北山亘基の彼女&結婚、嫁と子供は?涙のリベンジ劇!?なぜ教授?!

123

北山亘基選手は1999年4月10日生まれの23歳(2022/12/08時点)で、京都府桑田郡京北町(現・京都市右京区)出身。

京都成章高校から京都産業大学を経て、2021年にドラフト8位で北海道日本ハムファイターズに入団し、背番号は「57」です。

 

タマ
この記事では、北山亘基選手の彼女&結婚、嫁と子供について。そして、涙の理由のこと。さらに、なぜ教授と呼ばれるのかについても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

北山亘基の彼女&結婚、嫁と子供は?

最速156km/hのストレートに加え、カーブ・スライダー・カットボール・スプリット・ツーシーム・チェンジアップなど多球種を投げ分ける北山亘基選手。

特にストレートのキレはエゲツなく、カウントは勿論のこと決め球にもなるので、北山亘基選手が一番自信持って投げ込んでいると思います。

 

 

タマ
新庄剛志ビッグボスから「(ストレートの)初速と終速の球速差が少ない」と太鼓判を押され、2022年の開幕投手に大抜擢されたニャー!大卒新人ルーキーでは球団初の快挙だニャン!

 

 

イッヌ
「F-PARK」の取材で、新庄剛志ビッグボスからダイレクトメッセージで開幕投手を告げられたと話していたワン!普通は面と向かって「開幕(投手)頼んだぞ!」的な感じで告げられると思うけど、そこは新庄剛志ビッグボスだから伝え方も一味違うワン!

 

そんな北山亘基選手ですが、彼女&結婚情報が気になるファンも少なくないでしょう!
結論から言うと、北山亘基選手は結婚どころか彼女もいない感じがします。
もしかしたら情報が出ていないだけで、大学時代から交際している彼女の存在がいるかもしれませんが、現時点ではハッキリとはわかりませんでした。

 

タマ
現在(いま)は彼女や結婚どころか、野球で頭がいっぱいのはずだニャー!高校・大学時代も野球漬けの日々を過ごしていたそうだから、将来の嫁さんや子供というのはまだ先かもしれないニャン!
イッヌ
余計なお世話ついでに、将来結婚する嫁さんは食事面で最高のサポートしてくれる方だ良いワン!野球に全集中できる家庭で、オフの日に嫁さんと子供と幸せな時間を過ごすといった結婚をして欲しいワン!

 

今後も、北山亘基選手の彼女&結婚、嫁と子供に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

北山亘基の涙の理由に迫る!

京都成章高校のエースとして活躍し、高校3年には夏の甲子園出場も果たした北山亘基選手は、プロ野球志望届を出すも指名漏れを経験します。

プロ野球選手の夢を諦めない北山亘基選手は、大学時代の4年間で実績と努力を必死に積み上げ、2021年のドラフト会議で見事に8位指名を受け、それも12球団全体では77人中76番目の指名だったんです。

 

 

タマ
もしかしたら指名漏れの可能性も十分にあった中、夢だったプロ野球選手になれて本当に良かったニャー!指名後の会見で堪え切れず涙を流したけど、それはそれだけ努力をした証拠だニャン!
イッヌ
この時の北山亘基選手の涙は本当に美しいワン!後ろから2番目に指名された選手が4ヶ月後に開幕投手を務める訳だから、人生って何が起こるかわからないワン!

 

プロ野球選手としてのキャリアがスタートした北山亘基選手ですが、開幕投手を務めるなど、1軍で順風満帆に活躍していました。
が、やはりプロ野球界はそんなに甘い世界でなく、クローザー(抑え投手)に抜擢された北山亘基選手は、ヤクルト戦で2試合連続でサヨナラホームランを打たれてしまい、敗戦を喫してしまいました。
本当に、本当に悔しかったでしょうね。
ですが、新庄剛志ビッグボスは次の試合でも、北山亘基選手を信じて最終回のマウンドに送ります。

 

 

タマ
新庄剛志ビッグボスから「全球ストレートでいけ!」とアドバイスされ、その言葉通りに北山亘基選手の魂のストレートで最終回のヤクルトの猛攻をねじ伏せたニャー!北山亘基選手にとっては成長に必要不可欠な経験だったはずだニャン!
イッヌ
試合終了後、思わず涙が溢れてしまった北山亘基選手を新庄剛志ビッグボスが自身のインスタグラムに投稿していたワン!変わらず信じてくれた新庄剛志ビッグボスの期待に応えた北山亘基選手は凄いし、リベンジ登板を果たせて本当に良かったワン!

 

【日本ハム】新庄ビッグボス“3度目の正直”北山亘基を労う 男泣き姿公開に「もらい泣き」「感動しました」

 日本ハムの新庄ビッグボスが26日、自身のインスタグラムを更新し、2戦連続サヨナラ弾を浴びていた抑えの北山亘基を労った。

 北山は24、25日のヤクルト戦で2夜連続サヨナラ被弾。この日は3点リードの延長10回に登板。2死一、三塁の場面では、前夜に逆転サヨナラ3ランを浴びた山崎を一発同点の場面で迎えたが、真っすぐで押し切り中飛に抑えた。“3度目の正直”でチームの交流戦初勝利を決めた。

引用元:スポーツ報知

『いいね』をお願いします♪