選手応援ブログ「Hawks Soul(ホークスソウル)

吉田輝星が第2の斎藤佑樹と言われている真相!彼女&結婚情報が気になる!イケメンで可愛い弟と伝説の高校時代も調査!

吉田輝星投手は2001年1月12日生まれの19歳(2020/06/04時点)で、秋田県潟上(かたがみ)市出身。

2018年にドラフト1位で日本ハムファイターズに入団し、背番号は『18』です。

 

タマ
この記事では、吉田輝星投手が第2の斎藤佑樹投手と言われている真相について。そして、彼女&結婚情報のこと。さらに、イケメンで可愛い弟と伝説の高校時代についても書いていきますので、最後まで読んでほしいニャー!

吉田輝星が第2の斎藤佑樹と言われている真相!

プロ入り1年目からいきなり一軍で初勝利をあげた吉田輝星投手ですが、その後のシーズンはプロの打者のレベルに苦しむことになり、1年目の成績は1勝3敗(防御率12.27)となります。

初登板で初勝利の快挙は「凄いっ!」の一言でしょう!

 

 

初勝利を挙げたピッチングは流石ドラフト1位ルーキーと言わしめる実力でも、プロ野球界はそんなに甘くないですね。

 

吉田輝星投手は、後のインタビューで「アウトコース低めに投げ込めば大体抑えられた」「コースが多少甘くいっても力で封じ込めることができた」としながらも、「プロの打者は自分が納得できる球を投げても簡単にヒットされる。強弱をつけるなど打ち取るための工夫をしないといけない」と打たれたことも前向きに捉え、明日への糧にしようとしています。

インタビューの受け答えの様子を見ても、投手にとって重要な相手打者に向かっていく気持ちの強さをヒシヒシと感じます。

 

タマ
反省と経験を繰り返して、一歩ずつ成長していくニャー!

 

まだ体が出来上がっていない1年目から、プロ初勝利の『成功体験』と自慢の速球を打ち込まれた『失敗体験』を経験できたのは、吉田輝星投手にとって大きな財産となるでしょう。

 

吉田輝星投手が背負う日本ハムの背番号『18』は、アマチュア野球界のスーパースターだった斎藤佑樹投手がかつてつけていた背番号です。

12歳年上の斎藤佑樹投手は、吉田輝星投手のように高校から直接プロ入りはせずに六大学野球の早稲田大学に進み、大学野球の世界でも頂点を極めました。

 

 

この時の斎藤佑樹投手は『完全無双状態』だったと思うほど凄かったですね。

 

そんな4球団がドラフト1位で競合した斎藤佑樹投手とは対照的に、吉田輝星投手は根尾昂選手(中日ドラゴンズ)の抽選をクジで外した日本ハムが、再入札で指名した『ハズレ1位』での獲得となりました。

この年のドラフトは、スカウト注目選手が非常に多かったからということもありますが。

 

『甲子園のスター』『日本ハムのドラフト1位』『背番号18』という共通点があり、一部メディアから吉田輝星投手は、第2の斎藤佑樹と言われているとか。

 

タマ
第2の斎藤佑樹投手と言われているのは、それだけ吉田輝星投手が注目されているということだニャー!

 

しかし、吉田輝星が目指す姿は斎藤佑樹投手ではなく、他のチームメイトの先輩になるようです。

目標とする先輩がいるのは大事ですからね!

 

その先輩とは、2011年ドラフト6位で日本ハムに入団し、高卒の下位指名ながらチームの1軍ローテ定着に上り詰めた上沢直之投手です。

 

 

2018年には11勝をあげた上沢直之投手の武器は、140㎞/hを超えるフォークボール(高速フォーク、スプリットフィンガーファストボール)です。

それに加えて投球フォームも独特なので、打者はタイミングが取りづらいと思います。

 

上沢直之投手の目標とする吉田輝星投手は、持ち前の速球を活かすために変化球をどう見せるかを考え『大きく緩いフォークボール』と『小さく速いフォークボール』どちらが自分の投球に合っているかという命題にいきついたそうです。

変化球を投げる投手であれば、誰もが頭を悩ます二択でしょうね。

 

悩んだ吉田輝星投手は、球界を代表する『高速フォーク』を操る上沢直之投手に教えを乞い、自身の武器とするべく高速フォークを磨き上げています。

 

タマ
吉田輝星投手が高速フォークを身につけたら、自慢の直球が更なる脅威となるはずニャー!

 

アマチュア時代のキャリアから、斎藤佑樹投手と何かと比較されがちな吉田輝星投手ですが、プロの投手として生き残る道は様々です。

2020年の1軍春季キャンプでは斎藤佑樹投手と歓談する様子も見られ、色々な先輩から色々なものを吸収していき、日本を背負う大エースに成長してほしいですね。

吉田輝星の彼女&結婚情報が気になる!

