選手と同じ砲丸投げの選手として活躍しました。

 

タマ
姉のアイシャさんは青山学院大学に進学後は『万波アイシャ』として、ハーフのモデル活動もしていたニャー!万波中正選手のような細身のモデル体型だニャン!

 

姉の万波アイシャさん、とても美人ですね!

と同時に、身体能力が高い雰囲気も伝わってきます。

 

ということで万波中正選手は、コンゴ出身の父と日本人の母の間に生まれたハーフだと知ることができました。

今後は、万波中正選手の家族に関する情報も入り次第追記していきたいと思います。

エースとして活躍した万波中正の中学時代!

小学2年生で投手として『ブルーフェニックス』で野球を始めた万波中正選手は、中学進学後、学校の陸上競技部とボーイズリーグの『東練馬シニア』に所属します。

いわゆる『二足の草鞋を履く』ということですね!

 

『東練馬シニア』といえば、杉谷拳士選手も所属していた練馬区の硬式野球のシニアチームで、このチームからは全国の名門高校に多数の有望選手を輩出している実績があります。

 

タマ
もちろん万波中正選手も有望な選手の一人だニャー!

 

『二足の草鞋(ワラジ)』だった陸上競技でも活躍し、中学3年時の都大会では並外れた身体能力を武器に砲丸投げで優勝を果たした万波中正選手。

陸上競技部でもエースとして活躍していたことが圧巻すぎる身体能力ですね!

 

 

長打力が最大の長所である万波中正選手は、中学時代には身長が188㎝あり、ピッチャーとして最速138㎞/hを記録し、バットスイングも154km/hとプロ顔負けの身体能力を誇っていました。

 

中学時代ですでに中田翔選手のバットスイングを上回っていたわけですから、とんでもない中学生です。

あまりにも規格外すぎて、万波中正選手が『スーパー中学生』と呼ばれていたことに納得できますね!

万波中正の高校時代も凄かった!

中学時代、外野手兼投手のエースピッチャーとして活躍し、神奈川県の名門・横浜高校に進学した万波中正選手。

入学直後からベンチ入りを果たし、わずか1ヶ月半の間でホームランを2本も放ったそうです。

 

タマ
『スーパー1年生』の異名を取るほどの活躍で脚光を浴びていたニャー!

 

『スーパー1年生』の前評判通り、高校1年秋からチームの4番に座ることに!

投手も兼任していた高校時代の万波中正投手は『投打の二刀流』として期待されていましたね。

 

 

高校時代の全てが決して順風満帆とはいかなかったものの、驚異的なポテンシャルが注目され、中学時代に続き高校時代もしっかり結果を残した万波中正選手は、横浜高校の主力選手として日本ハムのスカウトはその素材を高く評価し、2018年ドラフトで4位で晴れてプロの世界へと足を踏み入れることに。

これだけの逸材が、これからどんな成長を魅せてくれるのか非常に楽しみでなりませんね!

 

ということで、高校時代の万波中正選手も規格外に凄かったことが理解できました。

万波中正の現在の状況が気になる!

中学・高校時代を『規格外の選手』として脚光を浴びてきた万波中正選手ですが、日本ハムに入団してからの現在の状況が気になりますね。

日本ハムは選手育成が12球団トップクラスに長けていると言われているので、どれだけ成長しているのか楽しみです。

 

タマ
万波中正選手の同期・吉田輝星投手と柿木蓮投手、野村佑希選手も含めて、未来の主力選手たちの成長が日本ハムを強くするニャー!

 

万波中正選手の同期には同年代のスター選手が多く、すぐにプロの世界で戦えるレベルに到達していなくとも、数年後に必ず主力として活躍する選手ばかりでしょうね。

甲子園を沸かせた同年代のスター選手たちに期待しましょう!

 

さて、現在の万波中正選手は絶賛1軍に這い上がるため、2軍で実績を積み上げているところでしょうね。

もちろん日々の練習も怠っていません!

 

タマ
ポテンシャルモンスターの万波中正選手だから、現在は怪我しない強靭的な身体を作り上げているニャー!

 

年間140試合以上をこなすペナントレースで戦い抜くには、やはり『怪我をしない身体』というのが重要な鍵となってきます。
どんなに能力が高い選手でも、怪我をしてしまうと結果を残せませんからね。

 

高校を卒業してプロの世界に足を踏み入れた万波中正選手は、いくら『規格外の高卒ルーキー』という肩書きがあろうと、プロの世界は甘くありません。

 

 

怪我をしにくい強靭な肉体を手に入れ、野手の同期・野村佑希選手や地元の先輩・杉谷拳士選手と共に、切磋琢磨してもらいたいですね!

大いに期待しましょう!

最後に

将来、日本ハムの主砲として期待のかかる万波中正選手は、同期でライバル・野村佑希選手と共に絶賛奮闘中ですね!

お互いポテンシャルの高さは規格外ですから、今後の伸び代を凄く楽しみにしているファンも多いことでしょう。

 

 

若手も多く、ライバル選手が非常に多いですが、是が非でも1軍でのレギュラーを勝ち取ってもらいましょう!

今後も、万波中正選手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!