日々野球に打ち込む吉田輝星投手ですが、彼女&結婚情報が気になるファンも少なくないでしょう。

吉田輝星投手は間違いなくイケメンの部類に入りますからね。

 

彼女&結婚情報を調べてみましたが、結婚どころか彼女に関する情報も見当たりませんでした。

吉田輝星投手の両親曰く「家では野球部の練習で疲れ、ゴロゴロしてることが多かった」ということで、あまり彼女を作ることに対しての関心はなかったのかもしれません。

 

タマ
彼女を作るよりも、野球の練習が最優先だったのかもしれないニャー!

 

しかし、日本ハムをはじめとするプロ野球選手の多くは、周りにばれないように恋愛をするものです。

今はまだ体力を作っている段階の吉田輝星投手ですが、もしかすると思わぬ場面で、彼女に関する情報や結婚を発表したりとするかもしれませんね。

 

今後も、吉田輝星投手の彼女や結婚に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

イケメンで可愛い弟がいる吉田輝星!

未来の大エースとして期待されている吉田輝星投手には、7歳年下のイケメンで可愛い弟の存在がいます。

吉田輝星投手にそっくりですね!

 

弟は吉田大輝くんという名前で、2019年夏に秋田県の少年野球の大会(小学生の大会)に投手として登板し、多くの話題を集めました。

あどけない顔立ちの弟・大輝くんですが、兄と同じ右投の投手で、兄を超える投手を目指し野球を続けることを明言しています。

 

タマ
吉田輝星投手の弟だから、凄いポテンシャルを持ってそうだニャー!

 

吉田輝星投手も中学時代には軟式野球の世界でプレイしていたということですから、弟・吉田大輝くんの野球人生にも注目していきましょう。

今後も、吉田輝星投手の弟・大輝くんの情報が入り次第追記していきたいと思います。

吉田輝星の高校時代が伝説すぎて身震いする!

秋田県にある金足農業高校出身の吉田輝星投手。

通称・金農(かなのう)で有名な高校ですね!

 

吉田輝星投手が高校3年の時に出場した夏の甲子園大会(2018年)は、ちょうど100回目の記念大会で、例年以上に高校野球ファンを賑わせました。

 

タマ
100回記念大会グッズが沢山あったニャー!タマもグッズをゲットしたニャン!

 

吉田輝星投手自身、最速150㎞/hを超える速球を持つ剛腕投手として大会前から大いに注目されていました。

 

 

並みの高校生では打てない球質ですね。

 

吉田輝星投手擁する金足農業は、1回戦から鹿児島実業高校(鹿児島)、大垣日大(岐阜)、横浜(神奈川)、近江(岐阜)、日大三(西東京)と全国でも有数の名門校を次々破っていき、ついに世代最強の大阪桐蔭高校と激突します。

 

 

タマ
夏の甲子園総三振数は62奪三振だニャー!身震いがするほどの快挙だニャン!

 

残念ながら、決勝戦で大阪桐蔭高校の強力打線に打ち込まれ、準優勝という結果になってしまいましたが、吉田輝星投手が世間に与えたインパクトは、優勝した大阪桐蔭高校以上だった気がします。

甲子園決勝戦の5回終了時まで、一人でマウンドを守り続けましたから、その勇姿がとても感動的でしたね。

 

ちなみにもう一つインパクトが強かった出来事が、準決勝までの険しい道のりで、勝利したあとの校歌を全力で歌い上げる姿もとても印象的でした。

 

 

タマ
これぞ高校球児」と言える素晴らしい全力の校歌斉唱だにゃー!金足農業だけでなく、秋田県全体で喜び、そして大いに盛り上がっていたニャン!

 

雪国である秋田県の公立高校で、部員全員が秋田県出身というチームが全国の強豪高校を打ち倒していく姿は『金農旋風』として、夏の甲子園100回記念大会の1番の話題となりました。

 

ということで、高校時代の吉田輝星投手は、甲子園で身震いがするほどの大活躍で最注目されていたことがわかりました。

今後も、吉田輝星投手の高校生球児が現れることを楽しみに、高校野球にも注目していきたいと思います。

最後に

吉田輝星投手は座右の銘として『不屈の華』の字をグラブに刺繍しました。

これは、金足農業高校時代の『雑草軍団』として、壊れるまで練習してきた気持ちを忘れないようにしたいという思いを表しているそうです。

 

タマ
『雑草魂』は凄く大事なマインドだけども、極力怪我をせず努力を続けてもらいたいニャー!

 

大事にしたいポリシー「ストレートで強気のピッチングをする、疲れていても打者を抑える気持ちを持つ」を実践するためこの言葉を掲げたそうです。

気持ちが投球を上回ることもありますからね!

 

 

近い将来、日本ハムのエースとして活躍してもらう為にも、吉田輝星投手の成長を暖かく見守っていきましょう!

今後も、吉田輝星投手に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!